Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

【バリー・ギブ・インタビュー】映画『グリース』主題歌のデモが40年ぶりに発掘されました

Eメール 印刷

こちらも40周年…映画『グリース』の
オリヴィア・ニュートン ・ジョン・トラヴォルタ(<省エネ?)

a=

今日は5月1日。そう「若葉のころ」です。あの曲で印象的なのは、なんといっても「Don't ask me why, but time has passed us by」(なぜなんて聞かないで、時が流れ過ぎたんだ…)という部分ですが、時は流れ、映画『グリース』も40周年を迎えて、このほど、な、な、なんとバリーが歌う主題歌のデモも発掘されました!

少し古いニュースなのでご存じの方も多いと思いますが、エンターテインメント・ウィークリーの記事【映画『グリース』40周年に向けてバリー・ギブが長年行方不明だったデモ音源を公開】(Entertainment Weeklyオンライン版2018年4月20日付)の内容を簡単にまとめてご紹介します。

more ...
 

【1971年1 月】モーリス・ギブ短信その1

Eメール 印刷

新居の前のモーリス&ルル夫妻(当時)(1971年1月22日)
<クリックすると拡大されます>

a=

1971年初頭、当時の音楽雑誌(Music Life)に掲載されたモーリスと(当時の)ルル夫人のツーショット写真です。(来日公演の記事を紹介しようと当時の古いスクラップファイルを見ていて、なつかしかったのでご紹介します)

more ...
 

【72年3月】「歌いまくるバリー、ロビン、モーリス」(『週間FM』誌?掲載東京公演レビュー)

Eメール 印刷

初来日初日公演(1972年3月23日渋谷公会堂)のビー・ジーズ
<クリックすると拡大されます>

a=

これはたぶん『週間FM』(or『FM Fan』)からの切り抜きです。白黒2ページ見開きで、左側のページ(右掲)は渋谷公会堂の初日東京公演で愉快なポーズをとる三人。右のページは記者会見での三人の写真でした。

記事のタイトルは「歌いまくるバリー、ロビン、モーリス」。

more ...
 

【1972年3月】「The Bee Gees東京公演/かなり酔えた1時間」(音楽専科誌・コンサートレビュー)

Eメール 印刷

初来日初日公演(1972年3月23日渋谷公会堂)のビー・ジーズ
<クリックすると拡大されます>

a=

なかなかサイトを更新できないうちに4月も半ば…少しタイミングがずれましたが、1972年3月の初来日初日公演のレビューを当時の雑誌『音楽専科』から。

基本的にミーハー路線で売っていたアイドル誌みたいなノリの『ミュージック・ライフ』より、もうちょっとロック誌っぽかった(んじゃないかと思う)『音楽専科』に掲載されたこのレビュー、タイトルはちょっと斜めに構えて「東京公演/かなり酔えた1時間」。(かなり?というあたりが斜め?)でも白黒とはいえ、3ページのグラビアを組んでくれましたから、写真が芸術的(?)であまりピントがあってない点を割り引いても、掲載当時はやっぱり嬉しかったです。

more ...
 

Bee Geesのカバーライブが開催されます

Eメール 印刷

チケットは売り切れ間近です!
<クリックすると拡大されます>

a=

若葉のころも近い来る4月25日にビー・ジーズの本格的なカバーライブが行われます。

今回ご紹介するSongbirdsはこれまで何度かご紹介してきたSongbirdsとは、また別のユニットです。

もともと日本最古(!)のビー・ジーズのカバーバンドだったBees、長年活動してきたカバーバンドSpicks & Specks、村上バンドなどのメンバーが参加する本格的なライブ。バックにも錚々たる顔ぶれがそろいました。

more ...
 

【1972年3月ーコンサート・レビュー】「恋を運んできてくれたビージーズ!」(雑誌ノンノ1972年5月号から)

Eメール 印刷

武道館公演(1972年3月24日)での
ビー・ジーズ(雑誌non-noより)

<クリックすると記事全体が表示されます>

a=

早い桜とともに三月が走り過ぎていきました。三月中のアップには間に合いませんでしたが、46年前(!)、1972年3月に行われたビー・ジーズの初来日公演のレビュー記事をご紹介します

これが珍しい! 武道館公演(1972年3月24日)のレビューなんです。当時の記事がほとんど初日(3月23日)の渋谷公会堂公演に集中したことを考えると、これはかなり貴重。しかし写真が小さかったのは残念。ステージ右側から撮影したのでしょう。ロビンもモーリスも(かろうじて表情がわかるけれど)ピンボケです。

当時は2曲目の「ラヴ・サムバディ」からステージ狭しと踊りまくる(?)パフォーマンスを見せ、汗まみれになって、三つ揃いで決めていた上着を脱いで行ったロビン。そのロビンがすでに上着を脱いでいますから、これはコンサートもかなり佳境に入っているのでしょう。

more ...
 

【日本語訳詩】「You're Gonna Love Me Again」(スペンサー・ギブ)

Eメール 印刷

「You're Gonna Love Me Again」(オフィシャル・バージョン)

more ...