Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
[ English Section ]

NEW予約受付中10月22日発売 ロビン・ギブのラスト・ソロアルバムフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ (日本盤だけのボーナストラック付き)
NEW予約受付中 同上 9月30日発売の米盤 50 St Catherine Drive
発売中  ビージーズの名盤5タイトル(’70年代初期の名作4枚を含むオリジナル紙ジャケシリーズ第2弾)
発売中 
ライブ音源・レアトラックを含む5枚組ボックスセット 
Warner Bros Years 1987-1991
発売中 ビージーズの名盤10タイトル(あの”オデッサ”や”ファースト”などがオリジナル紙ジャケで限定発売)
発売中 末弟アンディ・ギブ名盤4タイトルが再登場
発売中 Titanic Requiem (ロビンがクラシックに挑戦したアルバム(遺作となりました)・「Don't Cry Alone」収録)  

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

このサイトはビージーズ・ファン(ファン歴合計〇百年)が力を合わせて運営しています。
Thanks: ワーナーミュージック・ジャパン(Warner Music Japan)
Special thanks: Barry & Robin Gibb 

 

 

ビージーズ、グラミー賞生涯業績賞を受賞

Eメール 印刷

ビージーズ(1975年)

<クリックすると画像が拡大されます>

ニュー・ミュージカル・エクスプレス(NME)紙(オンライン版2014年12月18日付)等が報じたところによると、グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーが今年度の生涯業績賞(ライフタイム・アチーヴメント・アワード)受賞者を発表。ビージーズ、ジョージ・ハリスンなどが選出されました。

more ...
 

ビージーズの1時間ものドキュメンタリー『The Joy of the Bee Gees』

Eメール 印刷

クリスマス前にイギリスでビージーズの
特別番組が放送されます


<クリックすると画像が拡大されます>

ばたばたしてサイトを更新できずにいるうちに、ニュースもどっさりとたまり…とうとう今年最後の月になってしまいました。(ロビンとモーリスの誕生月でもありますね)

今日はバリーのマネージメントからイギリスでこのクリスマスシーズンに放送されるビージーズの特別番組についての情報が届きましたので、急遽ご報告します。 

more ...
 

バリーが歌う『アート・オブ・マッカートニー~ポールへ捧ぐ』

Eメール 印刷

全米ツアーでのバリー・ギブ(2014年5月31日、コンコード)

<クリックすると画像全体が表示されます>

バリーが参加したポール・マッカートニーのトリビュートアルバム、『アート・オブ・マッカートニー~ポールへ捧ぐ(初回限定盤)(DVD付)』の日本発売は12月3日。これに先立って欧米盤Art of Mccartney (2CD+1DVD/Amazon Exclusive) は11月17日発売です。いよいよですね。

more ...
 

トリビュートバンドThe Bees東京ライブのお知らせ

Eメール 印刷

ビージーズのトリビュートバンドThe Beesのライブが11月8日(土)に池袋で行われます!

more ...
 

発売後2週間『フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ』日本国内での反響は?!

Eメール 印刷

都内某タワーレコード新宿店に並ぶ
フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ

ロビンのソロアルバム『フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ』は10 月22 日に日本盤が発売されました。今週半ばで2週間経過ということになります。

洋楽雑誌などというものもめっきり少なくなり、CDショップも減少した現在、全国津々浦々ではどう小売り展開されているのか…。

というわけで、BGDのシークレット・エージェントが都内某所に潜入(?)調査。なんと!タワーレコード新宿ではちゃんとエンド展開されていて「視聴コーナー」にも入っていれば、横置きもされておりました!(わーい、わーい)

発売日には「ひさしぶりにCDショップに足を運んだら、ビージーズのコーナーがないところもあってショックだった」という電話などもかかってきて、発売のニュースもどのぐらい浸透しているのだろうと心配していました。

more ...
 

あの澄んだ歌声は最後まで変わらなかった!『フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ』明日発売!-日本盤ボーナストラック情報

Eメール 印刷

ロビンの思いがこもったソロアルバム
フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ

60年代に音楽を聞き始めた人ならだれでも知っているでしょう、「マサチューセッツ」「ジョーク」を歌ったあの声を。あの澄んだ歌声は、透明な心は、最後まで変わらなかった!

ビー・ジーズの不滅のヴォーカリスト、ロビン・ギブの最終録音を含む未発表アルバム”『フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ』日本盤が明日10月22日に発売されます。早いところではもう今日あたり店頭に出ているかもしれませんね。 

more ...
 
  • «
  •  start 
  •  prev 
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10 
  •  next 
  •  end 
  • »


Words

人生は一度しかない。

ロビン・ギブ