Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
[ English Section ]

NEW予約受付中10月22日発売 ロビン・ギブのラスト・ソロアルバムフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ (日本盤だけのボーナストラック付き)
NEW予約受付中 同上 9月30日発売の米盤 50 St Catherine Drive
発売中  ビージーズの名盤5タイトル(’70年代初期の名作4枚を含むオリジナル紙ジャケシリーズ第2弾)
発売中 
ライブ音源・レアトラックを含む5枚組ボックスセット 
Warner Bros Years 1987-1991
発売中 ビージーズの名盤10タイトル(あの”オデッサ”や”ファースト”などがオリジナル紙ジャケで限定発売)
発売中 末弟アンディ・ギブ名盤4タイトルが再登場
発売中 Titanic Requiem (ロビンがクラシックに挑戦したアルバム(遺作となりました)・「Don't Cry Alone」収録)  

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

このサイトはビージーズ・ファン(ファン歴合計〇百年)が力を合わせて運営しています。
Thanks: ワーナーミュージック・ジャパン(Warner Music Japan)
Special thanks: Barry & Robin Gibb 

 

 

ロビン・ギブの新旧「アイ・アム・ザ・ワールド」について等

Eメール 印刷

ロビン・ギブ(2005年9月3日、東京)

<クリックすると拡大されます>

既報の通り、「アイ・アム・ザ・ワールド(ニュー・バージョン)」は日本で10月22日に発売されるフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴからイギリスその他の国で最初のシングルに選ばれました。ドイツではアルバムのプリセールが特に好調ですが、ここだけは「ソリー」がシングルに選ばれています。ドイツでの第二弾は、現在前売り予約をするとにダウンロードできる「アラン・フリーマン・デイズ」(名曲ですよねえ)だそうです。

その他の国での第二弾は「デイズ・オブ・ワイン&ローゼズ」が予定されており、現在この曲は以前にご紹介したワーナー・ミュージック・ジャパンのサイトの他にYouTubeでも聴くことができます。(出だしが「アライブ」の一部の引用になっていることには気づかれましたか?)

そこでドゥイーナ・ギブ夫人に「アイ・アム・ザ・ワールド」新旧バージョンについてなど、いろいろとうかがってみました。

more ...
 

ロビン・ギブのソロアルバムから「デイズ・オブ・ワイン&ローゼズ」先行視聴開始!

Eメール 印刷

ロビン・ギブ(2010年)

<クリックすると画像全体が表示されます>

ワーナーミュージック・オフィシャルサイトのロビン・ギブ『フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ』 のサイトで本日の早朝午前6時より、アルバムのオープニングトラックにあたる「デイズ・オブ・ワイン&ローゼズ」先行試聴がスタートしました。

more ...
 

バリー・ギブ、ポール・マッカートニーのトリビュートアルバムに参加

Eメール 印刷

「ノルウェイの森」を歌うバリー・ギブ

バリー・ギブのマネージメントによると、バリーはアメリカで11月17日発売予定のポール・マッカートニーのためのトリビュートアルバム『The Art of McCartney』のためにビートルズナンバー「When I'm 64」をレコーディングしたそうです。

more ...
 

ロビン・ギブとロビン・ウィリアムズ ― ふたりのロビンが出会ったとき

Eメール 印刷

ふたりの素晴らしいロビンたち

<クリックすると左のロビン(ギブ)の写真が拡大されます>

2014年8月11日、世界は名優ロビン・ウィリアムズの突然の早すぎる死のニュースに衝撃を受けました。鬱病で苦しんだ末に自宅で縊死という悲報に接して、スクリーンで見るコメディアンとしての顔の陰にあった繊細で悲しい心の肖像を見る思いがします。アルコール依存症にも苦しんだというウィリアムズは、「ビージーズきってのコメディアン」とも言われたモーリスを思わせもします。人を笑わせ、なごませるやさしさは、傷つきやすい心のあらわれでもあったのかもしれません。

あまり知られていないことですが、もうひとりのロビン、ロビン・ギブはロビン・ウィリアムズのファンでした。「ビージーズで一番面白いやつ」(バリー談)でもあったロビンは大のコメディ好き。ウィリアムズの作品を楽しんで見ていたそうです。

more ...
 

お誕生日おめでとう! バリー・ギブ(68歳になりました)

Eメール 印刷

たまにはヒゲなしで…若き日のにこにこバリー

<クリックすると拡大されます>

9月1日はバリー・ギブの誕生日。1946年生まれですから、今日で68歳になりました。音楽と家族をこよなく愛し、「メンバーの中でただ独り残るということがなかったら、きっともうステージに戻ることもなかったと思う」という”リア充”な家庭人でもあるバリー。しかし世の中は彼の歌声を、彼の調べを、そして彼の才能を待っています。いつまでも元気で輝いていてほしいバリー・ギブ、お誕生日おめでとう!

more ...
 

ロビン・ギブ『フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ』先行予約開始

Eメール 印刷

自宅庭園でのロビン・ギブ(2010年10月7日)

<クリックすると全体の画像を見ることができます>

世事に追われているうちに8月が終わってしまいました(;_;)。いよいよ9月、イギリス、アメリカ、ヨーロッパ各国でロビンのソロアルバムが発売される月です。 

more ...
 
  • «
  •  start 
  •  prev 
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10 
  •  next 
  •  end 
  • »


Words

(「ロビンのどこが好き?」と聞かれて)

話し方。

バリー・ギブ