Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
[ English Section ]

“逆の立場だったら弟たちに歌い続けてほしかったと思う。弟たちが僕に言う、「生きろ」と。「もう一緒にはいないけれど、何があっても生きろ、歌い続けろ。ある意味で今でも僕たちは一緒だ」と。僕は何か不思議な理由で、まだ生かされている。だから僕は生きる、歌い続ける” 
“僕が歌うとき、いつもそこには弟たちがいる”(バリー・ギブ、2016年)

悲しみに磨き抜かれた玉のような美しい歌の世界。バリー・ギブが私たちに言う、「生きろ。僕も生きる」と。

NEW 
イン・ザ・ナウ バリー・ギブのソロアルバム 日本盤10月12日発売 - 日本盤のみBlu-spec CD2仕様 発売中
NEW  In the Now [12インチ・アナログ盤] 輸入盤
NEW
 In The Now - Deluxe (大震災後に日本に捧げられた幻の曲「Grey Ghost」を含む15曲入りのデラックス版
NEW In The Now (「人生という旅」を歌って、生きる意味を問うバリー・ギブ渾身のニュー・ソロ・アルバム)
 
『イン・ザ・ナウ』発表記念バリー・ギブ、ファンとのQ&A(2016年8月)【日本語字幕入り】
“マイクに向かって立つと今でも弟たちの息遣いを感じます”

NEW
発売中 『Storytellers 1996
 (1996年11月にイギリスで初放送されたテレビショーのCD版が再登場)
NEW 発売中 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド オリジナル・サウンドトラック(紙ジャケット仕様)
発売中
 救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション
 (日本盤のみに歌詞カード付属―対訳付き

Saved By the Bell: Collected Works of Robin Gibb  (未発表の音源、レアな音源を網羅した1969-70年のロビン・ギブのソロ時代の集大成ともいえる3枚組ボックスセット ‐ あの黄金の声を再び!)<輸入盤>
発売中
 Bee Gees 1974 1979 (ブルーアイドソウル時代を代表する5枚組ボックスセット)
発売 Art of McCartney (2CD) (バリー・ギブが「When I'm 64」を歌っています)
発売中 ロビン・ギブのラスト・ソロアルバムフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ (日本盤だけのボーナストラック付き)
同上 米盤 50 St Catherine Drive
発売中  ビージーズの名盤5タイトル(’70年代初期の名作4枚を含むオリジナル紙ジャケシリーズ第2弾)
発売中 
ライブ音源・レアトラックを含む5枚組ボックスセット 
Warner Bros Years 1987-1991
発売中 ビージーズの名盤10タイトル(あの”オデッサ”や”ファースト”などがオリジナル紙ジャケで限定発売)
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

このサイトはビージーズ・ファン(ファン歴合計〇百年)が力を合わせて運営しています。
Thanks: ワーナーミュージック・ジャパン(Warner Music Japan)
Thanks: ソニー・ミュージック ジャパン Sony Music (Japan)
Thanks: ユニバーサル ミュージック ジャパン (Universal Music Japan)

Special thanks: Barry & Robin Gibb

 

 

【1972年3月】45年前の今日-ビー・ジーズ初来日公演を終えて離日― ハロー、ビー・ジーズ/グッバイ、ビー・ジーズ

Eメール 印刷

アライバル・ゲートを抜けたビー・ジーズ日本到着の瞬間

a=

1972年3月28日、1週間ほどの初来日の日程をあわただしくこなしたビー・ジーズは次の公演地クアラルンプールへと移動していきました。 

当時はデジカメもありませんし、フラッシュ付きのカメラもそれほど一般的ではなかった時代なので、特に到着した日(夜の空港)の写真には鮮明なものが少ないです。

写真は上から順に―

more ...
 

【2017年3月】アンディ・ギブの娘として育って(ピータ・ギブ・インタビュー)

Eメール 印刷

news.com.auに掲載されたピータ・ウェーバー(旧姓ギブ)さんのインタビュー

a=

ネクスト・ジェネレーションが集まったビー・ジーズのトリビュート・アルバム、ギブ・コレクティヴの『Please Don't Turn Out the Lights』発売を4月14日に控えて、美しく成長したピータ・ウェーバー(アンディ・ギブの娘)のインタビューがnews.com.au(オンライン版2017年3月27日付)に発表されました。両親が離婚したあと、両親の出会いの場でもある母親の故郷オーストラリアで育ったピータは、有名人の娘という烙印に苦しんだ子ども時代について語っています。

以下に内容を簡単にまとめてご紹介します。 

more ...
 

【アルバムレビュー】第二世代によるトリビュート・アルバム『Please Don't Turn Out the Lights』

Eメール 印刷

AMWのサイトより『Please Don't Turn Out the Lights』

a=

ギブ・ファミリーの子どもたちによるアルバムの詳しいレビューcelebritycafe.comに掲載されています。

以下に、各曲の評価を中心に内容を簡単にまとめてご紹介します。

more ...
 

バリー・ギブ、今年のグラストンベリーに出演か

Eメール 印刷

リークされた(?)グラストンベリーのポスターには
バリーの名前が

a=

今年のグラストンベリーのポスターがリークされ、そこにはしっかりとバリー・ギブの名前が!

グラストンベリーの出演者が確定してきて、今年のハイライト(日曜日)のヘッドライナーがエド・シーランになったことなどが話題ですが、SNS上に出回っているリークしたとされるポスター(コベントリー・テレグラフ紙オンライン版2017年3月21日)には全体のラインアップが記載されており、バリーの名前が中央に入っています。(真ん中の欄の上から5行目です)

more ...
 

【1972年3月】45年前の今日-ビー・ジーズ初来日/東京公演

Eメール 印刷

東京公演でのビー・ジーズ(1972年3月)
《写真をクリックすると拡大されます》

a=

45年前の今日、1972年3月23日、ビー・ジーズは初来日の初日公演のステージに立ちました。東京の渋谷公会堂です。

偶然ながら、45年前も3月23日は木曜日でした。 

右は月刊誌ステレオの1972年5月号に掲載されたカラー3ページの記事の1ページ目です。あとの2ページは記者会見の写真と3人並んでセンターマイクで歌う渋谷公会堂での写真でした。

ビー・ジーズの帰国後、各紙・誌の5月号あたりにどどどっと来日レポートが載りはじめたわけですが、ある程度のリストはこちらの記事に記載しました。そのほとんどが22日の記者会見あるいは、この23-4日の東京公演で取材されたものです。

more ...
 

サマンサ・ギブ・インタビュー-父モーリス・ギブの思い出とトリビュート・アルバムについて

Eメール 印刷

第二世代(の一部)を抱いたビー・ジーズ(1978年)

a=

シドニー(オーストラリア)の情報サイトSydney Chicに掲載されたトリビュート・アルバム『Please Don't Turn Out the Lights』のレビューとサマンサ・ギブとのインタビュー(オンライン版2017年3 月17日付

以下に内容を簡単にまとめてご紹介します。

more ...
 
  • «
  •  start 
  •  prev 
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10 
  •  next 
  •  end 
  • »


Words

ぼくたちは「ふたごとその兄」というより「三つ子」みたいだった。

モーリス・ギブ