Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home Bee Gees in Japan
Bee Gees In Japan

ビージーズ「ただいまウォーミング・アップ中」1974年来日インタビュー

Eメール 印刷
ビージーズin Tokyo(1974年10月18日)
ビージーズin Tokyo (1974年10月18日)

37年前の今ごろ、ビージーズは彼らの歴史上でも最長の日本ツアーの真っ最中でした。

日本到着は1974年10月17日。翌10月18日には泊まっていたホテルでオープニングをつとめた日本のバンド、ベルも一緒に、写真撮影会と週刊FM誌の取材が、19日にはリハーサルと東京での初日公演(中野サンプラザ)が行われて、11月7日の札幌公演まで実に20日間にわたる日本公演の幕が切って落とされました。今となっては夢のような日程ですね。

more ...
 

1972年3月【初来日篇】(ビージーズのメッセージ)

Eメール 印刷
1972年日本公演パンフレット
1972年日本公演パンフレット

1972年3月初来日公演のパンフレットです。表紙右上にも写っているドラマーのジェフ・ブリッジフォードは直前に個人的な事情でグループを去っていたため、一緒の来日は実現しませんでした。

記者会見の席では、彼はビージーズのドラマーといっても以前のコリン・ピーターセンのように正式のメンバーではなく、セッションドラマー的な扱いだったのだと説明されていました。

ここでビージーズのメンバーによる初来日前のメッセージをご紹介します。

なにしろ古い音源ですので、音質もかなり劣化していますが、話者は順番にロビン、バリー、そしてジェフ、モーリスです。ジェフが入っている日本向けのメッセージはなかなか珍しいかもしれません。それだけ彼の離脱が突然の決断だったということでもあるのでしょう。

more ...
 

1972年3月【初来日篇】(その2)

Eメール 印刷

1972年のビージーズ初来日が大きな反響を呼んだことは、1年半後の1973年9月にふたたび今度は日本縦断ともいうべき大々的なツアーが組まれ たことからもわかります。もうひとつの”証拠”が初来日のステージ写真をジャケットに使用したシングルやEP(なつかしい言い方ですね)が続々と登場した ことでしょう。

more ...
 

1973年晩夏、ビージーズ二度目の来日≪その2≫

Eメール 印刷
日本の夏の暑さにたじたじ?のリハーサル風景
リハーサル風景

暦の上では秋とはいえ37年前も日本の9月は暑かった!

日本よりずっと緯度の高いイギリスから直接やって来たこの年のビージーズ。今年ほどの猛暑ではなかったとはいえ、やはり彼らにとっては衝撃的な暑さだったようで、新宿厚生年金会館での9月1日の初日公演を前に行われたリハーサルでは、ご覧のように超薄着スタイルも披露。

しかしトップの写真、バリーはしっかりカメラ目線で微笑んでいますが、ロビンとモーリスがなんとなく相似形であるところが笑えます。さすがふたご?!

ロビンは今となっては信じられないことですが、当時はかなりぽっちゃり型。この年に行われたアメリカ公演評でも「だいぶ出てきたお腹を隠そうとセーターを引っ張る姿が印象的だった」てなことを書かれています。なんでももともと食も体型も細かったロビンは、1971年のアメリカ公演中に倒れたあと生活習慣を改めて晩酌をするようにしたところ、食欲が増して体重が増えたということです。おそらく1973年はロビンの一生で一番ふっくらしていた時期にあたるのではないでしょうか。

more ...
 

ビージーズ二度目の来日―1973年≪その1≫

Eメール 印刷

9月はビージーズ・ファンにとっては思い出の多い月です。記憶に新しいところでは2005年9月にロビンが本人いわく「ソロアーティストではなく”ひとりビージーズ”として」アジアツアーの一環で駆け足来日。東京の国際フォーラムで一晩限りの公演を行っています。

そして今をさかのぼること実に37年前の今ごろ、バリー、ロビン、モーリスの3人は約2週間にわたる日本公演の真っ最中でした。

当時のポリドール株式会社の発表によれば、彼らは8月30日19時39分にBOAC850便で来日。前年の初来日時の武道館公演がテレビ放送された影響もあってか、空港では待ち受けたファンに熱狂的な歓迎を受けたということです。

主に女の子のファンが各地から押し寄せ、あまりの熱狂的ぶりにレコード会社が予定していた取材も取りやめざるを得ない状況だったとか。当時の彼らが一種アイドル的な人気でもあったことがよくわかりますね。実はこの日、ヒースロー空港で爆弾予告騒ぎがあり、その影響で彼らの飛行機の到着が大幅に遅れたことがファンの過熱をあおったという事情もあったようです。 

more ...
 


Words

他の人間になりたいと思うことはない。

バリー・ギブ