Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

バリー・ギブ、オーストラリアの功労賞を受賞

Eメール 印刷

ハリウッドで開催されたG’Dayで受賞、喜びを語るバリー(2011年1月22日)

シドニー・モーニング・ヘラルド紙などが報じたところによると、全米11都市で開催された恒例のオーストラリアウィークのハイライトとして、去る1月22日(土)にハリウッドで開催されたG'Dayボールにバリーが出席、その優れた音楽上の業績に対して功労賞を受賞しました。 

more ...
 

あれから8年…モーリス・ギブを偲んで

Eメール 印刷
ピアノの前で一服(1973年9月、東京にて)
ピアノの前で一服(1973年9月、東京にて)

8年の時が流れ、「ロック音楽史における今日という日」についてのサイト(Gibson.com)に2011年1月12日付けでこんな記事が掲載されました。

ビージーズのメンバー中では「静かな男」と言われていたモーリスだが、2003年のこの日、彼が亡くなったことで、音楽史上でもっとも息の長い人気を誇ったグループのひとつが永遠の静けさに閉ざされることになった。残ったバリーとロビンは、その後、何度か一緒にステージには立ったが、モーリスがいないいま二度と元通りではありえない…それは誰もが認めるところだろう。

more ...
 

ロビン・ギブのBBCインタビュー【続報】

Eメール 印刷
「今のポップシーンはカラオケ状態ですね…」
「今のポップシーンはカラオケ状態ですね…」

BBC Worldで今週流れている30分のインタビュー番組「Hardtalk」にロビン・ギブが出演していることはすでにお伝えしました(こちらをご参照ください)が、番組の一部がBBCのサイトで視聴できるようになりました。リンクはこちらです。

more ...
 

訳詞コーナー:『ギヴ・ユア・ベスト』

Eメール 印刷
友だちにベストを捧げよう…
友だちにすべてを捧げよう…

映画『小さな恋のメロディ』に使われた曲を登場順にご紹介していたはずが、どうしたことか、「ギヴ・ユア・ベスト」を飛ばして先に「ラヴ・サムバディ」に行ってしまいました。すみません、すみません…。(どびん本舗で誤りを指摘してくださったサニー・ジムさん、ありがとうございました(平身低頭))。

学校帰りのバス停でダニエル君を誘って繁華街のウエストエンドに繰り出したオーンショー君。走り出したバスの座席に、解放感に包まれたふたりがおさまりかえると、喧騒の背後にかすかに歌の出だしのセリフ部分が聞こえてきます。

この「ギヴ・ユア・ベスト」は「メロディ・フェア」「若葉のころ」と同じくビージーズの1969年のアルバム『オデッサ』に収められている、フィドルやバンジョーを使ったカントリーフレーバー豊かな曲です。 

more ...
 

ロビン・ギブ、BBCのインタビュー番組に登場

Eメール 印刷
BBCの辛口インタビュー番組に登場したロビン
BBCの辛口インタビュー番組に登場したロビン=

あけましておめでとうございます。2011年が健康で充実した平和な一年となりますように。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

元旦には親しい友人を集めて自宅でパーティを開いたというロビン・ギブですが、体調もすっかり回復し、今年もいろいろと計画しているということですのでとても楽しみですね。

そのロビンが昨年の12月17日に録画したBBCテレビの30分のインタビュー番組「Hardtalk」が1月3日にイギリスで放送されました。

BBCの再放送リンクには残念ながら日本からはアクセスできませんが、ロビンのオフィシャルサイト情報によれば、日本でも見られるBBC World放送では「午前零時半、午前6時半、午後1時半、午後6時半」の時間帯に今週いっぱい再放送されているということですのでケーブル放送などで見られる方はご覧になってください。 

more ...
 

ロビン・ギブ、誕生日を前に健康を語る

Eメール 印刷

手術直前、ベルギーのRimplerockで"How Deep Is Your Love"を歌うロビン(2010年8月14日)

ロビンがDaily Express紙の取材に応えて8月の手術について語りました。同紙のオンライン版(2010年12月21日)に掲載された記事を簡単にご紹介します。

上にYouTubeのリンクを掲げたベルギーでのコンサートの最中にすでに腹痛が始まっていたそうです。(その前のドイツ公演のときから、ステージを見たファンの間では「ロビンの様子が変だった」という噂が飛び交っていました)

その段階ではまだたいした痛みではなく、無事にコンサートも終えることができたので、「すぐ直るだろう」というぐらいの気持ちだったそうです。けれども「モーリスのことが頭のどこかにあったので」ベルギー滞在中と帰英後に二度にわたって検査をうけたとか。ところが特に悪いところも見つからないのに「翌日には痛みが悪化」するという事態に。

more ...
 

61歳になったロビンからのメッセージ

Eメール 印刷

ほほ笑みを絶やさないで………

ほほ笑みを絶やさないで………=

2010年12月22日、今日でロビンはめでたく61歳になりました。おめでとう、ロビン&モーリス!

ちょうど誕生日を祝うように新作ドキュメンタリー『イン・アワ・オウン・タイム~ビー・ジーズ・ストーリー』の日本盤も発売されました。皆さんのお手元にはもう届いたでしょうか。

そして61歳を目前にロンドンのスタジオでレコーディング中だったロビンからBee Gees Daysに日本のファンのためのメッセージが届きましたのでご紹介します。

標題には「61歳になった」と書きましたが、時差を考えると本当は「60歳ライフの残りもカウントダウンに入った」ロビンから、という感じでしょうか。これを読んでいただく段階ではもうロビンは晴れて61歳ですね。

幸多い健康な一年となりますように。

more ...