Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

【ビー・ジーズのカヴァー・ライヴ・イベントのお知らせ】その2

Eメール 印刷

12月4日に行われる2KMN limitedのライブの告知チラシ(町田まほろ座)

a=

続いて12月4日(火)には、2KMN limitedによるライヴがあります。

今年の春にSongbirdsとしてライヴを行なった彼らですが、ユニット名がもうひとつの Songbirdsとかぶってしまい、今回は2KMN limitedとユニット名を変更して登場しました。

ちょっと変わった名前ですが、これは実はメンバー全員のイニシャルを合わせたものだそうです。

more ...
 

【ビー・ジーズのカヴァー・ライヴ・イベントのお知らせ】その1

Eメール 印刷

「愛はきらめきの中に」―Songbirds (2016年5月)

more ...
 

スペンサー・ギブのアルバム関連グッズ販売のお知らせ

Eメール 印刷

スペンサー・ギブの日本語Tシャツ(アルバム・タイトルが日本語で入っています)

a=

ビー・ジーズ第二世代の中でも、一番精力的かつ個性的に音楽活動を展開してきたスペンサー・ギブ。その辺はあふれるインスピレーションの翼に乗って、ビー・ジーズの活動が静かな時には次々とソロ・プロジェクトに取り組んだお父さんのロビンに似ているのかもしれません。細身でアクティブなところも似ているでしょうか。

more ...
 

【ライヴイベントのお知らせ】70年代の洋楽ライヴにビー・ジーズの曲が登場します

Eメール 印刷

演奏中のレイナーディーン
<photo by しょこさん>

a=

ビージーズのあの名曲がカバーライブに登場します!

今年は多忙を極めてさまざまなニュースがたまってしまいました<(_ _)>…が、中でも鮮度が大切なライヴ・イベントのお知らせ(こればかりは期日が過ぎては意味をなさない情報ですしね!)がいくつかたまってしまいましたので、なんとか少しでも早くご報告せねば!…と思っております。

そこでまず、第一弾にあたるのが、来る11月17日(土)に行われるイベントのお知らせです。

70年代洋楽のコピーバンド-レイナーディーン ライブ!

以前にもライヴで「メロディ・フェア」を取り上げてくださった実績のあるバンド、レイナ―ディーンから、「今回ひさしぶりにビー・ジーズの曲を取り上げますので、ファンの方はぜひ!」とご連絡をいただきました。

more ...
 

【2018年10月―ミラー紙】ビー・ジーズの伝記映画プロジェクトの進行について

Eメール 印刷

ミラー紙の記事より(2018年10月6日付)

a=

英国の大衆紙ミラーの新着記事オンライン版2018年10月6日付)で、ビー・ジーズのライフストーリー映画の話題が取り上げられています。

スピルバーグなども映画化に関心を示してきたビー・ジーズのライフストーリー。舞台化される、ミュージカルになる、等々といわれていますが、ドゥイーナ夫人がBMIアワーズで取材に応えて語ったところによれば、現在ハリウッドで映画化する企画が進行中だということです。

以下に記事の内容を夫人の発言を中心に簡単にまとめてご紹介します。

more ...
 

バリー・ギブ、テイク・ザットと共演か

Eメール 印刷

The Sun紙のサイトより(2018年9月29日付)

a=

英国の大衆紙ザ・サン(The Sun)が報じたところによれば(オンライン版2018年9月29日付)、バリー・ギブがBBCワンのテイク・ザット・スペシャルにゲスト出演する予定だということです。

同紙が報じたところによれば、BBCワンは、ボーイ・バンド中のボーイ・バンドともいわれるテイク・ザットの30周年を記念して1時間もののテレビ・スペシャルを年内に放送予定。ゲイリー・バーロウ、マーク・オーエン、ハワード・ドナルドに加え、ロビー・ウィリアムズも出演が予定されていますが、少し前から噂に浮上したのが、「5番目のメンバー」(というのは、もちろん冗談で、スペシャル・ゲスト!)としてバリー・ギブも登場するというニュースです。

more ...
 

【2014年6月】バリー・ギブのハリウッド・ボウル公演レポート

Eメール 印刷

おなじみ、Oneのポーズをとるバリー
(2014年6月4 日、ハリウッド・ボウルにて)

<クリックすると拡大されます>

a=

2014年6月4日、バリー・ギブはミソロジー・ツアー(アメリカ)最後の会場となったロサンジェルスのハリウッド・ボウルでコンサートを行いました。既報の通り、日本からもたくさんのファンが太平洋を飛び越えて応援にかけつけました。

そんなファンの方のひとりが、思い出に残るコンサートについて臨場感あふれるレポートを書いてくださいましたのでご紹介いたします。

more ...