Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home Bee Gees in Japan 【1972年3月25日】44年前の今日-大阪フェスティバルホールでのビージーズ

【1972年3月25日】44年前の今日-大阪フェスティバルホールでのビージーズ

Eメール 印刷
大阪公演について報じる地方版コラム

 

a=

44年前の今日(25日)と明日(26日)、ビージーズは大阪フェスティバルホールでコンサートを行いました

その後、メディアに露出された写真のほとんどは東京公演あるいは東京滞在(主に記者会見)のもので、大阪公演の記事はほとんど見つからず、右に掲げたのがその稀有な例です。

ロビンの服装が東京と違いますので、写真も確かに大阪公演のもの。なぜか“アメリカから初来日したロック・グループ「ビー・ジーズ」”とありますが、「ロンリー・デイ」や「傷心の日々」が全米チャートを制覇したせいか、来日時の記事では一度ならず「アメリカのグループ」と紹介されていました。その後、彼らは拠点をアメリカに移しますが、この段階ではイギリスに住んでイギリスを主に活動していました。

記事の内容は、耳に手をあてて歌うロビンのスタイルに関するもので、「演歌の鶴田浩二を思い出す」ので、「二日とも聴衆の視線はもっぱらボーカルのロビン・ギブ(写真)に集まった」とあります。

とにかくビデオが一般に普及する以前でしたから、動いているビージーズというだけで珍しかったのですね。外タレ(とか言われてました)のコンサートもまだまだ珍しかったころです。

{Bee Gees Days}

 

Words

モーリスは本当に本当に愛された…特別に愛されたやつでした。

ロビン・ギブ(2003年1月15日、モーリスへの弔辞)