Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
[ English Section ]

 

NEW 予約受付中 『Storytellers 1996 (1996年11月にイギリスで初放送されたテレビショーのCD版が再登場)
NEW 発売中 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド オリジナル・サウンドトラック(紙ジャケット仕様)
発売中
 救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション
 (歌詞・解説対訳付き日本盤

Saved By the Bell: Collected Works of Robin Gibb  (未発表の音源、レアな音源を網羅した1969-70年のロビン・ギブのソロ時代の集大成ともいえる3枚組ボックスセット ‐ あの黄金の声を聴くことができます!)<輸入盤>
発売中
 Bee Gees 1974 1979 (ブルーアイドソウル時代を代表する5枚組ボックスセット)
発売 Art of McCartney (2CD) (バリー・ギブが「When I'm 64」を歌っています)
発売中 ロビン・ギブのラスト・ソロアルバムフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ (日本盤だけのボーナストラック付き)
同上 米盤 50 St Catherine Drive
発売中  ビージーズの名盤5タイトル(’70年代初期の名作4枚を含むオリジナル紙ジャケシリーズ第2弾)
発売中 
ライブ音源・レアトラックを含む5枚組ボックスセット 
Warner Bros Years 1987-1991
発売中 ビージーズの名盤10タイトル(あの”オデッサ”や”ファースト”などがオリジナル紙ジャケで限定発売)
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

このサイトはビージーズ・ファン(ファン歴合計〇百年)が力を合わせて運営しています。
Thanks: ワーナーミュージック・ジャパン(Warner Music Japan)
Special thanks: Barry & Robin Gibb 

 

 

バリー・ギブのニューアルバム『In the Now』今秋発売!

Eメール 印刷

ニューアルバム『In The Now』は11月発売

a=

バリー・ギブのニューアルバムについて公式発表が行われました!

グラストンベリーの感激も冷めやらぬなか、満を持したタイミングで、コロンビア・レコード(ニューヨーク)が待望のバリーのニューアルバム発売についての公式発表を行いました。

PRNewswire.comに掲載されたプレス発表の内容を以下に簡単にまとめてご紹介いたします。

more ...
 

「やっぱりバリー!」―バリー・ギブ@グラストンベリー【続報】

Eメール 印刷

「やっぱ、バリーでしょう!」
クリス・マーティンの紹介で元気に登場したバリー・ギブ
(2016年6月26日)

a=

今年のグラストンベリー音楽祭のグランドフィナーレを飾る日曜日26日のピラミッド(センター)・ステージ、コールドプレイのクリス・マーティンが熱狂的な聴衆を前にバリーの登場をアナウンスします

この前後、イギリスのTwitterでは「バリー・ギブ」の名前がトレンド状態に。各紙はバリーが「一生忘れられない経験」と呼んだこのステージをどれも好意的に報じています。以下に簡単にまとめてご紹介します。

more ...
 

バリー・ギブ@グラストンベリー

Eメール 印刷

バリー・ギブ、グラストンベリーに

a=

やはり実現しました!

バリーの最新ツイートです。

「Wow! グラストンベリー・フェスティバルでコールドプレイと一緒にピラミッド・ステージに立っている。すごい! これもまた一生忘れられない思い出になりそうだ! 幸運を祈ってくれ!」

 

more ...
 

45年前の明日、映画『小さな恋のメロディ』初公開

Eメール 印刷

『小さな恋のメロディ』初公開直前の新聞広告
(1971年6月25日付)
<クリックすると拡大されます>

a=

「明26日はダニーとメロディの結婚式です! ふたりは11歳」

45年前の今日は金曜日、夕刊各紙にこんな映画広告が掲載されました。ここでご紹介しているのは朝日新聞からの切り抜きです。

それにしても、改めてうまいなあ、と思います。宣伝上手で知られていた東宝ですが、この作品の見事な広報で確か何か賞をとったと記憶しています。

コピーよし、手書き風のタイトルの字体よし、映画の中には実際に登場しない宣伝用のショットの主役ふたりの絵柄もよし。小品ながら話題を集め、その後、ある世代の人たちにとっては初恋映画のバイブルともなった伝説の映画が誕生した瞬間でした。

more ...
 

ロニー・スペクター、「傷心の日々」を語る

Eメール 印刷

ニューアルバムについて語るロニー・スペクターのインタビュー 

more ...
 

バリー・ギブ、グラストンベリー出演をキャンセル?

Eメール 印刷

キャンセルを報じるザ・サン紙

a=

さまざまな憶測が飛び交っていたバリーのグラストンベリー出演がキャンセルされたと報道されました

この件については、マネージメントから「確定していない」と連絡があって以来、サプライズ出演があるのではないか、という意見なども出ていましたが、今回はザ・サン紙(オンライン版2016年6月15日付)他各紙が一斉に「バリーの出演キャンセル」を報じました。

この件に関する一連の報道で常に第一報を出してきたザ・サン紙の今回の記事を簡単にまとめてご紹介します。

more ...
 
  • «
  •  start 
  •  prev 
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10 
  •  next 
  •  end 
  • »