Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
[ English Section ]

被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます
安心で穏やかな日常が少しでも早く戻りますようにと祈っております

発売中 救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション (歌詞・解説対訳付き日本盤
Saved By the Bell: Collected Works of Robin Gibb
  (未発表の音源、レアな音源を網羅した1969-70年のロビン・ギブのソロ時代の集大成ともいえる3枚組ボックスセット ‐ あの黄金の声を聴くことができます!)<輸入盤>
発売中
 Bee Gees 1974 1979 (ブルーアイドソウル時代を代表する5枚組ボックスセット)
発売 Art of McCartney (2CD) (バリー・ギブが「When I'm 64」を歌っています)
発売中 ロビン・ギブのラスト・ソロアルバムフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ (日本盤だけのボーナストラック付き)
同上 米盤 50 St Catherine Drive
発売中  ビージーズの名盤5タイトル(’70年代初期の名作4枚を含むオリジナル紙ジャケシリーズ第2弾)
発売中 
ライブ音源・レアトラックを含む5枚組ボックスセット 
Warner Bros Years 1987-1991
発売中 ビージーズの名盤10タイトル(あの”オデッサ”や”ファースト”などがオリジナル紙ジャケで限定発売)
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

このサイトはビージーズ・ファン(ファン歴合計〇百年)が力を合わせて運営しています。
Thanks: ワーナーミュージック・ジャパン(Warner Music Japan)
Special thanks: Barry & Robin Gibb 

 

 

台湾映画『若葉のころ』が5月に封切られます

Eメール 印刷

台湾映画『若葉のころ』(2015)予告編

「若葉のころ」と映画といえば、やはり『小さな恋のメロディ』 の墓地での初デート・シーンに圧倒的な抒情性と表現力で君臨したバリーの名唱を思い出しますが、今回もあの名曲がみずみずしいラブストーリーをインスパイアした模様です。

more ...
 

ビージーズに関する新しい本が出ます!!!

Eメール 印刷
ビージーズに関する新しい本が出ます

 

a=

ビージーズに関する新しい本が英語圏で出版されます。題して『The Fabulous Bee Gees: The Australian Years』。タイトル通り、彼らのオーストラリア時代に焦点をあてた本です。

著者はこれまで出た彼らに関する著作中でも一番大部の『The Tales of the Brothers Gibb』の著者チーム中のふたり、Andrew Môn HughesとMark Crohan。今回も10年あまりの歳月をかけた力作だということですので、大いに期待されます。

詳しくは本の情報ページをご覧ください。以下に抄訳を掲載します。

more ...
 

バリー・ギブ、グラストンベリーでコールドプレイと共演の噂?

Eメール 印刷
バリーのグラストンベリー出演の噂が再浮上?

 

a=

英各紙が一斉に報じたところによれば、バリーがグラストンベリー音楽祭でコールドプレイのセットにゲスト出演するという噂があるようです(バリーのマネージメントは確定情報ではないと否定しています)

既報の通り、バリーが今年のグラストンベリーの「レジェンド枠」に出演するという噂が一時流れていましたが、今回はコールドプレイのセットにゲスト出演するという形でまた噂が流れています。右に掲げたのは音楽紙ニュー・ミュージカル・エクスプレス(オンライン版3月25日付)ですが、火(煙?)元はどうやら大衆紙のザ・サン(オンライン版2016年3月25日付)。

more ...
 

【1972年3月25日】44年前の今日-大阪フェスティバルホールでのビージーズ

Eメール 印刷
大阪公演について報じる地方版コラム

 

a=

44年前の今日(25日)と明日(26日)、ビージーズは大阪フェスティバルホールでコンサートを行いました

その後、メディアに露出された写真のほとんどは東京公演あるいは東京滞在(主に記者会見)のもので、大阪公演の記事はほとんど見つからず、右に掲げたのがその稀有な例です。

more ...
 

【1972年3月】44年前の今日は武道館公演でした

Eメール 印刷
1972年3月初来日の告知記事とチケット(東京公演)

<クリックすると拡大されます>

a=

44年前の今日、ビージーズは初めての日本ツアーの真っ最中。初日の渋谷公会堂(23日)のあと、今日24日は彼らのキャリアで唯一の武道館公演を行いました。

トップの写真は当時の雑誌に掲載された「来日歓迎」記事から。

当時はどの雑誌からの切り抜きかを裏に書く習慣がなかったので、はっきりしませんが、おそらく『新譜ジャーナル』の記事ではないかと思います。(わかる方がいらっしゃったら教えてください) メンバーのひとりとして来日するものと思われていたジェフ・ブリッジフォードのサインも一緒に印刷されているのがちょっと珍しいかも。

more ...
 

【とっても緊急な告知】ビージーズ・ファンの集い(東京)のお知らせ

Eメール 印刷

どのぐらい緊急かというと……実は……大変に言いにくいのですが、本日の話ですm( _ _)m こんなにぎりぎりの告知でまことに申しわけありません。詳細は以下の通り。

more ...
 
  • «
  •  start 
  •  prev 
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10 
  •  next 
  •  end 
  • »