Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

映画『小さな恋のメロディ』全国でロードショー中

Eメール 印刷

『小さな恋のメロディ』ロードショー公開中

a=

雨の季節になりましたが、初夏の雨や若葉のイメージと切り離せない映画『小さな恋のメロディ』が、現在東京で3週間の期間限定ロードショー中です。この後、順次全国で公開予定! 今年の夏は大画面で「メロディ・フェア」や「若葉のころ」が聴ける!

オフィシャルサイトはこちら

音楽が愛された青春映画ということで、サイモンとガーファンクルの名曲が流れる『卒業』と同時上映ですが、各回入れ替え制ということなので、いわゆる2本立てではない模様。関連情報はこちらをご覧ください。

more ...
 

【1978年12月】ロビン・ギブCO-ED誌インタビュー

Eメール 印刷

CO-ED誌1978年12月号より

<クリックすると全体が表示されます>

a=

アメリカの雑誌『CO-ED』(1978年12月号)に掲載されたロビンの短いインタビュー

ニューヨークのディスク・ジョッキー、アリソン・スティールが移動中のロビンを空港でつかまえて取材したと書かれています。CO-EDはその雑誌名からもわかるようにアメリカのティーン雑誌です。CO-EDというのは日本風に言えば「女学生」でしょうか。「女学生の友(ジョトモ)」アメリカ版という感じ? 今風ならJKあたりでしょうか。

more ...
 

【1979年5月】米Feature誌アルバムレビュー『失われた愛の世界』

Eメール 印刷

Feature誌1979年5月号より

<クリックすると全体が表示されます>

a=

今年はアルバム『失われた愛の世界(Spirits Having Flown)』発表40周年。そこでFeverの頂点にいたビー・ジーズを取り巻く状況を知る意味でも、各誌(紙)にとりあげられたアルバム・レビューをシリーズでご紹介していますが、これは米Feature誌1979年5月号に掲載されたアルバム・レビューです。なかなかの力作なので、以下にざっとまとめてご紹介いたします。

more ...
 

【1978年8月】Circus誌インタビュー「”ステイン・アライヴ(生き残る)”のは簡単だ」

Eメール 印刷

Circus誌1978年8月3日号より

<クリックすると全体が表示されます>

a=

1978年夏、まさに燃え盛るFeverの渦中にいたバリー・ギブのインタビューをポップス・ロックのバイウィークリー誌『Circus』(1978年8月3日号)からご紹介します。

ちなみにこの号のカバー・ストーリーはボブ・シーガーとブルース・スプリングスティーン、「ワーキング・クラスのロッカーたち」の特集でした。17頁には最近バリーの曲「Seven Waves Away」を歌ったボニー・タイラーの記事も載っています。ちょうど「It's A Heartache」が流行っていたころなのですね。

バリーのインタビューはカバーストーリーでこそありませんが、「独占インタビュー」ということで、表紙(カバー)右上にバリーの小さな写真が掲載されて、「バリー・ギブ、頂点での暮らしについて語る」と書かれていますから、注目の記事であったことは間違いありません。(だけど今見るとこの雑誌1冊たった1ドルなんですよね。ああ、もっと何冊も買っておけばよかったぜ!)

more ...
 

毎日があなたを思う記念日です

Eメール 印刷

”In our eyes you'll always be”

Robin Gibb in Japan, September 1973

Robin Gibb - In our eyes you'll always be

BeeGeesのロビン・ギブが世を去ったのは日本時間で5月21日。2012年、若葉のころの金環食の朝でした。2003年に亡くなったふたごの弟モーリスについて、「命日なんてない。毎日毎日がモーリスを思う記念日だ」と語ったロビンの言葉はそのまま私たちの気持ちでもあります。

{Bee Gees Days}

 

 

ビー・ジーズ・カバー・ライヴのお知らせ

Eメール 印刷

ライヴは5月18日(土)です!
<写真をクリックすると拡大されます>

a=

季節はまさに「若葉のころ」。道を歩いていてさざめく木の葉と日の光に、「傷心の日々」の2番の出だしや映画『小さな恋のメロディ』のダニエル君とメロディちゃんの光あふれる初デート・シーンを思い出します。

そんな季節にぴったりのビー・ジーズのカバー・ライヴのお知らせです。会場は横浜の新子安にある“Live & Cafe しぇり”です。JR新子安駅からのアクセスマップは右掲のフライヤーに記載されていますので、拡大してご確認ください。

これまでも青葉の風、Songbirdsなどのユニットでビー・ジーズのカバーを歌ってきたメンバーが、今回はユニット名もSongbirds ♊ として登場します。

ご予約・お問い合わせは「新子安しぇりる」(045-228-8707)(email: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください )まで。当日券あり。 

more ...
 

若葉のころにぴったりの緑あふれるサマンサ・ギブの「アースデイ」ソング

Eメール 印刷

サマンサ・ギブの「アースデイ(Earth Day)」

4月22日はアースデイ2019でした。これを記念して、サマンサ・ギブが音楽上のパートナーであるラズ・ロドリゲスと一緒に製作した「アースデイ」の音楽ビデオをご紹介します。

more ...