Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home Archives Appearances シラ・ブラックが亡くなりました ― ビージーズとの思い出の一場面

シラ・ブラックが亡くなりました ― ビージーズとの思い出の一場面

Eメール 印刷

マイアミでビージーズに取材するシラ・ブラック(1995年)

1960年代から歌手として活躍し、パーソナリティとして自分のショーも持っていたシラ・ブラックが8月2日に72歳で亡くなりました。ギブ兄弟が子ども時代を過ごしたマンチェスターに近いリヴァプール出身で、ブライアン・エプスタインにマネージされていたことなどから、ビージーズとは彼らがイギリスに戻って以来、長いつきあいがあったようです。

シラとの共演というと、家族そろってのクリスマス特番などが有名ですが、ここでは1995年の『シラズ・ワールド(Cilla's World)』という番組の中でマイアミのビージーズに取材するシラの姿をご紹介します。ミドル・イヤー・スタジオでシラから『サイズ・イズント・エヴリシング』のゴールドディスクならぬチョコレート・ディスク(溶けそう?)を嬉しそうに受け取るビージーズですが、彼女のリクエストでいきなりアカペラで「ラヴ・サムバディ」を歌うところがすごい。(ちょっとバリーの負担が一番大きそうですが) イギリスから来たシラにマイアミを紹介するという趣向で、一緒に水上タクシーに乗るビージーズの姿なども見ることができます。

お互いにイギリス北部の出身ということもあり、その年の9月にビージーズがBBCラジオ1がらみのイベントとしてブラックプール(ランカシャー)の点灯式を行う話になると、モーリスが「子どものころから憧れていた役割だ」と語り、自然発生的にブラックプールのライティングの歌になるところなども微笑ましい。(点灯式の様子もYouTubeで見ることができます)

ここで楽しそうに話している4人のうち、バリー以外の3人がいまや故人というのは本当に信じられない思いです。今でもときどき「これが長い夢で覚めるといい」と思っている自分がいます。

コメントはBG Songsへお願いします

 

 

Words

夜中の三時にこっちが寝てるのに窓を叩くやつがいるなあと思ったら、マイケル・ジャクソンだった。

ロビン・ギブ