Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

[ English Section ]

 

Spick And Span  ブートレグ『Live In Bern』でおなじみの1968年3月のスイス公演音源のCD化。フォーシーズンズのカバーなどもやっている若き5人組時代の溌剌とした演奏が聴けます。音はいまひとつですが、貴重な時代の証言としてファン必携!

12月5日発売のテイク・ザットオデッセイ~グレイテスト・ヒッツ』にはバリー・ギブが共演した「愛はきらめきの中に」のニュー・バージョンが!

Mrs Gillespies Refrigerator 60年代のBBCライブを中心に、ストックホルム音源も収録されています。

11月21日新版発売 活動50周年を記念して2009年に発売された“究極の”2枚組ベスト盤 アルティメイト・ベスト・オブ・ビー・ジーズ』ー新対訳・解説付。

7月6日発売『 Soundstage 1975』 1975年にアメリカで出演したテレビ番組音源のCD化。
7月13日発売RARITIES 1960-1968』初期のテレビ出演等の音源のCD化。
ブルーレイ・ディスク付きの限定盤(UICY-78822)『サタデー・ナイト・フィーバー40周年記念盤-オリジナル・ムービー・サウンドトラック-(Blu-ray Disc付)
通常盤サウンドトラックCD(UICY-15743)
『サタデー・ナイト・フィーバー - オリジナル・ムービー・サウンドトラック

ザ・ベリー・ベスト・オブ・アンディ・ギブ』アンディのキャリアを俯瞰する最新ベスト・コレクション。

円熟期のビー・ジーズの1989年の名ライヴがレストア版・リマスター音源で再登場!One for All Tour Live in Australia 1989 [Blu-ray] [輸入版]
『サタデー・ナイト・フィーバー』40周年記念デラックス・ボックス・セットついに登場 [CD2枚+LP2枚+BLURAY BOX] スペシャル・ブックレット等が付いています)

Please Don't Turn Out The Lights  - Bee Gees第二世代のアーティストたちによるトリビュート・プロジェクトGibb Collectiveによる秀逸なカバー・アルバムです

タイムレス: オール・タイム・グレイテスト・ヒッツ

『ザ・ビージーズ・アンソロジー 1963 -1966』 - オーストラリア時代の代表曲27曲をチョイス。リマスター、歌詞・解説付。

The Turning Tide』ー バリーがプロデュースしたPP・アーノルドの幻の名盤がついに登場! 

“逆の立場だったら弟たちに歌い続けてほしかったと思う。弟たちが僕に言う、「生きろ」と。「もう一緒にはいないけれど、何があっても生きろ、歌い続けろ。ある意味で今でも僕たちは一緒だ」と。僕は何か不思議な理由で、まだ生かされている。だから僕は生きる、歌い続ける” 
“僕が歌うとき、いつもそこには弟たちがいる”(バリー・ギブ、2016年)

悲しみに磨き抜かれた玉のような美しい歌の世界。バリー・ギブが私たちに言う、「生きろ。僕も生きる」と。

Timeless: The All-Time Greatest Hits  
イン・ザ・ナウ
 バリー・ギブのソロアルバム 《日本盤のみBlu-spec CD2仕様》 発売中
In the Now [12インチ・アナログ盤] 輸入盤
In The Now - Deluxe (大震災後に日本に捧げられた幻の曲「Grey Ghost」を含む15曲入りのデラックス版
In The Now (「人生という旅」を歌って、生きる意味を問うバリー・ギブ渾身のニュー・ソロ・アルバム)
メイキング・オブ・『イン・ザ・ナウ』(日本語字幕入り)

 
『イン・ザ・ナウ』発表記念バリー・ギブ、ファンとのQ&A(2016年8月)【日本語字幕入り】
“マイクに向かって立つと今でも弟たちの息遣いを感じます”

発売中 『Storytellers 1996
 (1996年11月にイギリスで初放送されたテレビショーのCD版が再登場)
発売中 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド オリジナル・サウンドトラック(紙ジャケット仕様)
発売中
 救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション
 (日本盤のみに歌詞カード付属―対訳付き

 

Saved By the Bell: Collected Works of Robin Gibb  (未発表の音源、レアな音源を網羅した1969-70年のロビン・ギブのソロ時代の集大成ともいえる3枚組ボックスセット ‐ あの黄金の声を再び!)<輸入盤>
発売中 ロビン・ギブのラスト・ソロアルバムフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ (日本盤だけのボーナストラック付き)
同上 米盤 50 St Catherine Drive  
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

このサイトはビージーズ・ファン(ファン歴合計〇百年)が力を合わせて運営しています。

Thanks: ソニー・ミュージック ジャパン Sony Music (Japan)
Thanks: ユニバーサル ミュージック ジャパン (Universal Music Japan)

Special thanks: Barry & Robin Gibb

 

 

全米1位「愛はきらめきの中に」を検証する

Eメール 印刷

記事「The Number Ones」より
(「愛はきらめきの中に」ユーゴスラビア盤シングル)

a=

ビルボードHot 100でナンバーワンになった歴代のヒット曲をチャートが開始された1958年から開始して、順番にレビューしていくという興味深いシリーズ「The Number Ones」、現在1977年末まで来ました。当然ながらこれからこのコラムにビー・ジーズが頻繁に登場することになります。なんたって「チャート独占状態」とまで言われたあの現象が始まろうとしているのです。

あたりさわりのない業界の提灯記事や、変に上から目線で切り捨てる論調も多い中で、辛口ながら褒めるところは褒めるという面白い切り口でビー・ジーズも切っています。で、今回は1977年末の「愛はきらめきの中に(How Deep Is Your Love)」が取り上げられました(Stereogum.com - 2019年11月25日付)、ので、記事の内容を簡単にまとめてご紹介します。

more ...
 

【1989年11月】ビー・ジーズ4度目の日本ツアー

Eメール 印刷


FM fan誌(1990年No.2)より

<クリックすると画像が拡大表示されます>

a=

30年前の今日、1989年11月29日、ビー・ジーズは4度目(にしてラスト)の日本ツアーをスタート。前日の28日に続いて横浜公演2日目を迎えていました。

あまりヒットに恵まれなかった、本人たちいわく「低迷期」だった1970年代の3回のツアー(1972、1973、1974年)でも常に満員御礼の盛況だった日本公演でしたが、フィーバーの時期を経てある意味で凱旋公演になるはずだったこの年の日本公演は後方に空席が目立つ異例の寂しいものとなりました。

これには本人たちもけっこうびっくりしたようで、日本側がどういうプロモーションをしたのか、とマネージメントに訊かれました。ロビンの2005年の東京公演もそうでしたが、ファン層の認識とプロモーター側の認識にずれがあったことも原因ではないかと思います。

理由はいろいろと考えられ、ツアー終了後に新聞記事にもそのことが取り上げられたほどです。それについてはまた詳しく書きたいと思いますが、今日は15年ぶりの来日を果たした彼らに取材した「FM fan」誌の記事をご紹介します。これがけっこうひどいので、ファンが読むとあまり良い気分ではないと思うのですが、まあ、歴史のひとこまということで。

まず、取材する人は基本的にグループのメンバー構成ぐらいはいくらなんでも知っているべきでは、と思うのですが、それってないものねだり? モーリスが長男と記事中でもキャプションでも連呼されています。当然ながら年齢も間違っています(--;)。

more ...
 

クリス・エバートのチャリティでのバリー・ギブ・コンサート

Eメール 印刷

2019年11月23日、ボカラトン・リゾートでのバリー・ギブ

more ...
 

やっぱり「ステイン・アライヴ」は最強!

Eメール 印刷

いやあ、これはかわいっす。どんな名優も動物と子役には勝てないとか言いますが…。

more ...
 

生れ故郷マン島でビー・ジーズ像の建設計画

Eメール 印刷

BBC.comの記事より

a=

BBCニュース(オンライン版2019年11月8日付)が報じたところによれば、ビー・ジーズの生まれ故郷であるマン島のダグラスに彼らの像を建てる計画があるそうです。

上記のBBCサイトに掲載された計画段階での右の図案を見ればわかるように、この像はかの「ステイン・アライヴ」のビデオをもとにリズムに乗って歩く3人の姿をイメージしたもの。

像の製作にあたるアンドルー・エドワーズ氏は、リヴァプールにあるビートルズ像やシラ・ブラック像の作者でもあります。ビー・ジーズのギブ3兄弟が生まれたマン島ダグラス、そのシーフロントにあるロッホ・プロムナードへの設置が計画されているそうです。

more ...
 

ビー・ジーズの伝記映画続報

Eメール 印刷

The Hollywood Reporterの記事より

a=

ハリウッド・レポーター(オンライン版2019年11月11日)が報じたところによれば、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家アンソニー・マッカーテンが、既報のビー・ジーズのライフストーリーを描く映画の脚本を担当することになりました。

同記事によれば、ロンドンを本拠地としているマッカーテンは数ヶ月前に『ボヘミアン・ラプソディ』で組んだプロデューサーのグレアム・キングに誘われたということです。

more ...
 
  • «
  •  start 
  •  prev 
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10 
  •  next 
  •  end 
  • »