Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home Fans Events ベイシーズ五月ライブのお知らせ

ベイシーズ五月ライブのお知らせ

Eメール 印刷
ベイシーズ・ライブ(2011年8月)
ベイシーズ・ライブ(2011年8月)

逗子のトリビュートバンドBay Cees の野外ライブのお知らせです。

昨年と同様に逗子市役所横の亀岡八幡宮で行われる「逗子コミュニティ・パーク」に登場します。会場となる亀岡八幡宮についてはこちらをご覧ください。 

日時は、5月20日(日)、演奏開始予定は16:00です。去年は「Let There Be Love」が曲目に入っていましたが、今年はなんと!「Such A Shame」も演奏予定だということです。

目下の演奏予定曲は次の通りです。 

1    Melody Fair
2    First of May
3    To Love Somebody
4    Holiday
5    Massachusetts
6    I Started A Joke
7    Let There Be Love
8    I've Gotta Get A Message To You
9    World
10  Such a Shame
11   Lonely Days
12   I Have Decided to Join The Airforce

初期の曲をレパートリーにしているベイシーズですが、これは本当にどきどきするようなセットリストですね。可能な方はぜひぜひ!

オリジナル・メンバーのKiyoshiさん、Hiroshiさん、Atsushiさんに加えて、ゲストプレーヤー(Lead Guitar:Shinya、Keyboard:Mayumi、Bass:Naoki、Percussion:Osamu)を迎えた編成で演奏が行われます。野外イベントですので入場は無料です。

70年代に来日したロビンが「神社って何をするところなのか」と言っていたことがあります(東京の宿舎の近くに大きな神社があったそうです)が、「神社ってビージーズのトリビュートコンサートが行われるところなんですよ!」と教えてあげたかったですね。

メンバーの話では:

今回は、ゲストメンバーとの合わせがどうなるか楽しみです。オリジナルメンバーが 仕事等忙しく、合同の練習時間を取るのがなかなか十分にできないこともあり、オリ ジナルメンバーには、コーラスハーモニーにより専念できるようにしました。「Such a Shame」のグラスハーモニカのパートはリードギターで補う事にしました。

今回のバンドは、ゲストも頼んだので、3人でやるより、楽器演奏の面では、やはりバラエティが出ますし、演奏の質自体もアップしますね。ただし、新曲も多く、過去取り上げた曲も含めてゲスト・プレーヤー向けに鍵盤楽器のアレンジや新曲のコーラスアレンジ等譜面を書く労度が結構増えました。例えば Such a Shame、Let There Be Love、I Have Decided to Join the Airforce 等 、オペラの練習と仕事の合間に何とか間に合わせた次第です。何とかBEE GEESの曲目の素晴らしさが伝わるようにしたいと思っています。

ハーモニーを大切にしたいというベイシーズ、本当に楽しみですね。

また、前日にあたる5月19日(土)には、同じ場所でAtushiさんの企画で4年続けている野外オペラ劇場で、いよいよ『蝶々夫人』抜粋がとりあげられるそうです。興味のある方はこちらもぜひ!

5月19日(土)、15時40分開始予定でキャスト等は次の通りです。(Atsushiさんはシャープレス役です)

蝶々さん              山畑晴子
スズキ                  石橋佳子
ピンカートン       安藤英市
シャープレス       川上 敦
ピアノ                  鈴木架哉子

 コメントはどびん本舗へお願いします。

 

Words

ステージでは弟たちが隣にいると感じます…まだここにいると感じるんです。一番上のぼくがまだ生きているなんて信じられない。

 バリー・ギブ