Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home Archives Appearances 【2017年2月14日】ビー・ジーズ・トリビュート・ライヴ続報

【2017年2月14日】ビー・ジーズ・トリビュート・ライヴ続報

Eメール 印刷

「ステイン・アライヴ~ビー・ジーズ・トリビュート・ライブ~グラミー・スペシャル」の告知

以下にYouTubeにアップされたいろいろなパフォーマンスを拾ってみました。これは力演ぞろい!? あなたはどれがお好きですか?(むろん、バリーは別格として)

「傷心の日々」(ジョン・レジェンドwith スティーヴィー・ワンダー)
「恋のときめき」(ニック・ジョナス)

「失われた愛の世界(ペンタトニックス)

「恋のナイト・フィーバー」(DNCE)

「哀愁のトラジディ」(トリー・ケリー)
「ラヴ・サムバディ」(キース・アーバン)
「ロンリー・デイ」(パニック・アット・ザ・ディスコ)
「ステイン・アライヴ」メドレー(トリー・ケリー、デミ・ロヴァート、アンドラ・デイ、リトル・ビッグ・タウン)
「アイ・キャント・ハヴ・ユー」(デミ・ロヴァート)
「愛はきらめきの中に」(リトル・ビッグ・タウン)
「イモータリティ」(セリーヌ・ディオン)
「ステイン・アライヴ」(バリー・ギブ)
「ユー・シュッド・ビー・ダンシング」(バリー・ギブ)
バリーとジョン・トラボルタ

グラミー賞のときにメドレーを披露した若手アーティストはこっちの方が良かったような?
しかし、しかたないとはいえ、やっぱり「ベスト・ヒット」的な選曲ですね。バリーのミソロジー・ツアーの時のような「えー、こんな曲をこのアーティストが!!!」的な驚きを味わいたかったような気もします。エルトン・ジョンが歌う「素晴らしき夏」とか、メラニー・サフカ(彼女はまだ現役?)の「サー・ジェフリー」とか…そのほかいろいろ…。

{Bee Gees Days}

 

 

 

Words

ぼくが知っているモーリスはファンの誰も知らないモーリスです。

ロビン・ギブ