Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

お誕生日おめでとう、ヴィンス・メローニー!

Eメール 印刷

ヴィンスを祝福する(?)5人組時代のビー・ジーズ
(1967年)

<写真をクリックすると拡大されます>

a=

8月18日はビー・ジーズの元リード・ギタリスト、ヴィンス・メローニーの誕生日でした。少し遅くなってしまったけれどハッピー・バースデー・トゥ・ヴィンス・メローニー!

バリーより1つ上の1945年生れですから、今年で73 歳。でもビー・ジーズ時代からの音楽とギターへの情熱は変わらないようで、近年ではビー・ジーズのトリビュート・バンドと一緒に舞台に立ったりして古くからのファンを熱狂させていました。

誕生日にタイミングを合わせて入ってきたニュースでは、なんと、オーストラリア時代、つまりビー・ジーズ以前に率いていた彼のバンド、ザ・ヴィンス・メローニー・セクトを刷新、活動を開始するそうです! 

more ...
 

【アーカイヴ―1969年8月】「ロビン・ギブの現在」(英誌より)

Eメール 印刷

Fabulous 208誌1969年8月16日号の表紙
「ロビン・ギブの現在」

<クリックすると拡大されます>

a=

それにしても暑かった!(まだ過去形は早い??)ようやく少しだけ爽やかになってきて、ちょうどこのタイミングで出したかった記事を探していたら、別の記事が出てきたので、それをご紹介します。

このサイトでもたびたび取り上げてきたイギリスのティーン雑誌『Fabulous 208』。映画『小さな恋のメロディ』のメロディちゃんことトレイシー・ハイドも映画デビュー以前はこの雑誌の少女モデルをしていたとか。

当時のビー・ジーズ人気のすごさがわかるのは、この手のイギリスやヨーロッパの雑誌では彼らがしばしば単独で表紙を飾っていたこと。この『Fabulous 208』でも、グループとしてのビー・ジーズだけでなく、バリー、ロビン、モーリスのそれぞれが単独で何度も表紙を飾っています。これはちょうど49年前の8月16日号。当時ソロ活動を開始して意気軒昂だったロビンがカバー・ストーリーに登場しています。この記事(白黒2ページ)の内容を以下に簡単にご紹介します。 

more ...
 

売れ行き好調なビー・ジーズ【その1】

Eメール 印刷

目撃その1-山野楽器(銀座本店)のディスプレイ
(2018年8月)

<クリックすると拡大されます>

a=

『サタデー・ナイト・フィーバー』日本上陸40周年記念に発売されたビー・ジーズ関連のCD各種、好調な売れ行きだということです。嬉しいですね!

右の写真はファンの方が撮影して送ってくださった「売れてます!目撃情報その1」、撮影場所は山野楽器の銀座本店。8月11日付けで写真を送っていただきました。

山野楽器本店といえば、1972年初来日の際には来日記念ポスター(シングル「過ぎ去りし愛の夢(Don't Wanna Live Inside Myself)」のフォト・セッション時のもの)が店内にでかでかと張り出されていて、店内に足を踏み入れた途端に「おおっ!!!」と思ったのが、いまだに記憶に鮮やかに刻まれています。

more ...
 

『アルティメイト・ベスト・オブ・ビー・ジーズ』10月発売

Eメール 印刷

ビー・ジーズ“究極”の『アルティメイト・ベスト』

a=

ビー・ジーズ“究極”のベスト盤『アルティメイト・ベスト・オブ・ビー・ジーズのユニバーサルミュージック(ジャパン)版が今年実施されている『サタデー・ナイト・フィーバー』日本上陸40周年企画の一環として、この10月17日に再発売されます。

2枚組全41曲、日本のみのボーナス・トラックとして今回も「メロディ・フェア」が含まれます。現在、歌詞新訳等の作業が進行中です。

思えば、当サイトは2009年のビー・ジーズ50周年時に、ちょうどこの『アルティメイト』の旧版(ワーナー版)の発売にあわせて、ロビンのサポートを得て立ち上がりました。あれから9年の歳月が流れ、悲しいこと、つらいことが多々ありました…。しかし最後に残るのは結局は音楽であり、2009年版にティム・ライスが寄せた解説文にあるように、この2枚組には彼らの歌の力、音楽の力があふれています。今回はSHMーCD仕様というのも音質的に期待されるところです。

more ...
 

ビー・ジーズ関係の7月のリリース3枚!

Eメール 印刷

映画上陸40周年記念のリリース3種類
<クリックすると拡大されます>

a=

既報の通り、映画『サタデー・ナイト・フィーバー』の日本上陸40周年を記念して、今月7月11日に右の3枚のアルバムがUSM(ユニバーサルミュージック)ジャパンから発売されました。

右端の黄色い帯の盤が、サントラCDに映画のブルーレイ・ディスク付きの限定版。中央の黒い盤がサントラCDだけの版。それから見ればすぐにわかる通り、左側が今年発売された『ザ・ベリー・ベスト・オブ・アンディ・ギブ』の日本盤です。 

more ...
 

今年もバリー&リンダ・ギブ夫妻がウィンブルドンに

Eメール 印刷

Embed from Getty Images

(「あっ、あそこの席だ!」――昨2017年のウィンブルドンでのバリー&リンダ夫妻)

バリーのマネージメントが当サイトに知らせてくださったところによれば、バリー&リンダ夫妻は今年もウィンブルドンの男子準決勝を観戦に行く予定だそうです。

more ...
 

サー・バリー・ギブ、チャリティに出席

Eメール 印刷

Embed from Getty Images

”サー・バリー・ギブ”が、このところ毎年恒例になりつつある初夏のロンドン滞在で、ノードフ・ロビンズのチャリティ・ランチに出席しました。写真はロンドンのザ・グロブナー・ハウス・ホテルに姿を見せたバリー。「待ち構えるカメラに〝イングランド”チームの野球帽を見せた」とキャプションにあります。黒で統一した中にキャップに使われた赤が効いていて、なかなかお洒落なバリーです。(ベスト・ドレサー賞をとったこともあるもんね!)

more ...