Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home Archives Appearances コンサート評:バリー・ギブinロンドン

コンサート評:バリー・ギブinロンドン

Eメール 印刷

ロンドンのO2アリーナでのバリー・ギブ(2013年10月3日)

<クリックすると拡大されます>
Barry Gibb at O2 Arena, London (October 3, 2013)

バリーのロンドン公演についてはすでにtoroさんがレポートしてくださいましたが、今回は同じ公演を見た英国の若いファンのレポートをお届けします。

バリー・ギブ、コンサート評(ロンドン、O2アリーナ)

バリーのコンサートについての個人的な感想です。


とにかく素晴らしかった! これはわたしにとって初めてのビージーズ関係のコンサートだったというだけでなく、実は初めてのコンサート体験でもありました。はじめからこんな経験ができたなんてほんとにすごい!
 

友だちがとても良い席をとってくれたので、なんと最前列。ステージ(バリー)にこれ以上ないというぐらいの近さでした! 良い席だとは聞いていたのですが、まさか最前列だとは思っていなかったので、まずこれがうれしい驚きでした。

中に入るとまず前座のネリーナ・パロットのステージが30~45分ほどありました。知らないアーティストでしたが、すてきな声で、特に Bennie and the Jetsがうれしくて、バリーの登場がますます楽しみになり、パワーがわいてきました(もちろん、すでにわくわくしていたのですが、ネリーナのステージにもすてきなウォーミングアップ効果がありました。とってもすてきな人でした)

ネリーナが姿を消したあと、Technicolour Dreamsの演奏がはじまりました。(バリーとデイヴィッド・イングリッシュが出るもので)わたしには初めてのビデオも上映されました。

これが終わるとバリーの登場です! バリーがステージに現れただけで、大きな大きな歓声があがりました。バリーがそこにいるというだけで、みんな本当に嬉しそうで、とてもすてきな光景でした。バリーの存在を心から喜び、愛している人たちがこんなにたくさんいて、自分もその場にいるんだと思うと心が熱くなりました。わたしのまわりには友だちや家族でビージーズが好きだといってくれる人が数人いる程度。同年代の友だちのほとんどはファンではありません。ネット上ではビージーズのファンと交流できましたが、実際にギブ兄弟を愛する人たちを目の当たりにしてその場を共有するのは初めての素晴らしい体験でした。

雰囲気も素晴らしかった! 生まれて初めての経験でした。エネルギーと熱意と情熱と…そして何よりもポジティブな気持ちが、いっせいにどっとあふれているという感じだったと言ったら良いでしょうか。悲しくしんみりした場面もあったけれど、同時にとても喜びに満ちた時間がそこにはありました。

最初の曲はJive Talkin'…続いて思い出の曲の数々が続きます。Every Christian Lion Hearted Man Will Show Youなど予想外の曲もありました。バリーはMorning of My LifeWith the Sun In My Eyesも歌いました。
I Started a Jokeには当然すごい反応がありました。ロビンの声を聞くのはほろ苦いと同時に不思議な気持ちでした。まるでロビンがそこに、ステージの上にいて、バリーのとなりに立っているように感じられました。コンサートを通じてそういう瞬間が何度もあったのですが、そのたびにバリーは何か楽しいコメントをしたり、もっとアップテンポの曲に移行したりして、雰囲気を明るくしてくれました。コンサートの間じゅう何度もバリーは弟たちのことを愛情をこめて語り、とてもリラックスしてくつろいだ雰囲気でした。まるで親しい友だちとしてバリーと一緒にお茶をしているような気持ちになれました。

個人的にはToo Much Heavenの紹介に特に感動し、心を打たれました。音楽をバックにバリーがUNICEFプロジェクトとの関わりを説明して、プロジェクトにかかわったビッグスターたちの名前を挙げたのです。個人的にはここで(プロジェクトに参加したアーティストのひとりとして)ジョン・デンバーの名前があがり、参加者のビデオがさっと流れたときにジョンの姿も見ることができたのがうれしい驚きでした。

バリーの声も素晴らしかったと思います。とにかく調子が良いという印象を受けました。それに観客から出るプラスのパワーがバリーにも影響していたような気がします。素晴らしい夜でした。喜びに満ちていると同時に哀しく、深い思いが感じられました。特に印象的だったのが”エネルギー”です。まるでお互いの高揚した気持ちがみんなに伝わっているようでした。きっと一晩中でもその場で踊って歓声をあげていられたんじゃないかという気がしました。眠るなんて、休むなんて、考えられないという感じでした!

心に響く素晴らしい時間でした。こんな経験なら毎週毎週でも大歓迎です! もしバリーのミソロジー・ツアーがこのあと他の国にも行くようなら、まだ見ていない人全員にぜひ行くようにとすすめたいです。どんな人にも必ず楽しめるコンサートです。

--Michelle

筆者は20代前半の若いファンですので、同世代にはあまりビージーズのファンがいないということです。でもこうやって新しい世代のファンも育っているのはうれしいですね。

Thanks: Michelle Gibson, United Kingdom

コメントはどびん本舗へお願いします

 

 

Words

(「ロビンのどこが好き?」と聞かれて)

話し方。

バリー・ギブ