Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

「若葉のころ」(Robin & G4篇)

Eメール 印刷

ロビンとイギリスの若手グループG4のコラボレーションによる「若葉のころ」。スタジオ版も出ていますが、こちらは2005年6月5日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで録画されたライブ版です。

直後に行われた香港公演でもロビンは「若葉のころ」を「バリーに捧げる」と前置きして歌っていました。2005年9月の日本公演でも歌っていましたね。 

more ...
 

「若葉のころ」(Maurice&Lulu篇)

Eメール 印刷

「若葉のころ(First of May)」はギブ三兄弟それぞれのリードボーカルで発表されている数少ない曲のひとつです(あるいは唯一の曲かもしれません)。

こちらは2002年5月に放送されたテレビ番組「An Audience with Lulu」からモーリスとルルのデュエットです。

more ...
 

「若葉のころ」(Barry篇)

Eメール 印刷

当時22歳だったバリーの圧倒的なボーカルが光り輝くような「若葉のころ」、ABC放送の「Tom Jones Show」にゲスト出演したときの映像です。これは2003年、モーリスの死後、NHK衛星で放送された追悼番組「Bee Gees Forever」からとられたものです。 

more ...
 

「若葉のころ」(Melody篇)

Eメール 印刷


1971年6月26日に有楽町のニュー東宝で初公開され、あれよあれよという間にロングランになった映画「小さな恋のメロディ」。パステルで書かれた手書き文字風のタイトルもやさしいイメージにぴったりでした。 

more ...
 

「若葉のころ」のビージーズ

Eメール 印刷

今のビージーズが立派に枝葉を茂らせ、豊かに実をつけた美しい大木だとするなら、これはまだ「若葉のころ」のビージーズ。「若葉のころ」に歌われた5月1日にちなんで(1日遅刻したけど…)取り上げてみました。

1960年3月、オーストラリアのテレビに初出演したビージーズの映像です。歌っているのはバリーの自作曲「Time Is Passing By」。バリーは13歳、ロビンとモーリスは10歳でした。

more ...
 

ビージーズ、「この10年でもっともプレイされたアーティスト」にランクイン

Eメール 印刷

少し前のニュースになってしまって恐縮ですが、イースターマンデイにあたる2010年4月5日に英国BBCのRadio 2で「People's Artists Chart」が発表されました。

これは「この10年間にもっとも"かかった回数"の多いアーティスト」とでもいうべきチャート。ラジオ・テレビでの放送回数をはじめ、クラブ、レストラン、美容院、フィットネスクラブなどでかかった回数などを元に総合的なデータから割り出された信頼性の高いランキングです。 

more ...
 

バリーとゴリラズの気になる関係?

Eメール 印刷

ゴリラズの三番目のアルバム『Plastic Beach』にバリーが参加するという噂がありましたが、はたして気になるその実態は…?

more ...
 


Words

(バーブラ・ストライザンドについて)

大好きだけど…彼女、こわいんだなあ。

バリー・ギブ