Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home Archives Articles 【1977年8月】「アンディ・ギブ―ビー・ジーズの秘密兵器」(ティーンバッグ誌)

【1977年8月】「アンディ・ギブ―ビー・ジーズの秘密兵器」(ティーンバッグ誌)

Eメール 印刷

”ビー・ジーズの秘密兵器ーアンディ・ギブ”
(Teen Bag誌1977年8月)

<写真をクリックすると拡大されます>

a=

ちょうど「恋のときめき」がチャートを駆け上り始めたころ、大ブレイク直前のアンディと、これまた「フィーバー」直前のバリーのインタビューを1977 年夏のアメリカのティーン雑誌から

まだ映画『サタデー・ナイト・フィーバー』のタイトルも決まっておらず、歴史を作ることになる「ステイン・アライヴ」等の曲は「これから発表される」というところでした。まさに歴史の転換点直前の長文インタビューを以下に簡単にまとめてご紹介します。

 

ビー・ジーズの秘密兵器 アンディ・ギブ


「家は日が沈む側を向いてます」とビー・ジーズのバリー・ギブ。「今住んでいるのはマイアミ。ぼくにとって理想的な場所です。ビスケイン湾に面してテニスコートが数面とプールがあるすてきな家です。ここに引っ越してきたのは気候が気にいったから。オーストラリアのシドニーに9年間住んでいたので、海へ行く習慣がついてしまって。マイアミに住むようになって太陽がいっぱいの生活をしています」

兄弟みんながグループ一のハンサムと認めるバリー。結婚7年になる愛妻のリンダとフロリダに購入した新居について、電話で説明してくれたところです。バリーの話ではとっても大きな家なので、まだ部屋数を数え終わっていないのだとか!

電話インタビューの目的はビー・ジーズが関係する映画2本について聞くこと。1本はジョン・トラボルタ主演の『Tribal Rites of Saturday Night』(訳注:のちの『サタデー・ナイト・フィーバー』)。もう1本はピーター・フランプトン主演のロック大作『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』で、こちらにはビー・ジーズたち本人も出演する予定です。インタビューではこの2本の映画以外のこともいろいろと話題にのぼりました。とても楽しい会話で、ついつい笑ってしまうことも。ビー・ジーズのメンバーって面白い人たちなんです。

バリーの話では、バリー、ロビン、モーリスの三兄弟からなるビー・ジーズには実は秘密兵器があるのだそうです。その秘密兵器のお披露目が近いのだとか! いえいえ爆弾なんかじゃありませんよ。彼らの弟なんです! 名前はアンディ・ギブ。19歳のアンディはアルバムを出したばかりで、「恋のときめき(I Just Want to Be Your Everything)」がすでにヒット中です。この曲、もちろんバリーが書いてプロデュースしました。でもアルバムの曲の大半はアンディが自分で書きました。

アンディが音楽の道に進むことに決めてから、バリーともいっそう仲良くなったそうです。あとのふたりロビンとモーリスはふたごで、バリーより3歳年下。3人はいつも一緒でした。バリーは弟アンディの活躍が自慢の種で、アンディはアンディでビー・ジーズのファン・ナンバーワンだそうです。お互いにこれほど認め合っている家族なのですから、まさに要チェック。この2年あまり、ビー・ジーズの曲がチャートをにぎわせない週はなかったといっていいほどです。

1975年の『Main Course』からは「Nights On Broadway」「Jive Talkin’ 」「Fanny (Be Tender With My Love)」が大ヒット。昨年出た『Children of the World』からは「You Should Be Dancing」「Love So Right」「Boogie Child」。そして今、ビー・ジーズがトップ40から一時的に姿を消したと思ったら、代わりに弟アンディの登場です。

「ビー・ジーズがしていることにはすごく興味がありました。彼らの曲作りからは大いに刺激を受けました」 今春、ニューヨーク・シティで取材したときのアンディの言葉です。

子ども時代のアンディは兄さんたちとは年が離れすぎていたので、ぜんぜん別の暮らしをしていました。アンディが11歳ぐらいになって音楽に興味を持つまではお互いにあまりかかわることがなかったそうです。アンディは11歳で初めてのギターを手に入れたのでした。

一方、お兄さんたちの方はビートルズと肩を並べる勢いでロックの古典になるような名曲を連発。「ロンリー・デイ」「傷心の日々」「ホリデイ」「ニューヨーク炭鉱の悲劇」などの名曲の数々はいまでも大切なレパートリーとしてコンサートで歌われています。こんなヒットを連発する家族を持っていたのでは、アンディが14歳で学校をやめて音楽の世界に入ったのも当然といえば当然でしょうか。

当時、アンディの家族はスペインのイビサ島に住んでいました。陽光にめぐまれたビーチが美しい島です。

「一日中、水上スキーをしてました。ウォーター・スポーツが大好きなんです」とアンディ。アンディの髪はバリーの髪よりちょっと明るい砂色のブロンド。体重135ポンド(160ポンドのバリーにはちょっとかないませんね)、身長5フィート61/2。これに対してバリーは6フィート1インチの長身。ふたりとも目は茶色、そして好きな色も同じブルー。これはふたりとも海が大好きなせいかもしれませんね。

ただひとつ違うのは食べ物の趣味。アンディは自分でも認めるジャンクフード好きですが、バリーは食生活に関してとってもきまじめです。「ぼくはジャンクフード中毒っぽい」とアンディ。「ピザ・ハットとかケンタッキー・フライドチキンとかビッグマックとかスパゲッティとか、体によくないものばっかり好きなんだよね。でもベーコンと卵とか朝はしっかり食べるのが好きで、ステーキも好き」

ところがバリーはジャンクフードが大嫌いで、肉はぜんぜん食べないのだそうです。「ぼくも妻のリンダも肉はすっぱりやめました」とバリー。「1ヶ月前にベジタリアンになりました。失礼ながらアメリカの肉は加工されすぎていると思う。イギリスでもそうだけど、アメリカほどではないです。これじゃ体に悪いと思う」

取材時のアンディは胸元に赤い字でCriterior Studiosと書かれた白いTシャツ、ジーンズにスニーカーといういでたちでした。ホテルのスイートで座り心地のいいカウチに落ち着いて、話してくれたのは4年間を過ごしたイビサ島の思い出。当時、アンディは長年ビー・ジーズのマネージャー役を務めてきたご両親と一緒に暮らしていました。父親のヒューさんはビー・ジーズのライティング・ディレクターで、現在はオーストラリアに住んでいます。ご両親ともショービジネスの仕事をしていたのだそうです。お父さんはビッグバンドのドラマー、お母さんのバーバラさんはビッグバンドのシンガーでした。

アンディとのインタビューに同席してくれたのはハンサムなマネージャーのジム・デイリー。21歳のジムはブルーのスーツにピンクのシャツを着ていました。新婚1年のキムも同席していました。19歳でブロンドのキムはアンディとシドニーで出会ったのだそうです。インタビューの間中、アンディにそっと寄りそって、となりで手紙を書いたりしていました。

アンディが両親とスペインへ移り住んだのは13歳のとき。イギリスでは学校へ行っていたのですが、引っ越しを機会に止めて、結局それっきりになったそうです。学校は退屈で興味がわかなかったというアンディですが、話しているうちに別の理由が見えてきました。有名なビー・ジーズの弟であるというのは、楽しいことばかりではないのですね。学校友だちには妬む人も多くて、アンディは淋しい学校生活を送ったようです。

プライベート・スクールとパブリック・スクールの両方に行ったアンディですが「パブリック・スクールの方がプライベート・スクールよりは、ましでした。プライベート・スクールは最悪。すごく気取ったところで、金持ちの子どもばっかり。みんな『金なら余ってます』って顔をしていて、ぼくが何か言うと、そのたびに、『ビー・ジーズの弟』だからってひけらかしてるってとるんです。授業中に発言すると、『ビー・ジーズの弟だからってあんなこと言っちゃってさ』って感じ。

業界の人たちと話してみたら、その人たちの弟や妹も同じような目にあったって言ってました。けんかになれば必ずぼくにとばっちりが来るし、ひどいいじめでした。スペインに引っ越したときには、また学校へ行くつもりでいたんだけど、結局は戻らなかったんです」

アンディが女の子とデートしはじめたのもスペインに引っ越してから。ナイトクラブでミュージシャンとして働いていたので出会いの機会ならいっぱいあったそうです。イビサは観光地だったので、イギリスやヨーロッパから家族と休暇に来ている女の子が多かったんですね。だいたいひとりの女の子と4週間ぐらいつきあうと、その子の帰国時期になってしまったそうです。

イビサでのアンディの暮らしは、昼間は泳いだり水上スキーをしたりビーチで寝そべったりして、夜は週6日一晩中クラブで働くというもの。こんな暮らしが4年間続きました。

「ぼくぐらいの年頃の人間にとっては健康的な暮らしとはいえなかったけれど、満喫してました。夜の8時ごろにピアノバーで演奏を始めてね。バーの客は300人から400人ぐらい。夜中まで働いて、午前1時には別のクラブへ移動して、また遅くまで仕事する。ぼくの年代の人間にとってはあまりいい生活とはいえないですよね。ぼくはリズムギターとボーカルの担当。ときどき1週間の休暇がとれるとイギリスへ行きました。イギリス人はスペインで働いてはいけないので、ただ働きだったけれど、楽しみのため、それに経験を積むためだけにやっていたんです。両親と一緒に住んでたんだけど、本当に住みやすいところでした。海と太陽、それにきれいなビーチ…」

アンディのデートコースはナイトクラブとレストラン。英語の映画を上映する映画館はなかったので映画は見に行かなかったそうです。でも若いときに映画を見られなかった埋め合わせはそれ以来十分にしています。アンディもキムも映画やテレビを見るのが大好き。アンディはジョン・ウェインと亡くなったピーター・フィンチのファン。『Happy Days』や『The Odd Couple』のようなシチュエーション・コメディやコロンボやバレッタのような刑事物が好きだそうです。

バリーもテレビが大好きです。実は釣り以外ではテレビを見るのが一番好きで、「映画には行かない」そうです。「楽しみといえばテレビを見ることかな。Match Gameみたいなクイズ番組が好き」

この夏は、映画の仕事があるからビー・ジーズのツアーはありません。去年の彼らのニューヨーク公演を逃して本当に残念だったわ、とバリーに言うと「ありがとう」と本当に嬉しそうな声で言ってくれました。そんなこと言われたのは初めて、っていう感じの心のこもった声でしたけれど、実はそんなこと何百万回も言われてきたのだろうと思います。だってビー・ジーズは9歳のころからステージに立っているのですから。でもショー・ビジネスの世界がどんなに長くなっても、ファンに対する気持ちを忘れないのがビー・ジーズです。決してうぬぼれたり、威張ったりしません。

コンサートの前にはいまだに緊張する」とバリー。「20年前と比べてもちっとも慣れてきた気がしないなあ」

モーリスも最近の取材に応えて、いつもファンとの交流が大切だと思うと話しています。「ただレコードを作っているだけでファンの顔を見ないなんてダメだよ」と言うのです。「自分たちの姿を見てもらわなくちゃ。来て見てもらわなくちゃ。さもないとアーティストとして閉じこもってしまうことになる」

また、モーリスの話ではファンがロックバンドに抱くイメージは間違っていることが多いとか。ロックバンドのメンバーは世界中を旅行して、わがままの言い放題、好きなだけ寝坊してエキゾチックな食事をして、というイメージがあるけれど、実情はというと、ロックバンドの暮らしで一番「華やかな部分」は毎晩違う聴衆を相手に演奏するというそのことに尽きるそうです。

ビー・ジーズのリード・ボーカルであるロビンも「ぼくたち全員ツアーは好きだけど、3ヶ月間スーツケース暮らしで、ホテルからホテルへ移動して歩くのはいやなものだよ」と発言しています。

でもバリーの話では、来年(1978年)にはまたまた2ヶ月にわたるツアーが企画されているそうです。30歳のバリーと話してから、同じ質問をアンディにすると、それぞれの年齢と経験が答えに現れていてなかなか面白いものがありました。

ショー・ビジネスの世界に入ったとき、バリーは9歳、下のふたりロビンとモーリスは6歳でした。親に無理強いされたキャリアじゃないの、ってバリーに水を向けてみると、「いや、いや、ぼくたちの方が、やらせてくれって親に無理強いしたんだよ」という答えが返ってきました。一家そろってオーストラリアへ移住したわけですが、その後、バリーの話では「チャンスをつかむために、親を説得してイギリスへ戻った」のだそうです。

励ましてくれたり、ステージ・マナーや観客とのやりとりなど業界の秘訣を教えてくれたり、お父さんはいつも彼らの味方でした。オズモンズみたいね、ってわたしが言うと、バリーは「不潔なオズモンズだね」ってジョークを飛ばしました。

「ステージではくつろいでる」とバリー。「だってずっとやってきたことですからね。もう自分の一部です。ノッてるときにはリラックスしている。まさに水を得た魚という感じになっています」
ステージが人生の一部になっているという兄さんたちを見て育ったアンディも、当然、スターになることには抵抗がありません。バリーやモーリスやロビンみたいに有名になって成功したい、と率直に話してくれました。最初のレコードがもうチャート入りしてヒットの兆しがあるけどどう思う?
「ヒットするかもしれない、そう思うと嬉しいです。どうかそうなりますようにって祈っています。スターになりたいです。なれたらいいなって思ってます。自尊心の問題じゃないといえば嘘になる。だって自尊心の問題だからです。スターになれたら素晴らしいと思うんです」

昨年、アンディは自分のバンドを結成してベイ・シティ・ローラーズと一緒にオーストラリア公演をしました。

「ぼくの名前を書いた垂れ幕を持ったファンがいたんです。一列目にいた子たちなんかヒステリーみたいになって『触って!』『触って!』って叫んでるの。あんなに注目されるなんてすごい気持でした。でもローラーズの公演でけが人が出るのはちょっとね。集団ヒステリーみたいになるとどうしようもないものね。あれはいやだった。こわかったな」

アンディにはみんなの注目を集めたいという以外に、自分の音楽を認めてもらいたいという気持もあるそうです。ファンレターを出したい方はRSOレコード気付(ニューヨーク州ニューヨーク市セントラルパークウェスト135番地)で。アンディは時間さえあればファンと話すのが大好きです。別の形で知り合ってたら友だちになってたんだろうなと思うような人が、ファンには多いのだそうです。

アンディに言わせると、彼の音楽はビートルズとイーグルズを足して2で割り、ビー・ジーズの影響を加えたようなものなのだとか。アルバムの「ほとんどの曲がカントリーロック調」だそうですが、比べてみるとビー・ジーズのサウンドはこのところリズム&ブルース色を強めています。だからアンディはビー・ジーズをお手本にしながらも、きちんと自分の音楽性を持っているんですね。

好きなグループはといえば、「ABBAがいいなあ。きらめくようなハーモニーがあって、ぼくらの音楽と共通している。メローだったり深みがあったりはしないけど、きらめきがありますよね」。

アルバムでのアンディのボーカルは「ふるえるような高音」。ABBA以外で好きなのはカーペンターズ、ドゥービー・ブラザーズ、スティーリー・ダン、オズモンズなど。アルバムには美しいラブバラードだけでなくアップテンポのロックや「Let It Be Me」というアンディいわく「ブルーグラス・ファンクの曲」も入っています。

アンディのニューアルバムに加えてビー・ジーズのファンには映画『Tribal Rites of Saturday Night』用にビー・ジーズが書き下ろした5曲もまもなく発売されます。たぶん1枚のサントラにまとめた形で出るだろうということで、話してくれたバリー自身とても楽しみにしているようでした。中でも気にいっているのが「Stayin’ Alive」という曲だそうです。サビが「Feel the city breaking and everybody shaking and we’re staying alive」……聞いただけで、わくわくしちゃいますね。

「とてもダンサブルな曲なんだけど詩にも内容がある」とバリー。バリーは映画の題名も曲のタイトルから取って欲しかったそうです。「『サタデーナイト』ってもう使い古されたイメージだと思うんだけど。’Stayin’ Alive’ の方がちょっといいと思うんだけどなあ。『’Night Fever’ってタイトルは?』とも言ってみたんですよね。そのほかの曲は‘How Deep Is Your Love’ ’Night Fever’ ’If I Can’t Have You’ ’More Than A Woman’というタイトルです」

九月にはSgt. Pepperの撮影が始まってビー・ジーズは初めて映画出演することになります。バリーはそれも楽しみにしていました。すごく愉快なパロディだそうで、ビー・ジーズはペッパー軍曹のバンドに入っていた老人たちを演じて「Long And Winding Road」などビートルズの曲を披露します。イーグルスなど「大物ロックスターが勢ぞろいしたフィナーレ」はロック映画史上最大のものになるとか。

撮影入りする九月はバリーの誕生月でもあるので、「幸先がいい」とバリーは喜んでいました。もっとも、このところ、世の中はビー・ジーズと弟のアンディにとっては幸先のいいことばかりのようです。(実はギブ家にはもうひとり女の子がいます。ベリーといって12歳です)映画スターの仲間入りをするだけでなく、バリーはまたまたパパにもなろうとしているんです。愛妻リンダとの間にはすでに3歳になる息子のスティーヴンがいます。これはバリーにとっては二度目の結婚です。

「出会って10年、結婚して7年になります」とバリー。「今度の結婚は成功だと思います。ふたりともユーモアのセンスがあって、生活を楽しむタイプ。プレッシャーも感じないタイプで、ふたりともすごくリラックスしています」

バリーが話しながら窓ごしに庭を見ると、ちょうどスティーヴンがモーリスの息子のベビーサークルにのぼっているところでした。モーリスはイギリスに住んでいるけれど、ちょうどバリーを訪ねてきていて、近くアメリカに引っ越してくる計画もあるそうです。モーリスの息子のアダムは1歳。イギリスのサリー州に住んでいるロビンも2歳のメリッサと4歳のスペンサーというふたりの子どものパパです。「ビー・ジーズ全員が仲のいい家族なんだよ」とバリー。

インタビューしたときのアンディはイースターをバリーと過ごして帰ってきたばかりで、いろいろなエピソードを話してくれました。みんなすごくユーモアのセンスがあるんだけど、中でも一番おかしいのは絶対にモーリスだよ、ということです。「モーリスは『お休み』って言っといてから歩いていって壁に激突したり、みんなを笑わせてばかりいる」、アンディはそんな風に話してくれました。

一番活発で外交的なのはモーリス。バリーはすごーくゆったりしたタイプ。ロビンはものすごく冴えてて、とても静かなタイプ。でもその気になると、すごい。土曜日に釣りで遠出したんだけど、ぼくはシイラをつかまえたのにロビンなんかサメをつかまえたもんね! それも145ポンドぐらいあるやつ」

アンディに、「結婚生活はどう?」と聞いたら、ほんとにまじめに「素晴らしい」と答えてくれました。キムと出合ったのはふたりが家族と暮らしていたシドニーで。1ヶ月ですっかり親しくなり、一緒に映画に行ったり食事をしたりして離れがたい気持になりました。RSOレコードとの契約が持ち上がって渡米が本決まりになったときに、アンディとキムはずっと一緒にいたいからと結婚したのでした。ハネムーンはバミューダ。

「愛し合っているから結婚したかった」とアンディ。キムは言います。アンディを好きになったのは彼がミュージシャンだったからでも、ビー・ジーズの弟だったからでもないって。「彼を幸せにしてくれるものならわたしも好きです。彼はこの仕事が気にいっています。わたし自身は彼が何をしている人でも気持ちに変わりはなかったと思います」

アンディは実は物静かな人間で、物静かな女の子が好きだそうです。「ぼくにとって一番大切なのはその人が誠実であること」というアンディ。これはよくわかります。だってアンディ・ギブほど誠実な人って、わたしは見たことがないからです。

――キャロル・ローズ
(『Teen Bag』誌1977年8月号)

ティーン雑誌の記事というのは、ある意味、少女たちに夢を見せるために甘味料入りで書かれているので、この記事を鵜吞みにするのはある程度危険ではありますが、やはりこれは彼らのキャリアの中では穏やかな良い時期をとらえたインタビューに思えます。この数ヶ月後には彼らはフィーバーの渦中にいて、燃え盛り、本人たちがあとで言ったように、「白熱の中で消費されて燃えがらになる」ような体験をします。順風満帆に見えたRSOレコードの終焉も意外なほど近くまで迫っていました。アンディの結婚もこの後まもなく破綻してしまいます。「沈む日が見える」海沿いの家で話すバリーのシルエットが心に残るインタビューです。

{Bee Gees Days}

 

 

Words

(いろいろな場所で曲を書くけれど)トイレで書いた曲はそんなに多くありません。

バリー・ギブ