Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
[ English Section ]

NEW!!! 発売中 救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション (歌詞・解説対訳付き日本盤
Saved By the Bell: Collected Works of Robin Gibb
  (未発表の音源、レアな音源を網羅した1969-70年のロビン・ギブのソロ時代の集大成ともいえる3枚組ボックスセット ‐ あの黄金の声を聴くことができます!)<輸入盤>
発売中
 Bee Gees 1974 1979 (ブルーアイドソウル時代を代表する5枚組ボックスセット)
発売 Art of McCartney (2CD) (バリー・ギブが「When I'm 64」を歌っています)
発売中 ロビン・ギブのラスト・ソロアルバムフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ (日本盤だけのボーナストラック付き)
同上 米盤 50 St Catherine Drive
発売中  ビージーズの名盤5タイトル(’70年代初期の名作4枚を含むオリジナル紙ジャケシリーズ第2弾)
発売中 
ライブ音源・レアトラックを含む5枚組ボックスセット 
Warner Bros Years 1987-1991
発売中 ビージーズの名盤10タイトル(あの”オデッサ”や”ファースト”などがオリジナル紙ジャケで限定発売)
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

このサイトはビージーズ・ファン(ファン歴合計〇百年)が力を合わせて運営しています。
Thanks: ワーナーミュージック・ジャパン(Warner Music Japan)
Special thanks: Barry & Robin Gibb 

 

 

『救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション』Volkskrant紙レビュー

Eメール 印刷

「素晴らしいと同時に悲しみに満ちたアルバム…」
<画像をクリックすると拡大されます>
 

a=

『救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション』Volkskrant紙レビュー

オランダのVolkskrant紙(オンライン版2015年8月15日付)に『救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション』の4つ星レビューが掲載されました。コレクターやファンの間で高く評価されてきた「幻の名盤」ということで、未発表だった『シング・スローリー・シスターズ』に焦点をあて、ビーチボーイズの『スマイル』になぞらえつつ、アルバムのライナーノーツをさらに掘り下げた内容です。以下に簡単にまとめてご紹介します。

more ...
 

ローリング・ストーン誌が選ぶ「偉大なソングライター・トップ100」にビージーズが???

Eメール 印刷

ビージーズが95位???
<画像をクリックすると拡大されます>
 

a=

ローリング・ストーン誌が選出した「100人の偉大なソングライタ―」のリストが話題を呼んでいます。まあ、みんなそれぞれに贔屓のミュージシャンがいて、万人を満足させるトップ100なんてものは到底無理なのでしょうが、それにしてもビージーズが95位! はっはっはっ、これはもうとてもまじめに取り合う気にはなれません。(個人的にはディランが1位というのは納得だし、うれしいのですが)

more ...
 

【1970年ごろ】ロビン・ギブ・ファン・クラブ入会者用ロビンの手書きメッセージ

Eメール 印刷

ロビンの手書きによるファンクラブ入会者へのメッセージ
<Click to enlarge>
 

a=

先週公開された「ファンクラブ会報第1号」に続いて、ロビンのオフィシャルサイトで「入会者宛ての手書きメッセージ」(News、2015年8月21日付)が公開されています。発売中の『救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション』の中ジャケに使われているものと同じですね。

more ...
 

【1970年3月】ロビン・ギブ・ファン・クラブ会報第1号≪全訳掲載≫

Eメール 印刷

ロビン・ギブと最初の結婚時のモリー夫人

ロビンのオフィシャル・サイトに「これぞまさに歴史のひとこま」と銘打って、ちょうど発売中の『救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション』時代、つまりソロ時代のロビンの個人ファンクラブの会報第1号が掲載されました。当時の様子が生き生きと伝わる内容です。

時は1970年3月。ロビンは「トマト(卵?)騒動」で有名な(悪名高い?)ニュージーランド公演から帰ったあとで、このときの状況についても会報中で説明されています。また結婚後ロンドン市内に住んでいたロビンはこのころサリー州に家を購入、『シング・スローリー・シスターズ』に収められた曲などが録音された自宅スタジオを設置しました。

『小さな恋のメロディ』のメロディちゃん役のトレイシー・ハイドにも似たブルネット美人のモリー夫人とは、70年代半ばから仕事上の別居時代が長く続いた後に1980年代に入って夫人の希望で離婚していますが、ここでは幸せそうな若い時代を垣間見ることができます。オフィシャル・サイトの好意により、ここに全文を訳出いたします。

more ...
 

ロビン・ギブの『タイタニック・レクイエム』イタリア・ツアー最新情報

Eメール 印刷

『タイタニック・レクイエム』のプロモーション・ビデオ

more ...
 

Bee Geesのカバー・ライブ・イベントのお知らせ

Eメール 印刷

「青葉の風」ライブのお知らせ
<クリックすると拡大されます>
 

a=

来る8月8日(土)に開催されるライブ・イベントでビージーズの曲が演奏されます。

5つのバンド共演によるライブだそうですが、3番目(2時15分から)に登場する「青葉の風」というバンドがビージーズの曲だけのセットを展開、全9曲を演奏します。

【Monsters of 不治ロック2015 】

2015.8月8日(不治テレビの日)
12:45 open

出演
13:15 Zutto Zeppelin
14:15 青葉の風
15:15 ハードDUO
16:15 不治ロック

入場料 ¥1,000 (1ドリンク付き)

下北沢Mosaic
世田谷区北沢2-2-14 モアイ茶沢1F・B1
Tel.03-5787-4559

「ハードロック、ソフトロック、ウクレレ演奏、口笛奏者、寸劇などなどの楽しいライブ」だということです。予約は不要ということですので、当日直接会場入りされてだいじょうぶです。

more ...
 
  • «
  •  start 
  •  prev 
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10 
  •  next 
  •  end 
  • »


Words

リンダに出会ったとき、ぼくにとって夢が本当になった。

バリー・ギブ