Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

【追悼】ジンジャー・ベイカー

Eメール 印刷

ジンジャー・ベイカー(ブラインド・フェイス)も出演したビー・ジーズのテレビ・コメディ『キューカンバー・キャッスル』(1970年)

クリーム、ブラインド・フェイス等のバンドで活躍したドラマーのジンジャー・ベイカーさんが80歳で亡くなられたそうです。ご冥福をお祈りいたします。

クリームとビー・ジーズは同じロバート・スティグウッドをマネージャーにいただいていたために交流があり、ブラインド・フェイスはバリーとモーリスのふたりだけだった時代のビー・ジーズのテレビ映画『キューカンバー・キャッスル』にもゲスト出演しています。(43分あたりからブラインド・フェイスのライヴ映像が見られます)

more ...
 

映画『小さな恋のメロディ』スバル座でメモリアル上映

Eメール 印刷

『小さな恋のメロディ』がスバル座でリバイバル上映された時の新聞広告

<クリックすると拡大画像が表示されます>

a=

10月13日、映画『小さな恋のメロディ』が有楽町スバル座で上映されます。

実はこの10月20日で日比谷/有楽町の老舗映画館スバル座が閉館することになったそうです(涙)。長い歴史のある映画館ですので、「メモリアル上映」と題してスバル座の歴史を飾った数々の名作、人気作が最後に上映されることになりました。トップバッターは『イージー・ライダー』でしたが、『小さな恋のメロディ』もラインアップに入っています

more ...
 

バリー・ギブが書いたTG・シェパードの新曲「Midnight in Memphis」が発売されました

Eメール 印刷

T.G.シェパードのオフィシャル・サイトより
(バリ―、オリヴィア・ニュートン・ジョン、T.G.)
 

a=

夏バテからなかなか回復せず、いろいろと情報がたまっていますが、まずはバリーがタイトル・トラックを書いたT.G.シェパード待望のソロアルバム『Midnight in Memphis』が9月に発売されました。

タイトル・トラックとなった「Midnight in Memphis」はバリーが親しい友人であるT.G. シェパードのために書いた曲です。

more ...
 

【追悼】バリー・ギブのギタリストだったダン・ワーナーさんが亡くなりました

Eメール 印刷

マイアミ・ヘラルド紙の訃報記事より


a=

台風15号の影響に加え、猛暑、仕事等々に追われて、またなかなか更新できませんでした(深々っ)が、すでに大勢の方がご存じのように、バリーのバンドでギタリストを務めていたダン・ワーナーさんが去る9月4日に亡くなりました。

Billboard(オンライン版2019年9月5日付)等が伝えたところによれば、ワーナーさんは闘病中だったというわけでなく、いつものように仲間とギターを弾いていて亡くなったということです。

more ...
 

ビー・ジーズの劇場用映画に加えてロビン・ギブの伝記の出版計画が進行中です

Eメール 印刷

Mirror紙の記事より

a=

イギリスの大衆紙Mirror(オンライン版2019年8月17日)が報じたところによれば、ロビンが生前に執筆中だった自伝の出版計画が進行中だということです。

ロビンはテープを使った口述筆記の形で作業を進めており、日本語版の出版も希望してくれていたのですが、健康の悪化により、途中で作業の中断を余儀なくされました。非常に記憶力の良い人だったので、彼の語る幼少年期の記録などはとても貴重なものになったと思います。かなり長時間分のテープが残されたはずなので、ロビンが亡くなって1年ほど経ってからドゥイーナ夫人に現状を確認したところ、その段階ですでにテープ起こしの作業はすべて完了しているというお話でした。

more ...
 

Happy birthday, Sir Barry Gibb!

Eメール 印刷


Barry Gibb in Japan, September 1973

<クリックすると写真全体が表示されます>

a=

9月1日はバリー・ギブの73歳の誕生日です。お誕生日おめでとう、バリー!

最近また活動再開のニュースが伝わってくるバリー。いつまでも元気で活躍してほしいですね。

写真は1973年9月、日本でのバリー。この年バリーは27歳の誕生日を日本で迎え、誕生日当日には東京公演を行ったのでした。

もうひとつ「おめでとう!」だったのは、このとき同行していたリンダ夫人がおめでたで、初めて父親になる予定だったことです。

後年、この時代は彼らにとって「ヒットが出なかったどん底の時代」として回顧されることが多いのですが、『Life In A Tin Can』に加え、いまだに未発表の『A Kick In the Head Is Worth Eight In the Pants』と短期間に2枚の優れたアルバムを完成させ、高い創造性を維持していたのは周知の事実。私生活でも安定した幸せな時期だったという印象です。

来日時の模様についてはBee Gees in Japanの項にいろいろと記事がありますので、ご覧になってみてください。

more ...
 

《緊急!》ビー・ジーズ、カヴァーライヴのお知らせ

Eメール 印刷

いろいろと新着ニュースが入ってきているのですが、ちょっと急ぎの情報が入ったので緊急でお知らせします。

来る24日(今度の土曜日、サタデー・ナイト・ライヴ!)に錦糸町でビー・ジーズのカヴァー・ライヴが行われます。

日本最古のビー・ジーズ・カヴァー・バンドだったThe Beesのリーダー&ギター&ボーカリストだった村上さんとSpicks & Specksのギター&ボーカリストのnacciさんとギターの大野さんが組んで、今回はシンプルにギターと歌を聴かせるアコースティック系のライヴです。

詳細は次の通りです。

more ...