Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
[ English Section ]

NEW予約受付中 ロビン・ギブのラスト・ソロアルバムフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ (日本盤だけのボーナストラック付き)
発売中  ビージーズの名盤5タイトル(’70年代初期の名作4枚を含むオリジナル紙ジャケシリーズ第2弾)
発売中 
ライブ音源・レアトラックを含む5枚組ボックスセット 
Warner Bros Years 1987-1991
発売中 ビージーズの名盤10タイトル(あの”オデッサ”や”ファースト”などがオリジナル紙ジャケで限定発売)
発売中 末弟アンディ・ギブ名盤4タイトルが再登場
発売中  Mythology (CDケース・バージョンで新登場!
発売中 Titanic Requiem (ロビンがクラシックに挑戦したアルバム(遺作となりました)・新曲「Don't Cry Alone」収録)  

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

このサイトはビージーズ・ファン(ファン歴合計〇百年)が力を合わせて運営しています。
Thanks: ワーナーミュージック・ジャパン(Warner Music Japan)
Special thanks: Barry & Robin Gibb 

 

 

お誕生日おめでとう! バリー・ギブ(68歳になりました)

Eメール 印刷

たまにはヒゲなしで…若き日のにこにこバリー

<クリックすると拡大されます>

9月1日はバリー・ギブの誕生日。1946年生まれですから、今日で68歳になりました。音楽と家族をこよなく愛し、「メンバーの中でただ独り残るということがなかったら、きっともうステージに戻ることもなかったと思う」という”リア充”な家庭人でもあるバリー。しかし世の中は彼の歌声を、彼の調べを、そして彼の才能を待っています。いつまでも元気で輝いていてほしいバリー・ギブ、お誕生日おめでとう!

more ...
 

ロビン・ギブ『フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ』先行予約開始

Eメール 印刷

自宅庭園でのロビン・ギブ(2010年10月7日)

<クリックすると全体の画像を見ることができます>

世事に追われているうちに8月が終わってしまいました(;_;)。いよいよ9月、イギリス、アメリカ、ヨーロッパ各国でロビンのソロアルバムが発売される月です。 

more ...
 

ロビン・ギブの家族がBBC出演、ソロアルバム発売等について語る

Eメール 印刷

ロビン・ギブのアルバムの9月発売を前に、2014年8月6日(水)午後、ドゥイーナ夫人とRJ・ギブはBBCのラジオ番組「Steve Wright In The Afternoon」に出演しました。収録は前日の8月5日です。約5分間の出演の内容はこれから約1週間、番組のホームページで聞くことができます。

more ...
 

ロビン・ギブのソロアルバム9月発売(日本盤は10月)

Eメール 印刷

 "50 St. Catherine's Drive" 9月に全世界で発売
写真提供: ワーナーミュージック
<クリックすると拡大されます>

ローリング・ストーン紙(オンライン版2014年7月30日付)が「アイ・アム・ザ・ワールド」(ニューバージョン)のストリーミングと一緒に「24時間独占先行」記事で発表した通り、ながらく発表が待たれていたロビン・ギブの最後の作品『50 St. Catherine's Drive (フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ)』がとうとう発売されることになりました。英米・ヨーロッパ等全世界で9月29日、日本では約1カ月遅れの10月22日の発売になります。「発表差し止め」だったオフィシャルプレスリリースが7月31日午後11時をもって”解禁”になりましたので、以下にアルバムの詳細をご紹介します。 

more ...
 

バリー・ギブ再びオーストラリアへ? ビージーズ遊歩道にアップグレード計画

Eメール 印刷

2013年2月のビージーズ遊歩道除幕記念絵葉書

Postcard commemorating the Bee Gees Way opening Feb. 2013

オーストラリアのcouriermail.com.au (オンライン版2014年7月29日付)が伝えたところによれば、ブリスベーン郊外レッドクリフの新しい観光名所として2013年2月に登場したビージーズ遊歩道がさらにアップグレードされ、今回もバリーが除幕式に登場するかもしれないということです。バリー自身がツイッターで「故郷のレッドクリフで素晴らしいことが起ころうとしている。また行くのが待ちきれない気持ちだ! アランとロバートに愛を」(7月29日付)と発言していますから、どうやら計画は本当に進んでいるようです。

more ...
 

ロビン・ギブと愛犬の物語

Eメール 印刷

 (ロビン・ギブ、プリベンダル邸にて、2010年)
写真提供:The estate of Robin Gibb
<全体を見るにはクリックしてください>

アイリッシュウルフハウンドのオリーはロビン・ギブの忠実な愛犬でした。ロビンが自宅にいるときには、いつも必ずロビンの近くにつき従っていました。入院中、ロビンは家に帰って2匹の犬たちオリーとミッシーと一緒に庭を散歩したいと切望していたそうです。オリーは今年はじめにまだそれほどの年齢でもないのに年上のミッシーより先に亡くなりました。今年のロビン関連のいろいろな計画について夫人と電話で話したときに、ロビンと愛犬の思い出にも話が及びました。それはこんな物語でした。

more ...
 
  • «
  •  start 
  •  prev 
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10 
  •  next 
  •  end 
  • »


Words

ハーモニーっていいよね。

モーリス・ギブ