Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home Fans Reports 【行ってきました!】ベイシーズ、ライブレポート

【行ってきました!】ベイシーズ、ライブレポート

Eメール 印刷
ベイシーズ・オンステージ(2011年5月14日)
ベイシーズ・オンステージ(2011年5月14日)

早くも初夏を思わせる湘南の日差しのもと、Bay Ceesが約30分にわたって、Bee Geesの初期ナンバ-7曲をカバーした。アコースティック・ギター、ベース、キーボードにゲスト参加のパーカッションというシンプルなバンド構成で、普段はそれぞれの音楽活動をしているとのことだが、Bee Geesの雰囲気は十分。

メインのボーカルは曲ごとに変わり、また1曲のなかでも変わったりする。みんなやっぱりメインで歌いたかった? そこに、「おっ」と言わせるハーモニーが重なっていく。なかでも「愛があるなら」は、知る人ぞ知る名曲だが、ライブでハーモニーを再現するのはかなり難しいはず。ばっちり決まっていたのは、さすがレパートリーに入れるだけのことはある。

また、「獄中の手紙」のオリジナル通りの格好いいベースには、観客もノリノリだった。

さほど広くない境内にミニ・ショップやテーブルが並ぶなかでの野外ステージが、音響面で不十分だったのは否めない。またBee Geesのせいか蜂も飛んでくるというハプニングもあったものの、楽しそうにBee Geesを歌いあげたBay Cees。次のステージが楽しみだ。

レポーター・やまちゃん

コメントはどびん本舗へお願いします。

 

Words

死にかけたことも何度もあるし、ぼくの人生って任天堂のゲームみたい。

ロビン・ギブ