Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

バリー・ギブ、今度はキース・アーバンとスタジオ入り?

Eメール 印刷

今度はキース・アーバンがスタジオでバリーと一緒だったと発言しました。

more ...
 

[ English Section ]

 

NEW!  Spick And Span  ブートレグ『Live In Bern』でおなじみの1968年3月のスイス公演音源のCD化。フォーシーズンズのカバーなどもやっている若き5人組時代の溌剌とした演奏が聴けます。音はいまひとつですが、貴重な時代の証言としてファン必携!

12月5日発売のテイク・ザットオデッセイ~グレイテスト・ヒッツ』にはバリー・ギブが共演した「愛はきらめきの中に」のニュー・バージョンが!

Mrs Gillespies Refrigerator 60年代のBBCライブを中心に、ストックホルム音源も収録されています。

NEW! 11月21日新版発売 活動50周年を記念して2009年に発売された“究極の”2枚組ベスト盤 アルティメイト・ベスト・オブ・ビー・ジーズ』ー新対訳・解説付。

7月6日発売『 Soundstage 1975』 1975年にアメリカで出演したテレビ番組音源のCD化。
7月13日発売RARITIES 1960-1968』初期のテレビ出演等の音源のCD化。
ブルーレイ・ディスク付きの限定盤(UICY-78822)『サタデー・ナイト・フィーバー40周年記念盤-オリジナル・ムービー・サウンドトラック-(Blu-ray Disc付)
NEW! 通常盤サウンドトラックCD(UICY-15743)
『サタデー・ナイト・フィーバー - オリジナル・ムービー・サウンドトラック

NEW!ザ・ベリー・ベスト・オブ・アンディ・ギブ』アンディのキャリアを俯瞰する最新ベスト・コレクション。

NEW! 円熟期のビー・ジーズの1989年の名ライヴがレストア版・リマスター音源で再登場!One for All Tour Live in Australia 1989 [Blu-ray] [輸入版]
NEW!『サタデー・ナイト・フィーバー』40周年記念デラックス・ボックス・セットついに登場 [CD2枚+LP2枚+BLURAY BOX] スペシャル・ブックレット等が付いています)

Please Don't Turn Out The Lights  - Bee Gees第二世代のアーティストたちによるトリビュート・プロジェクトGibb Collectiveによる秀逸なカバー・アルバムです

NEW! タイムレス: オール・タイム・グレイテスト・ヒッツ

NEW! 『ザ・ビージーズ・アンソロジー 1963 -1966』 - オーストラリア時代の代表曲27曲をチョイス。リマスター、歌詞・解説付。

NEW!  『The Turning Tide』ー バリーがプロデュースしたPP・アーノルドの幻の名盤がついに登場! グラミー・スペシャル~ビー・ジーズ・トリビュート・ライヴ2017
(For New Zealand, South Africa, Europe, Asia and Brazil and the UK. Rights owner is CBSTV-VIDEO)

“逆の立場だったら弟たちに歌い続けてほしかったと思う。弟たちが僕に言う、「生きろ」と。「もう一緒にはいないけれど、何があっても生きろ、歌い続けろ。ある意味で今でも僕たちは一緒だ」と。僕は何か不思議な理由で、まだ生かされている。だから僕は生きる、歌い続ける” 
“僕が歌うとき、いつもそこには弟たちがいる”(バリー・ギブ、2016年)

悲しみに磨き抜かれた玉のような美しい歌の世界。バリー・ギブが私たちに言う、「生きろ。僕も生きる」と。

NEW Timeless: The All-Time Greatest Hits  
イン・ザ・ナウ
 バリー・ギブのソロアルバム 《日本盤のみBlu-spec CD2仕様》 発売中
In the Now [12インチ・アナログ盤] 輸入盤
In The Now - Deluxe (大震災後に日本に捧げられた幻の曲「Grey Ghost」を含む15曲入りのデラックス版
In The Now (「人生という旅」を歌って、生きる意味を問うバリー・ギブ渾身のニュー・ソロ・アルバム)
 
『イン・ザ・ナウ』発表記念バリー・ギブ、ファンとのQ&A(2016年8月)【日本語字幕入り】
“マイクに向かって立つと今でも弟たちの息遣いを感じます”

発売中 『Storytellers 1996
 (1996年11月にイギリスで初放送されたテレビショーのCD版が再登場)
発売中 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド オリジナル・サウンドトラック(紙ジャケット仕様)
発売中
 救いの鐘~ロビン・ギブ・アーリー・ワークス・コレクション
 (日本盤のみに歌詞カード付属―対訳付き

Saved By the Bell: Collected Works of Robin Gibb  (未発表の音源、レアな音源を網羅した1969-70年のロビン・ギブのソロ時代の集大成ともいえる3枚組ボックスセット ‐ あの黄金の声を再び!)<輸入盤>
発売中 ロビン・ギブのラスト・ソロアルバムフィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ (日本盤だけのボーナストラック付き)
同上 米盤 50 St Catherine Drive  
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

このサイトはビージーズ・ファン(ファン歴合計〇百年)が力を合わせて運営しています。

Thanks: ソニー・ミュージック ジャパン Sony Music (Japan)
Thanks: ユニバーサル ミュージック ジャパン (Universal Music Japan)

Special thanks: Barry & Robin Gibb

 

 

バリー・ギブ、ジェイソン・イズベルとレコーディングか?

Eメール 印刷

バリーとのツーショット
ジェイソン・イズベルのInstagramより

a=

アメリカのオルタナティブ・カントリー系のシンガー・ソングライター、ジェイソン・イズベルが8月14日付けでInstagramにこんな投稿をしたので、世の中は大騒ぎ!

「今日、バリー・ギブと一緒に歌った。大変な名誉だけれど、おっそろしいことでもあった。だってバリー・ギブと一緒に歌うためには歌わなくちゃならない。バリー・ギブと一緒にだよ。おれがハイ・ハーモニーを担当したりもした。バリーがおれの目の前に立ってた。サー・バリー・ギブが」

 

 

more ...
 

サマンサ・ギブ、ロング・インタビュー(2019年3月)

Eメール 印刷

パパ・モーリスと一緒のあどけないサマンサ-Roxborogh Reportより

a=

 ニュージーランドの名音楽ジャーナリストでビー・ジーズの大ファンのティム・ロクスボロさんがサマンサ・ギブにロング・インタビューを敢行。サイト(Roxborogh Report 2019年3月7日付)に掲載された記事を執筆者のティムさんのご好意で全訳する許可をいただきましたので、以下にご紹介します。

・マイアミ発の兄弟デュオChase The Jaguarを強く推す理由
Gibb Collective第二弾アルバムはあり?
・マイアミから移り住んだオハイオでの暮らしぶり
・カバーしたいビー・ジーズの曲
・1979年に各国のチャートで1位を記録したビー・ジーズの大ヒット・アルバム『失われた愛の世界(Spirits Having Flown)』について
・90年代末のOne Night Onlyツアーでビー・ジーズーー伯父さんたちとお父さんーーと同行した思い出について
・数年前のMythologyツアーで伯父のバリーとステージに立った時のことについて

等々についてサマンサが率直に語りました。とても読み応えのある内容です。Timさんとサマンサに大感謝!

more ...
 

ここから始まったーービー・ジーズ「ジャイヴ・トーキン」を分析する

Eメール 印刷

「The Number Ones」より

a=

ビルボード・ホット100チャートで1位に輝いた曲を1958年から始めて現在まで順に辿るというオンラインの音楽レビューコラム「The Number Ones」が、2019年8月1日付でビー・ジーズの「ジャイヴ・トーキン」を取り上げました。

そう、「ジャイヴ・トーキン」は44年前の8月、つまり1975年8月に2週にわたってビルボード・チャート1位に輝いて、ビー・ジーズの「返り咲き」を告げたのです。

これはこの曲の歴史的意義に着目した、なかなか見事な面白いレビューなので、以下にざっとご紹介いたします。

more ...
 

【1979年8月】米誌より『ビー・ジーズ最大の1979年全米ツアーの舞台裏』

Eメール 印刷
People誌(1979年8月6日号)より
a=

今年はビー・ジーズのキャリア最大の全米ツアーSpiritsツアー40周年。

当時、アメリカの大衆誌『People』に掲載された記事「ビー・ジーズのツアー同行記」が同誌のサイトに掲載されていますので、以下に内容をざっとご紹介します。

何しろ、全米がFeverで燃え盛る中で満を持して敢行されたツアーでしたので、いろいろな意味で「ビー・ジーズ史上最大」でした。70年代末にBee Geesは何度もPeople誌のカバーストーリーに登場していますが、これがその中でももっとも有名な記事といえるのではないでしょうか。

more ...
 

《1968年米ティーン誌》「新米レポーターのビー・ジーズ突撃取材」

Eメール 印刷

68年のFlip誌より

<クリックすると拡大されます>

a=

60年代のビー・ジーズは本人たちの年齢からいっても、完全にティーンのアイドル。欧米のティーン雑誌にもいつも大きく取り上げられていました。

これは5人組だったころの若きビー・ジーズがアメリカに行ったとき、ティーン雑誌Flipに掲載された新米記者による初々しい取材記事です。でもあとでフロリダに移住しちゃうバリーの太陽好きとか、日本滞在中は日本語がわからないのにテレビばっかり見ていたロビンのテレビ好きとか、後年の彼らの面影はこの小さな記事からもしっかりとうかがうことができます。

 

more ...
 
  • «
  •  start 
  •  prev 
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10 
  •  next 
  •  end 
  • »