Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home Archives Articles ビージーズの新契約に関するキャピトル/ユニバーサル ミュージックによるプレスリリース【全文】

ビージーズの新契約に関するキャピトル/ユニバーサル ミュージックによるプレスリリース【全文】

Eメール 印刷

契約を報じるビルボード誌サイトの記事(2016年11月29日付)より

a=

既報の通り、ビージーズはユニバーサル ミュージックと契約を結びました。
プレスリリースの全文が届きましたので、先日の内容と重複する部分もありますが、以下に掲載いたします。

 

20161129

緊急発表

キャピトル・レコードは、ビー・ジーズと長期グローバル契約を締結、ビー・ジーズがレコーディングした音楽の伝説的なカタログ全体が対象

キャピトルはユニバーサル ミュージック エンタープライズ、バリー・ギブ、ならびにロビン・ギブおよびモーリス・ギブの遺族と連携して、ビー・ジーズの偉大なカタログの総合的マーケティング/販売キャンペーンを企画・実施する

 

ビー・ジーズはポピュラー音楽史上、世界指折りの売上と評価の高さを誇るバンド。このたび、キャピトル・レコードとグローバル規模の長期契約を締結した。この契約は、この伝説的なトリオがレコーディングした音楽のカタログ全体を対象としている。本日、キャピトル・ミュージック・グループ(CMG)の会長兼CEOスティーヴ・バーネットならびにビー・ジーズの創設メンバー、バリー・ギブによって発表が行われた。22枚のスタジオ・アルバム、ならびにメガ・セラーとなった『サタデー・ナイト・フィーバー』を含むサウンドトラック類に加えて、今回の契約には多数のコンピレーション・アルバム、未発表のレコーディング、長編オーディオ・ヴィジュアル・プロジェクトが含まれる。

キャピトルは、ユニバーサル ミュージック エンタープライズ(UMeバリー・ギブ、ならびに共同創設メンバーであるロビン・ギブとモーリス・ギブの遺族と連携して、ビー・ジーズの素晴らしいカタログを新たに輝かせるべく、大々的で先進的な販売/マーケティング・キャンペーンの数々を推進する。スティーヴ・バーネットの説明によれば、「ビー・ジーズのカタログは、レコード音楽史上でもっとも評価の高い、重要な作品群であり、その素晴らしさをファンのみなさんに改めて知っていただくとともに、彼らの音楽を新しい音楽ファンにも紹介して、ビー・ジーズのレガシーをさらに広めていきたいと、さまざまな企画をあたためている。ビー・ジーズがキャピトルを選んでくれたことを全社をあげて誇りに思う」。

バリー・ギブのコメントは、「今回の新契約をファミリーそろって喜んでいます。レコード業界最高のスタッフとアーティストの仲間に加えていただき、恐縮するばかりです。弟たちともこの体験を共有したかった」。

ユニバーサル ミュージック グループの会長兼CEO、サー・ルシアン・グレンジのコメントは、「バリー、ロビン、モーリスの音楽は成功したというだけでなく、彼らほど多様でタイムレスな作品群を生み出したアーティストは史上例を見ないと言ってもいい。比類ないビー・ジーズの音楽をユニバーサル ミュージック グループ ファミリーに迎えることができるのは喜ばしく、彼らの信じられないようなレガシーをさらに築く作業を楽しみにしている」。

ユニバーサル ミュージック エンタープライズの社長兼CEO、ブルース・レズニコフは、さらに、「ビー・ジーズの音楽は世界中の音楽ファンに愛されており、この素晴らしいレコード音楽のカタログに携われることを名誉に思う。彼らの比類ない作品を新たなファン層に紹介するとともに、長年のファン層にも喜んでいただけるようにしたい」。

…ビー・ジーズは1967年のヒット・シングル「ニュー・ヨーク炭鉱の悲劇」で世界の舞台に躍り出たあと、卓越したレコーディング・アーティストとして21世紀まで活躍を続け、最後のアルバム『ディス・イズ・ホエア・アイ・ケイム・イン』を2001年に発表。バリー、ロビン、モーリスのギブ三兄弟は全世界で22千万枚を超えるレコードを売り上げ、史上屈指の売り上げを誇るグループとしてゆるぎない地位を保っている。
 22枚のスタジオ・アルバム、多数のサウンドトラック(その中にはオリジナル・サウンドトラックとしては史上最大の売り上げを誇る『サタデー・ナイト・フィーバー』が含まれる)をレコーディングしたビー・ジーズは、影響力の大きな独特の3パート・ハーモニーを特徴に、数十曲の世界的ヒット・シングルを飛ばし、ポップ・カルチャーに貢献。ビルボード・ホット100チャートでナンバー・ワン9曲、トップ10には実に23曲を送り込み、『サタデー・ナイト・フィーバー』に使われた「愛はきらめきの中に」「恋のナイト・フィーバー」「ステイン・アライヴ」の他にも「傷心の日々」「ジョーク」「ワン」「ロンリー・デイ」「ワーズ」など数々の名曲を発表している。


…『サタデー・ナイト・フィーバー』のサウンドトラックは歴代アルバム中で屈指の売り上げと文化的意義の大きさを誇り、世界中で4000万枚以上を売り上げた。ここからビー・ジーズの世界的ヒット4曲が生まれた他、すでにヒットしていたビー・ジーズの「ジャイヴ・トーキン」「ユー・シュッド・ビー・ダンシング」も再ヒット。同アルバムは、文化的、芸術的、歴史的重要性を理由に、2013年に米国議会図書館のナショナル・レコーディング登記に登録され、半永久保存されている。

…無数にあるビー・ジーズの受賞歴から主なものを挙げると、グラミー賞8つ、アメリカン・ミュージック・アワード5つ、ブリット・アワード功労賞、ワールド・ミュージック・アワードのレジェンド・アワード等。ロックの殿堂、ソングライターの殿堂、ボーカル・グループの殿堂、ダンス・ミュージックの殿堂入り。ギブ三兄弟は2001年に大英帝国勲章を授与された。

(Thanks: Universal Music Japan)

 

 

 

Words

(「モーリスのどこが嫌い?」と聞かれて)

ドーナツを飲み物につけて食べるのがやだ。

ロビン・ギブ