Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

[ English Section ]

 

Spick And Span  ブートレグ『Live In Bern』でおなじみの1968年3月のスイス公演音源のCD化。フォーシーズンズのカバーなどもやっている若き5人組時代の溌剌とした演奏が聴けます。音はいまひとつですが、貴重な時代の証言としてファン必携!

12月5日発売のテイク・ザットオデッセイ~グレイテスト・ヒッツ』にはバリー・ギブが共演した「愛はきらめきの中に」のニュー・バージョンが!

Mrs Gillespies Refrigerator 60年代のBBCライブを中心に、ストックホルム音源も収録されています。

11月21日新版発売 活動50周年を記念して2009年に発売された“究極の”2枚組ベスト盤 アルティメイト・ベスト・オブ・ビー・ジーズ』ー新対訳・解説付。

7月6日発売『 Soundstage 1975』 1975年にアメリカで出演したテレビ番組音源のCD化。
7月13日発売RARITIES 1960-1968』初期のテレビ出演等の音源のCD化。
ブルーレイ・ディスク付きの限定盤(UICY-78822)『サタデー・ナイト・フィーバー40周年記念盤-オリジナル・ムービー・サウンドトラック-(Blu-ray Disc付)
通常盤サウンドトラックCD(UICY-15743)
『サタデー・ナイト・フィーバー - オリジナル・ムービー・サウンドトラック

ザ・ベリー・ベスト・オブ・アンディ・ギブ』アンディのキャリアを俯瞰する最新ベスト・コレクション。

円熟期のビー・ジーズの1989年の名ライヴがレストア版・リマスター音源で再登場!One for All Tour Live in Australia 1989 [Blu-ray] [輸入版]
『サタデー・ナイト・フィーバー』40周年記念デラックス・ボックス・セットついに登場 [CD2枚+LP2枚+BLURAY BOX] スペシャル・ブックレット等が付いています)

Please Don't Turn Out The Lights  - Bee Gees第二世代のアーティストたちによるトリビュート・プロジェクトGibb Collectiveによる秀逸なカバー・アルバムです

タイムレス: オール・タイム・グレイテスト・ヒッツ

『ザ・ビージーズ・アンソロジー 1963 -1966』 - オーストラリア時代の代表曲27曲をチョイス。リマスター、歌詞・解説付。

The Turning Tide』ー バリーがプロデュースしたPP・アーノルドの幻の名盤がついに登場! 

“逆の立場だったら弟たちに歌い続けてほしかったと思う。弟たちが僕に言う、「生きろ」と。「もう一緒にはいないけれど、何があっても生きろ、歌い続けろ。ある意味で今でも僕たちは一緒だ」と。僕は何か不思議な理由で、まだ生かされている。だから僕は生きる、歌い続ける” 
“僕が歌うとき、いつもそこには弟たちがいる”(バリー・ギブ、2016年)

悲しみに磨き抜かれた玉のような美しい歌の世界。バリー・ギブが私たちに言う、「生きろ。僕も生きる」と。

Timeless: The All-Time Greatest Hits  
イン・ザ・ナウ
 バリー・ギブのソロアルバム 《日本盤のみBlu-spec CD2仕様》 発売中
In the Now [12インチ・アナログ盤] 輸入盤
In The Now - Deluxe (大震災後に日本に捧げられた幻の曲「Grey Ghost」を含む15曲入りのデラックス版
In The Now (「人生という旅」を歌って、生きる意味を問うバリー・ギブ渾身のニュー・ソロ・アルバム)
メイキング・オブ・『イン・ザ・ナウ』(日本語字幕入り)

 
『イン・ザ・ナウ』発表記念バリー・ギブ、ファンとのQ&A(2016年8月)【日本語字幕入り】
“マイクに向かって立つと今でも弟たちの息遣いを感じます”

発売中 『Storytellers 1996
 (1996年11月にイギリスで初放送されたテレビショーのCD版が再登場)
発売中 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド オリジナル・サウンドトラック(紙ジャケット仕様)
発売中
 救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション
 (日本盤のみに歌詞カード付属―対訳付き

 

Saved By the Bell: Collected Works of Robin Gibb  (未発表の音源、レアな音源を網羅した1969-70年のロビン・ギブのソロ時代の集大成ともいえる3枚組ボックスセット ‐ あの黄金の声を再び!)<輸入盤>
発売中 ロビン・ギブのラスト・ソロアルバムフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ (日本盤だけのボーナストラック付き)
同上 米盤 50 St Catherine Drive  
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

このサイトはビージーズ・ファン(ファン歴合計〇百年)が力を合わせて運営しています。

Thanks: ソニー・ミュージック ジャパン Sony Music (Japan)
Thanks: ユニバーサル ミュージック ジャパン (Universal Music Japan)

Special thanks: Barry & Robin Gibb

 

 

聖地を救おうキャンペーン【続報】

Eメール 印刷

BBCの記事より

a=

BBC.comが昨日お伝えした「ビー・ジーズ発祥の地を救おう」を報じました(オンライン版2019年11月6日付け「ビー・ジーズが初めて歌ったマンチェスターの建物を救うための戦い」)。

この記事が大いなる追い風になったのか、昨日(日本時間11月6日)の記事の段階で目標の25万ポンド(約3500万円)の半分にも達していなかったクラウドファンディングが一晩でどーんと伸びて、あと目標達成まで数十万円のところまで来ています。

…と書いているうちにもどんどん伸びて、無事に第一目標の金額25万ポンドが達成されました。ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。

キャンペーン元からはかげで世界規模のキャンペーンが可能になりました。日本からの応援、とっても嬉しかったです」というメッセージが届いております。ビー・ジーズのレガシーのために何かできる機会が与えられたというのは嬉しいことでもありますね!

more ...
 

【緊急】ビー・ジーズ発祥の地保存キャンペーンに協力を!

Eメール 印刷

【ビー・ジーズ発祥の地】ゴーモン劇場(1958年当時)

a=

ビー・ジーズ発祥の地を救おう!

幼かったギブ兄弟が初めて人前で歌った場所として知られる故郷マンチェスターのゴーモン劇場が再開発で消えようとしています!

右の写真は1958年に撮影されたものだということですが、実はこの写真で舗道にいる3人の男の子がビー・ジーズ兄弟ではないかという話もあるそうなのです。

左端にいるのが女性(お母さんのバーバラさん?)に手を惹かれたバリー少年、男性(お父さんのヒューさん?)に手を引かれて道を渡っているのがモーリスとロビンではないか、と言われているそうです。なんとなく、なのですが、お父さんの向かって左で手を引かれているのがロビン、そのふたりの向かって右を軽やかにひとり走っているのがモーリス……という感じに見えますね!

拡大されたイラスト(彩色版)を以下に掲げます。この絵の中に少年時代の彼らの物語が詰っているように感じられます。

more ...
 

ビー・ジーズの伝記映画製作にスピルバーグも参加!

Eメール 印刷

画像はGuardian紙の記事より

a=

 ハリウッド・レポーター(オンライン版2019年11月1日付)が報じたところによれば、既報のビー・ジーズ伝記映画製作にはスティーブン・スピルバーグも参加することに

この映画プロジェクトについては、かなり以前から情報が乱れとんではおりました。スピルバーグが強い関心を示し、権利関係に参入していたのはご存じの通りですが、今回ハリウッド・レポーターが報じた経緯はちょっと面白いので、以下に簡単にまとめてご紹介します。 

more ...
 

『ボヘミアン・ラプソディ』の製作者、ビー・ジーズの伝記映画を製作!

Eメール 印刷

Guardian紙の記事より

a=

大ヒットしたクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』のプロデューサーがビー・ジーズの伝記映画製作に乗り出します!

情報サイトDeadlineガーディアン紙等が10月31日付けで一斉に報じたところによれば、製作会社のシスターとパラマウント映画、さらには映画『ボヘミアン・ラプソディ』のヒットも記憶に新しいプロデューサーのグレアム・キングが、次に映画に取り上げる大物ミュージシャンはビー・ジーズ! 脚本やキャストは未定だそうです。

more ...
 

The Ghost Twinsいよいよ始動!

Eメール 印刷

父親世代のポーズで決めるThe Ghost Twins

a=

いよいよ「第二世代のふたごたち」、サマンサ&スペンサー・ギブのプロジェクトが始動しました。

BeeGeesのロビン&モーリス・ギブの子どもたち、サマンサ(左の写真の左側)&スペンサー(同右側)・ギブがThe Ghost Twinsというユニットをスタートさせました。日本時間27日のライヴストリーミングに続いて、今度はメチャクチャ仲良しだった親世代のポーズを再現した写真を発表。ひょっとしてこれがニューアルバムのジャケットになるのでしょうか?

more ...
 

サマンサ・ギブの『GhostTwins』のライヴストリームをお見逃しなく!

Eメール 印刷

いよいよベールを脱ぐThe Ghost Twins


a=

ツイッターでお知らせしたように、日本時間10月27日(日)朝9時からThe Ghost TwinsのライヴストリーミングFacebookInstagramで実施されます。お見逃し(お聴き逃し)なく!

The Ghost TwinsはBee Geesの第二世代を代表するアーティスト、サマンサ・ギブの新プロジェクトで、ロビン家からはスペンサーもプロデュースなどに参加しているというから、ますます楽しみですね! 夏ごろから少しずつアイディアが熟成し、プラハでレコーディングして、ついに満を持しての10月末のハロウィーン・ライヴとなりました。

more ...
 
  • «
  •  start 
  •  prev 
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10 
  •  next 
  •  end 
  • »