Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

[ English Section ]

 

Spick And Span  ブートレグ『Live In Bern』でおなじみの1968年3月のスイス公演音源のCD化。フォーシーズンズのカバーなどもやっている若き5人組時代の溌剌とした演奏が聴けます。音はいまひとつですが、貴重な時代の証言としてファン必携!

12月5日発売のテイク・ザットオデッセイ~グレイテスト・ヒッツ』にはバリー・ギブが共演した「愛はきらめきの中に」のニュー・バージョンが!

Mrs Gillespies Refrigerator 60年代のBBCライブを中心に、ストックホルム音源も収録されています。

11月21日新版発売 活動50周年を記念して2009年に発売された“究極の”2枚組ベスト盤 アルティメイト・ベスト・オブ・ビー・ジーズ』ー新対訳・解説付。

7月6日発売『 Soundstage 1975』 1975年にアメリカで出演したテレビ番組音源のCD化。
7月13日発売RARITIES 1960-1968』初期のテレビ出演等の音源のCD化。
ブルーレイ・ディスク付きの限定盤(UICY-78822)『サタデー・ナイト・フィーバー40周年記念盤-オリジナル・ムービー・サウンドトラック-(Blu-ray Disc付)
通常盤サウンドトラックCD(UICY-15743)
『サタデー・ナイト・フィーバー - オリジナル・ムービー・サウンドトラック

ザ・ベリー・ベスト・オブ・アンディ・ギブ』アンディのキャリアを俯瞰する最新ベスト・コレクション。

円熟期のビー・ジーズの1989年の名ライヴがレストア版・リマスター音源で再登場!One for All Tour Live in Australia 1989 [Blu-ray] [輸入版]
『サタデー・ナイト・フィーバー』40周年記念デラックス・ボックス・セットついに登場 [CD2枚+LP2枚+BLURAY BOX] スペシャル・ブックレット等が付いています)

Please Don't Turn Out The Lights  - Bee Gees第二世代のアーティストたちによるトリビュート・プロジェクトGibb Collectiveによる秀逸なカバー・アルバムです

タイムレス: オール・タイム・グレイテスト・ヒッツ

『ザ・ビージーズ・アンソロジー 1963 -1966』 - オーストラリア時代の代表曲27曲をチョイス。リマスター、歌詞・解説付。

The Turning Tide』ー バリーがプロデュースしたPP・アーノルドの幻の名盤がついに登場! 

“逆の立場だったら弟たちに歌い続けてほしかったと思う。弟たちが僕に言う、「生きろ」と。「もう一緒にはいないけれど、何があっても生きろ、歌い続けろ。ある意味で今でも僕たちは一緒だ」と。僕は何か不思議な理由で、まだ生かされている。だから僕は生きる、歌い続ける” 
“僕が歌うとき、いつもそこには弟たちがいる”(バリー・ギブ、2016年)

悲しみに磨き抜かれた玉のような美しい歌の世界。バリー・ギブが私たちに言う、「生きろ。僕も生きる」と。

Timeless: The All-Time Greatest Hits  
イン・ザ・ナウ
 バリー・ギブのソロアルバム 《日本盤のみBlu-spec CD2仕様》 発売中
In the Now [12インチ・アナログ盤] 輸入盤
In The Now - Deluxe (大震災後に日本に捧げられた幻の曲「Grey Ghost」を含む15曲入りのデラックス版
In The Now (「人生という旅」を歌って、生きる意味を問うバリー・ギブ渾身のニュー・ソロ・アルバム)
メイキング・オブ・『イン・ザ・ナウ』(日本語字幕入り)

 
『イン・ザ・ナウ』発表記念バリー・ギブ、ファンとのQ&A(2016年8月)【日本語字幕入り】
“マイクに向かって立つと今でも弟たちの息遣いを感じます”

発売中 『Storytellers 1996
 (1996年11月にイギリスで初放送されたテレビショーのCD版が再登場)
発売中 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド オリジナル・サウンドトラック(紙ジャケット仕様)
発売中
 救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション
 (日本盤のみに歌詞カード付属―対訳付き

 

Saved By the Bell: Collected Works of Robin Gibb  (未発表の音源、レアな音源を網羅した1969-70年のロビン・ギブのソロ時代の集大成ともいえる3枚組ボックスセット ‐ あの黄金の声を再び!)<輸入盤>
発売中 ロビン・ギブのラスト・ソロアルバムフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ (日本盤だけのボーナストラック付き)
同上 米盤 50 St Catherine Drive  
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

このサイトはビージーズ・ファン(ファン歴合計〇百年)が力を合わせて運営しています。

Thanks: ソニー・ミュージック ジャパン Sony Music (Japan)
Thanks: ユニバーサル ミュージック ジャパン (Universal Music Japan)

Special thanks: Barry & Robin Gibb

 

 

映画『小さな恋のメロディ』のファッションチェック(その1)

Eメール 印刷

チェックのワンピースも色とりどり

a=

ご紹介が遅くなりましたが、Pen online(2019年6月12日付)に映画『小さな恋のメロディ』をファッション面からチェックするという興味深い企画が掲載されています。題して「『卒業』と『小さな恋のメロディ』にはファッションと音楽のネタがいっぱい」

何度目かのリバイバルの時だったか、朝日新聞の文化欄に「この作品が日本で特に愛されているのは、戦後世代にとっての《憧れの西洋》像があるからだろう」というようなコメントが書いてあったのですが、これはかなりあたっているのではないかと思います。金髪のダニエル君とライトブラウンの髪を逆光になびかせたメロディちゃんのふたりはすごく絵になっていましたし、クールでユーモラスで生意気で、どことなく陰のあるガキ大将のオーンショー君は少女マンガのヒーローみたいでした。

more ...
 

ビー・ジーズ、オーストラリアの巨大プールの思い出

Eメール 印刷

ABCネットのサイトより、若き日のビー・ジーズ


a=

若き日のビー・ジーズは…やっぱり普通の男の子たちだったというお話。

オーストラリアのABCネットの記事(オンライン版2019年9月14日付)が当時の模様を伝えています。この記事自体はビー・ジーズに関するものではなく、彼らが少年時代を過ごしたクイーンズランド南東部にあるヘリドン鉱泉の歴史を伝えるもの。ヘリドンには自然の鉱水を利用した巨大プールがあり、そこが保養地・観光地としてにぎわっていたのだそうです。

「当時のプールは巨大だった」という現地の人の発言が引用されていますが、なんと3,400平方メートルで、底が見えないぐらいの深さだったとか。海まで行かずに気軽に疑似海水浴が楽しめるリゾートとして60年代には家族連れの人気を集めたそうです。

more ...
 

『小さな恋のメロディ』10月の上映日程

Eメール 印刷

ユジク阿佐ヶ谷で上映中

a=

台風19号の被害はいまだに全貌がわからず、つらい思いで各地の被害状況を拝見しています。また、BGD運営者の安否を気遣ってご連絡をくださった方々、どうもありがとうございました。関東地方の中でも比較的影響が小さかったエリアに住んでいたせいで、さほど影響を受けずにすみました。被害にあった方々には心からお見舞いを申し上げるとともに、少しでも早い穏やかな日常への復帰をお祈りしています。

既報の通り、10月13日(日)の午前11時からすばる座のメモリアル上映に『小さな恋のメロディ』が登場予定でしたが、ちょうど台風が都内を通過した翌朝でしたので、上映は中止されました。また同時にユジク阿佐ヶ谷で開始された上映も12日、13日の上映とも中止されたということです。

more ...
 

『小さな恋のメロディ』10 月にはユジク阿佐ヶ谷で上映

Eメール 印刷

『小さな恋のメロディ』のヒットで
大人気になった主役のふたり

<クリックすると拡大画像が表示されます>

a=

この13日にスバル座のメモリアル上映に登場する『小さな恋のメロディ』。東京では同時にユジク阿佐ヶ谷での上映(10月13~25日)も始まります。

上映の詳細はこちらです。

1971年には映画の大ヒットで、主役のマーク・レスター、トレーシー・ハイド、それにジャック・ワイルドが日本でいろいろなメディアに取り上げられました。特にダニエル君とメロディちゃんコンビはひっぱりだこ。これは友だちに切り抜いてもらったものなので、今となっては掲載誌が不明なのですが、たぶん『マーガレット』あたりかと思います。

ロンドンのリッチモンド・パークで撮影されたというこの写真、メロディちゃんの方がダニエル君より大きい? たぶん、この年ごろは女の子の方が成長が早いので、一時的にメロディ役のトレーシー・ハイドの方が背が高かったのかもしれませんね。

more ...
 

【追悼】ジンジャー・ベイカー

Eメール 印刷

ジンジャー・ベイカー(ブラインド・フェイス)も出演したビー・ジーズのテレビ・コメディ『キューカンバー・キャッスル』(1970年)

クリーム、ブラインド・フェイス等のバンドで活躍したドラマーのジンジャー・ベイカーさんが80歳で亡くなられたそうです。ご冥福をお祈りいたします。

クリームとビー・ジーズは同じロバート・スティグウッドをマネージャーにいただいていたために交流があり、ブラインド・フェイスはバリーとモーリスのふたりだけだった時代のビー・ジーズのテレビ映画『キューカンバー・キャッスル』にもゲスト出演しています。(43分あたりからブラインド・フェイスのライヴ映像が見られます)

more ...
 

映画『小さな恋のメロディ』スバル座でメモリアル上映

Eメール 印刷

『小さな恋のメロディ』がスバル座でリバイバル上映された時の新聞広告

<クリックすると拡大画像が表示されます>

a=

10月13日、映画『小さな恋のメロディ』が有楽町スバル座で上映されます。

実はこの10月20日で日比谷/有楽町の老舗映画館スバル座が閉館することになったそうです(涙)。長い歴史のある映画館ですので、「メモリアル上映」と題してスバル座の歴史を飾った数々の名作、人気作が最後に上映されることになりました。トップバッターは『イージー・ライダー』でしたが、『小さな恋のメロディ』もラインアップに入っています

more ...
 
  • «
  •  start 
  •  prev 
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10 
  •  next 
  •  end 
  • »