Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

[ English Section ]

 NEW! 7月6日発売『 Soundstage 1975』 1975年にアメリカで出演したテレビ番組音源のCD化。
NEW!7月13日発売RARITIES 1960-1968』初期のテレビ出演等の音源のCD化。
NEW! ブルーレイ・ディスク付きの限定盤(UICY-78822)『サタデー・ナイト・フィーバー40周年記念盤-オリジナル・ムービー・サウンドトラック-(Blu-ray Disc付)
NEW! 通常盤サウンドトラックCD(UICY-15743)
『サタデー・ナイト・フィーバー - オリジナル・ムービー・サウンドトラック

NEW!ザ・ベリー・ベスト・オブ・アンディ・ギブ』アンディのキャリアを俯瞰する最新ベスト・コレクション。

NEW! 円熟期のビー・ジーズの1989年の名ライヴがレストア版・リマスター音源で再登場!One for All Tour Live in Australia 1989 [Blu-ray] [輸入版]
NEW!『サタデー・ナイト・フィーバー』40周年記念デラックス・ボックス・セットついに登場 [CD2枚+LP2枚+BLURAY BOX] スペシャル・ブックレット等が付いています)

NEW! Please Don't Turn Out the Lights - Bee Gees第二世代のアーティストたちによるトリビュート・プロジェクトGibb Collectiveによる秀逸なカバー・アルバムです

NEW! タイムレス: オール・タイム・グレイテスト・ヒッツ

NEW! 『ザ・ビージーズ・アンソロジー 1963 -1966』 - オーストラリア時代の代表曲27曲をチョイス。リマスター、歌詞・解説付。

NEW!  『The Turning Tide』ー バリーがプロデュースしたPP・アーノルドの幻の名盤がついに登場! グラミー・スペシャル~ビー・ジーズ・トリビュート・ライヴ2017
(For New Zealand, South Africa, Europe, Asia and Brazil and the UK. Rights owner is CBSTV-VIDEO)

“逆の立場だったら弟たちに歌い続けてほしかったと思う。弟たちが僕に言う、「生きろ」と。「もう一緒にはいないけれど、何があっても生きろ、歌い続けろ。ある意味で今でも僕たちは一緒だ」と。僕は何か不思議な理由で、まだ生かされている。だから僕は生きる、歌い続ける” 
“僕が歌うとき、いつもそこには弟たちがいる”(バリー・ギブ、2016年)

悲しみに磨き抜かれた玉のような美しい歌の世界。バリー・ギブが私たちに言う、「生きろ。僕も生きる」と。

NEW Timeless: The All-Time Greatest Hits  
イン・ザ・ナウ
 バリー・ギブのソロアルバム 《日本盤のみBlu-spec CD2仕様》 発売中
In the Now [12インチ・アナログ盤] 輸入盤
In The Now - Deluxe (大震災後に日本に捧げられた幻の曲「Grey Ghost」を含む15曲入りのデラックス版
In The Now (「人生という旅」を歌って、生きる意味を問うバリー・ギブ渾身のニュー・ソロ・アルバム)
 
『イン・ザ・ナウ』発表記念バリー・ギブ、ファンとのQ&A(2016年8月)【日本語字幕入り】
“マイクに向かって立つと今でも弟たちの息遣いを感じます”

発売中 『Storytellers 1996
 (1996年11月にイギリスで初放送されたテレビショーのCD版が再登場)
発売中 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド オリジナル・サウンドトラック(紙ジャケット仕様)
発売中
 救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション
 (日本盤のみに歌詞カード付属―対訳付き

Saved By the Bell: Collected Works of Robin Gibb  (未発表の音源、レアな音源を網羅した1969-70年のロビン・ギブのソロ時代の集大成ともいえる3枚組ボックスセット ‐ あの黄金の声を再び!)<輸入盤>
発売中 ロビン・ギブのラスト・ソロアルバムフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ (日本盤だけのボーナストラック付き)
同上 米盤 50 St Catherine Drive  
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

このサイトはビージーズ・ファン(ファン歴合計〇百年)が力を合わせて運営しています。

Thanks: ソニー・ミュージック ジャパン Sony Music (Japan)
Thanks: ユニバーサル ミュージック ジャパン (Universal Music Japan)

Special thanks: Barry & Robin Gibb

 

 

今年もバリー&リンダ・ギブ夫妻がウィンブルドンに

Eメール 印刷

Embed from Getty Images

(「あっ、あそこの席だ!」――昨2017年のウィンブルドンでのバリー&リンダ夫妻)

バリーのマネージメントが当サイトに知らせてくださったところによれば、バリー&リンダ夫妻は今年もウィンブルドンの男子準決勝を観戦に行く予定だそうです。

more ...
 

サー・バリー・ギブ、チャリティに出席

Eメール 印刷

Embed from Getty Images

”サー・バリー・ギブ”が、このところ毎年恒例になりつつある初夏のロンドン滞在で、ノードフ・ロビンズのチャリティ・ランチに出席しました。写真はロンドンのザ・グロブナー・ハウス・ホテルに姿を見せたバリー。「待ち構えるカメラに〝イングランド”チームの野球帽を見せた」とキャプションにあります。黒で統一した中にキャップに使われた赤が効いていて、なかなかお洒落なバリーです。(ベスト・ドレサー賞をとったこともあるもんね!)

more ...
 

スペンサー・ギブのアルバムがいよいよ完成

Eメール 印刷

ジェダイの騎士みたいなスペンサー・ギブ
<クリックすると拡大されます>

a=

大雨や地震のニュースが列島を覆っていますが、皆さま、お元気でお過ごしでしょうか。

イギリスのサー・バリーも元気に活動していますが、今日はまずいろいろ動きのあったスペンサー・ギブの近況を。

実は武術の心得があって、宮本武蔵の『五輪書』を愛読しているというスペンサー、さてはこの写真は「ジェダイの騎士」に扮装しているのかな、と思って訊いてみたところ、これは単にフィンランド旅行中に氷上で撮られた一枚だそうです。寒かったので大きなフード付きコートを着ていたら、みんなに「オビ=ワン・ケノービみたい!」と言われたのだとか。

そんなスペンサーのニュー・アルバム『Let's Start Over』が完成し、6月19日(火)にはお披露目ライヴが彼の本拠地であるテキサス州オースティンで行われました。

more ...
 

サー・バリー・ギブは語る ―「今も弟たちの存在を感じます」

Eメール 印刷

これからもいつも一緒…(ITVニュース・サイトより)

a=

 バリー・ギブがナイトになったことで、ネットには“ナイト・フィーバー、ナイト・フィーバー(Knight fever, knight fever)”の歌声があふれていますが、中で初発だった記事のひとつ、バリーのインタビューを含むITVレポートオンライン版2018年6月26日付)の内容を以下に簡単にまとめてご紹介します。 

more ...
 

映画『サタデー・ナイト・フィーバー』に関する事実いろいろ

Eメール 印刷

このスーツ、黒いものになる予定だったとか

a=

アメリカ公開40周年を記念してMentalfloss.comに掲載された記事「映画『サタデー・ナイト・フィーバー』に関するびっくりするような14の事実」(オンライン版2017年12月17日付)。よく知られている事実もあれば、「へえ~」な事実もあります。

ので、以下に簡単にまとめてご紹介します。

more ...
 

おめでとう、サー・バリー・ギブ!

Eメール 印刷

おめでとう、サー・バリー・ギブ!

このところ毎年めでたい理由で6月のイギリスを訪れ、リンダ夫人を伴ったウィンブルドン観戦姿などでファンの目を楽しませてくれるバリーですが、今年のイギリス入りは特にめでたいものとなりました。

more ...
 
  • «
  •  start 
  •  prev 
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10 
  •  next 
  •  end 
  • »