Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

訳詞コーナー: 「想い出を胸に」

Eメール 印刷

「想い出を胸に」はロビンがソロとしてグループを離れていた時代のビージーズの曲。

1968年末、音楽性の違いを理由にギタリストのヴィンス・メローニーが去り、5人組ビージーズの時代は終わりを告げます。振り返ってみれば5人組の時代はわずか2年ほどしかないのですが、いまだにこの時代のビージーズの音楽を別格視(別格聴?)する人も多いようです。おそらく(私も含め)ほとんどの完熟(あ~、オールドとも言いますかね(^^)ファンが5人組時代に初めてビージーズの音楽と出会ったからではないでしょうか。

ヴィンスが去ったのは、もっとブルース系の音楽を追求したいという彼の希望を他のメンバーも認めた上での“別れ”で、仲たがいではなかったと衆目が一致するところです。しかし1969年の3月にはロビンがソロの道を選び、8月にはドラマーのコリン・ピーターセンが(当時のマネージャーだったロバート・スティグウッドの意向でクビになるという本人の意向に反する形で)去りました。ついにはThe Bee Geesという複数形を維持するぎりぎりのところまで追い込まれた状態で発表されたのがこの「想い出を胸に」です。

日本盤シングルのジャケットにはレコーディング時のメンバーだったコリンも写っています。けれどもこの曲が日本でシングルとして発売される前に1969年末にはバリーがグループの終焉宣言を出し、タイミングとしては、「想い出を胸に」というタイトルが感じさせるとおり、ビージーズがひとつの時代を振り返りながらファンに送る別れの曲のようになってしまいました。

けれども1970年の夏にはロビンのソロアルバム「救いの鐘(Robin's Reign)」が、続いてバリーとモーリスのふたりBee Gees(かろうじて複数形(^^)v)をジャケットにした美しいバラードのアルバム「キューカンバー・キャッスル」が、あいついで登場。ファンにとっては幸せな「夏と秋の間」になったのでした。

more ...
 

ロビン・ギブ、ガーディアン紙と一問一答

Eメール 印刷

夏にはベルギー、ドイツ、オランダでの公演が予定されているロビン。「2010年の活動予定」で取り上げたときにはまだまだ先の話のように思われたドイツ(マインツ)でのフリーコンサート出演まであと1週間を切りました。

秋以降はニュージーランド、オーストラリア、さらに12月には南米公演が計画されて、相変わらず活発に活動を続けるロビンですが、この週末は英国のガーディアン紙オンライン版7月31日号の「Q&A」コーナーに登場しました。

これはガーディアン紙のウィークエンド版に毎週掲載されている有名人を対象にした一問一答シリーズです。以下にロビンのなかなかユーモラスな受け答えを簡単にご紹介いたします。

more ...
 

ロビン・ギブon「クイズ・ミリオネア」

Eメール 印刷

「クイズ・ミリオネア」(Who Wants To Be A Millionaire)は昨年のアカデミー賞受賞作品「スラムドッグ・ミリオネア」にも登場した人気クイズ番組。日本にもありますね。

4択問題12 問に正解すると100万ポンドがあたります。途中、「50:50」(4択を2択に絞り込む)、「友だちに電話」(して聞く)、「観客に聞く」という3つのライフライン(救済策)をそれぞれ1度ずつ使うことができて、これをどううまく使うかもポイントのひとつ。また、徐々に賞金額があがっていったら、どの辺で「勝負を捨てて安全策に走るか」「イチかバチか行くか」など、回答者側の駆け引きも見ものの番組です。

ロビンは2010年5月4日にBBCで放送されたこれの「チャリティスペシャル」版に登場。収録は昨年の暮れに行われました。

番組の「トリ」として登場したロビンの相棒はディスク・ジョッキーで友人のマイク・リード。勝ち取った賞金はチャリティの対象としてふたりが選んだ子どものためのホスピス「シューティング・スター」に贈られます。さて、ロビンの戦績は?

more ...
 

バリー・ギブ、ベストドレッサー賞受賞≪1969年7月12日≫

Eメール 印刷

ちょうど41年前の今日、1969年7月12日にバリー・ギブがラジオ・ルクセンブルグなどが主催した「ベスト・ドレッサー・オブ・ジ・イヤー(もっともセンスの良い服装をしたポップスター)」賞を受賞。当時のロンドンのファッションの中心地であったカーナビ―・ストリートで授賞式が行われました。

このときの様子をWPA Film Libraryで動画で見ることができます。警官まで出動するすごい人だかりに当時のバリーとビージーズの人気ぶりがうかがえますね。

more ...
 

サマンサ・ギブとカーテルinエジンバラ

Eメール 印刷

「サマンサ・ギブのバンド、初のイギリスツアー」(既報)でもお伝えしたように、モーリスの愛娘サマンサさんがひきいるバンドSamantha Gibb and the Cartelは6月にイギリス縦断コンサートツアーを行いました。

6月12日、エジンバラのVoodoo Roomsに出演した彼らの演奏を見た現地のファンのレポートをお届けします。

more ...
 

訳詞コーナー:「ジングル・ジャングル」

Eメール 印刷

「ジングル・ジャングル」もオーストラリア時代のビージーズの曲です。1966年の夏、シドニーの郊外にあったセント・クレア・スタジオで、エンジニアとしてオシー・バーンの手を借りて録音されました。

オシーはもともとビージーズのファンだったということで、彼らに協力を惜しまず、それまできちんとしたスタジオ作業とは無縁だったビージーズにシドニー郊外のハーツビルに所有していたレコーディング・スタジオを提供。自由に使用させて、若きギブ3兄弟の才能の開花を助けたのです。

彼らの初めての大ヒットで、コンサートでのレパートリーとしても定着している「スピックス・アンド・スペックス」もオシーの助力を得てこのスタジオでレコーディングされました。

more ...
 

ドジャースタジアムを湧かせたビージーズの七夕コンサート≪79年7月≫

Eメール 印刷

31年前、七夕の夜に行われた歴史に残るビージーズのLA公演のお話です。31年前も7月は暑かった! 

これはロサンジェルスタイムズ紙1979年7月9日(月)号に掲載された記事です。おりしもビージーズはフィーバーのただ中、キャリア中最大ともいわれるSpirits Having Flownツアーの真っ最中でした。

この記事は7月7日(土)にドジャースタジアムで行われたコンサートの模様を伝えています。

more ...