Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
[ English Section ]

“逆の立場だったら弟たちに歌い続けてほしかったと思う。弟たちが僕に言う、「生きろ」と。「もう一緒にはいないけれど、何があっても生きろ、歌い続けろ。ある意味で今でも僕たちは一緒だ」と。僕は何か不思議な理由で、まだ生かされている。だから僕は生きる、歌い続ける” 
“僕が歌うとき、いつもそこには弟たちがいる”(バリー・ギブ、2016年)

悲しみに磨き抜かれた玉のような美しい歌の世界。バリー・ギブが私たちに言う、「生きろ。僕も生きる」と。

NEW 
イン・ザ・ナウ バリー・ギブのソロアルバム 日本盤10月12日発売 - 日本盤のみBlu-spec CD2仕様 発売中
NEW  In the Now [12インチ・アナログ盤] 輸入盤
NEW
 In The Now - Deluxe (大震災後に日本に捧げられた幻の曲「Grey Ghost」を含む15曲入りのデラックス版
NEW In The Now (「人生という旅」を歌って、生きる意味を問うバリー・ギブ渾身のニュー・ソロ・アルバム)
 
『イン・ザ・ナウ』発表記念バリー・ギブ、ファンとのQ&A(2016年8月)【日本語字幕入り】
“マイクに向かって立つと今でも弟たちの息遣いを感じます”

NEW
発売中 『Storytellers 1996
 (1996年11月にイギリスで初放送されたテレビショーのCD版が再登場)
NEW 発売中 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド オリジナル・サウンドトラック(紙ジャケット仕様)
発売中
 救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション
 (日本盤のみに歌詞カード付属―対訳付き

Saved By the Bell: Collected Works of Robin Gibb  (未発表の音源、レアな音源を網羅した1969-70年のロビン・ギブのソロ時代の集大成ともいえる3枚組ボックスセット ‐ あの黄金の声を再び!)<輸入盤>
発売中
 Bee Gees 1974 1979 (ブルーアイドソウル時代を代表する5枚組ボックスセット)
発売 Art of McCartney (2CD) (バリー・ギブが「When I'm 64」を歌っています)
発売中 ロビン・ギブのラスト・ソロアルバムフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ (日本盤だけのボーナストラック付き)
同上 米盤 50 St Catherine Drive
発売中  ビージーズの名盤5タイトル(’70年代初期の名作4枚を含むオリジナル紙ジャケシリーズ第2弾)
発売中 
ライブ音源・レアトラックを含む5枚組ボックスセット 
Warner Bros Years 1987-1991
発売中 ビージーズの名盤10タイトル(あの”オデッサ”や”ファースト”などがオリジナル紙ジャケで限定発売)
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

このサイトはビージーズ・ファン(ファン歴合計〇百年)が力を合わせて運営しています。
Thanks: ワーナーミュージック・ジャパン(Warner Music Japan)
Thanks: ソニー・ミュージック ジャパン Sony Music (Japan)
Thanks: ユニバーサル ミュージック ジャパン (Universal Music Japan)

Special thanks: Barry & Robin Gibb

 

 

ビー・ジーズ68年の名曲「獄中の手紙」がアメリカン・ソングライターズ誌”今週の歌詞”に

Eメール 印刷

American.songwriter.comの「今週の歌詞」コーナーより

a=

American Songwriter誌の「今週の歌詞」コーナー(オンライン版2017年1月15日付)にビー・ジーズの68年のヒット「獄中の手紙」が登場した

ビー・ジーズというと評価がサウンド面にかたよりがちで、物語性の高いユニークな歌詞の世界がともすれば見過ごされがちなので、こういう形で取り上げられるのはとても嬉しいことだ。同サイトに載った「獄中の手紙」論を簡単にご紹介する。

more ...
 

【2003年8月】デイリー・メール紙―ロビン・ギブ独占インタビュー「モーリスが死んだなんて認めない」

Eメール 印刷

「ロビン・ギブ、初めてモーリスの死を語る」
(デイリー・メール紙2003年8月9日号)

a=

2003年1月のモーリスの急逝後、ロビンがメディアを前に初めて心境を語った同年8月9日号の英紙デイリー・メールのロング・インタビュー。

以下に簡単にまとめてご紹介します。

more ...
 

第二世代によるビー・ジーズのトリビュート・アルバムの計画が発表されました

Eメール 印刷

ネクスト・ジェネレーションによるトリビュート・アルバムのティーザー

more ...
 

今年もどうぞよろしく!

Eメール 印刷

1970年…再結成された時のビージーズ三兄弟です

a=

ご挨拶が大変に遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

毎年1月と5月は更新がつらいです。どうしても「あれから何年…」という記事を書かなくてはならないからですが、今年もそんなことを考えているうちに12日が来てしまいました。追悼記事で一年を始めるのはモーリスも喜ばないと思うので、まずはご挨拶を。

more ...
 

誕生日おめでとう、ロビン&モーリス・ギブ

Eメール 印刷

年を重ねていくあなたたちを見ていたかった

a=

Happy birthday、ロビンとモーリス!

今日は“ビー・ジーズのふたご”-ロビン&モーリス・ギブの67歳の誕生日です。

一緒に星空を見上げて寝そべっては
あの星がぼくらのものだと想像したよね
いつまでも愛し合っていられると思っていた

(「ロング・グッドバイ」バリー・ギブ)

 

遠い地平線を見つめていこう
この季節が巡るとき

きっとお互いを思い出す
秋は春であり
冬は夏だ
ここが虹の終わる場所

(「虹のおわりに」バリー・ギブ)

 

more ...
 

バリー・ギブの『イン・ザ・ナウ』ロング・インタビューbyティム・ロクスボロ Part 7

Eメール 印刷

Sunday Lunchで放送されたバリーとのインタビュー音源

連載ロング・インタビュー、シリーズの第7回はアルバム『イン・ザ・ナウ』のレビューです。

more ...
 
  • «
  •  start 
  •  prev 
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10 
  •  next 
  •  end 
  • »


Words

ポップミュージックはぼくの血の中にある。

モーリス・ギブ