Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

訳詞コーナー:『ラヴ・サムバディ』

Eメール 印刷
ぼくが君を愛するように…
ぼくが君を愛するように…=

ご要望に応えて映画『小さな恋のメロディ』に使われた曲を映画に登場した順番に取り上げていますが、三番目の『ラヴ・サムバディ』は記念すべきビージーズの日本デビューシングル(1967年11月)でもありました。

すでに伝説化している話ですが、この曲はもともとオーティス・レディングのために書かれたもので、オーティスが不慮の飛行機事故で他界したためにこの夢の組み合わせが実現しなかったとのこと。これについては異論もあるようですが、作者であるバリー&ロビン・ギブ自身もあちこちでそう発言しています。1967年春にニューヨークでバリーがオーティス・レディングと会ったあとに彼をイメージして書かれたということです。

オーストラリアでレコードデビューを飾ったビージーズが国際スターを目指してイギリスへ渡ったあと、国際デビュー曲となったのが鳴りもの入りで発売された『ニューヨーク炭鉱の悲劇』でした。続いて発売された2枚目のシングルが『ラヴ・サムバディ』。日本ではこの順番が逆になって、事実上の日本上陸作がこの『ラヴ・サムバディ』になりました。

この時期のシングルについては、1970年代初頭のインタビューでモーリスが面白いエピソードを語っています。なんでもイギリス進出について人に占ってもらったところ、「1枚目のシングルは大ヒットはしないけれど、スターとしての地位を確立してくれるだろう。2枚目のシングルはヒットはしないが大勢にカバーされるだろう。3枚目が最初のナンバーワンになるだろう」と予言されたのだそうです。それぞれ『ニューヨーク炭鉱の悲劇』『ラヴ・サムバディ』『マサチューセッツ』にあたるのだ、とモーリスが解説しています。話を面白くする名人だったモーリスの発言ではありますが、うーん、なかなか不思議…。

more ...
 

訳詞コーナー:『メロディ・フェア』

Eメール 印刷
窓辺のあの娘は誰だろう…;
窓辺のあの娘は誰だろう…;=

『小さな恋のメロディ』のヒロインのテーマともいうべき『メロディ・フェア』は、日本では映画の大ヒットを受け、シングルとして大ヒットした曲です。

そして1971年に映画とサントラが大ヒットしたおかげで、1972年3月、トラファルガー・ツアーの一環としてオーストラリア方面から北上したビージーズは初の日本公演を果たしてくれました。

コンサートでは、当然、『メロディ・フェア』も歌われましたが、当初、この曲を歌ってほしいという日本側からの申し入れにバリーは難色を示したそうです。もともと予定に入っていなかった曲ですから、完璧主義者で知られるバリーとしては出来栄えに不満があったのでしょう。

しかしなんといっても前年チャートトップを独占し続けた大ヒット、この曲抜きでの日本公演は考えられませんでしたから、バリーも日本のファンのために折れてくれたそうです。そんなわけで、生で『メロディ・フェア』を聞くことができた日本のビージーズ・ファンは幸せ者ですね。

more ...
 

訳詞コーナー:『イン・ザ・モーニング』

Eメール 印刷
朝が来て 月が眠るとき…
朝が来て 月が眠るとき…=

ロンドンの街は明け染めようとしてまだ暗く、テムズ川に浮かぶ引き船も霧の中にけだるく眠っています。どこかで鐘が遠く響き、光が差し始めた空に鳥が一羽。

そしてカメラが次第に上がると、やがてこの北の街の全景が俯瞰ショットに浮かび上がって、そこに美術の時間に子どもが水彩絵の具をしみこませた筆で書いたような、手書き風に赤く踊るMelodyの文字。ご存じ、映画『小さな恋のメロディ』の忘れられないオープニングシーンです。

製作者であるデヴィッド・パットナム氏と夫人の出会いをもとに作られた自伝的映画とはいっても、数々のエピソードはビージーズの曲を元にイメージされたということなので、この『イン・ザ・モーニング』の中にも、有名なプロポーズの場面を思わせる砂の城作りのモチーフなどがちりばめられています。何よりもたぶん映画そのものを朝の場面で始めるという発想は、この歌と切り離せないものだったろうと思われます。

『Morning of My Life』とも呼ばれるこの曲は、タイトル通り、人生の朝にあたる子ども時代を歌って、まさに人生の朝の物語であるこの映画にふさわしいテーマ曲でした。「理想化された子ども時代の肖像」ともいわれる美しい詩には、初恋と孤独のイメージも歌い込まれ、これから始まる物語の見事な「予告」になっています。

more ...
 

共演者が語るビージーズの思い出

Eメール 印刷
トラファルガー・ツアーで来日したときのビージーズ
トラファルガー・ツアーで来日したときのビージーズ=

オーストラリア出身のミュージシャンで、キーボーディスト、ソングライターとして活躍してきたブライアン・カッドが自伝『From This Side Of Things』を発表しました(この本はCaddのオフィシャルサイトから直接注文できます)。

カッドは1972年のビージーズのいわゆる“トラファルガー・ツアー”のオーストラリアでの日程に、ラッセル・モリス・バンドの一員として同行した経験の持ち主で、この自伝の中でもバリー、ロビン、モーリスの思い出を語っています。

ビージーズのバックバンドやパーソナルマネージャーのディック・アシュビーともすっかり仲良くなって、イギリスに戻るときにはロンドンへ来いよって誘われた。一緒にツアーをするだけじゃなくて、みんなでグループを組んでレコーディングする話もあったんだよ。魅力的な誘いだったなあ。

…というカッドがプロとしてのビージーズを絶賛する適確で温かい描写も印象的ですが、やはり一緒に仕事をし、ツアーの中で長い時間を共有した者として語る人間ビージーズの肖像にも興味深いものがあります。特にモーリスの人柄をほうふつさせるエピソードが語られていますので、簡単にご紹介します。

more ...
 

BOXセット『Mythology』紹介

Eメール 印刷
ギブ家の紋章がデザインされています
ギブ家の紋章がデザインされています=

ビージーズ結成50年記念の4枚組BOXセット『MYTHOLOGY』。(1959年にBee Geesという名前で活動を始め、2009年に50周年を向かえました) 発売が1年延期になり、ついに私達のところへ届きました(~_~)

Bee Gees(BG's)の由来であるBrothers Gibb、バリーロビンモーリス、そして生きていたらビージーズに加入していたであろう末弟アンディ、それぞれにスポットを当てた構成となっています。
 
バリーとロビンが監修とプロデュース。選曲にはバリー、ロビンに加え、モーリスの奥様イヴォンヌさん、アンディの娘ピータさんがあたったそうです。
 
ハードカバー本のような作りのCDジャケット。かっこいいなあ。
ミソロジー、日本語で神話という意味ですね。
表紙はギブ家の紋章なんだそうです。
中を開くと、たくさんの家族写真が(~_~)
モーリス、アンディへの追悼メッセージに涙、涙(T_T)

他にも、ロバート・スティグウッド、ジョージ・マーティン、クリフ・リチャード、エルトン・ジョン、デイビッド・フォスター、オリビア・ニュートン・ジョン、セリーヌ・ディオンなどなど豪華アーティストからのメッセージが掲載されています。 

 

more ...
 

ロビン・ギブ、南米公演をキャンセル

Eメール 印刷
11月20日、ベイルート公演でのロビン
11月20日、ベイルート公演でのロビン=

12月の第2週以降に予定されていたロビンの南米(ブラジル)公演が急きょキャンセルされました。

今回キャンセルされたのは次の3公演です。

12月6日 (サンパウロ)
12月9日 (クリティ―バ)
12月10日 (ポルト・アレグレ)

地元メディアが伝えたところによると、「12月1日に緊急の膵臓手術を受けたため」ということですが、まだ正式発表はないものの、これは事実ではないそうです。(あ~、びっくりした)

more ...
 

『Mythology』ボックスセットのレビュー(米誌より)

Eメール 印刷
「ヒット曲はもちろん素晴らしいし…」
「ヒット曲はもちろん素晴らしいし…」=

アメリカの権威ある総合誌「The Nation」のオンライン版にビージーズの『Mythology』と『In Our Own Time』評が掲載されましたので、以下に簡単に内容をまとめてご紹介します。

ビージーズの新しいボックスセット『Mythology』のアプローチはなかなか面白い。4枚のディスクでギブ4兄弟それぞれの代表的なボーカルを 別々にまとめてある。ぱっと見てすぐわかるのがモーリスはヒット曲を歌っていなかったこと。で、聴いてみるとわかるのは、モーリスの声は一番ビージーズっぽくな くて、ビブラートだってあんまりかかってなくて、“Trafalgar”とか“It's Just the Way”とかすごくいい作品があること。ディスク4のアンディ・ギブもなかなかだ。“I Just Want To Be Your Everything”や“Shadow Dancing"のような曲は今聴いても新鮮で、“Starlight”なんか兄貴たちのビッグヒットに優るとも劣らない。 

more ...