クリスマスショッピングはビージーズにのって

2010/11/04 (Thu) 20:45 アマデウス News
印刷
マークス&スペンサーの新広告
マークス&スペンサーの新広告

イギリス最大手の小売チェーンであるマークス&スペンサーが今年のクリスマス商戦向けの新広告を発表しましたが、このテーマがなんと『You Should Be Dancing』! 

右の写真は名画『ウェストサイド物語』を本歌取りした印象的なダンスシーン。これがまた『You Should Be Dancing』にはまっているのにもびっくり。このほか、モデルたちがトラボルタばりにストラットしてみせたり、ミラーボールの見えるディスコで踊ったり。全編にかっこよく『You Should Be Dancing』が流れます。

しかし改めて聞くと、ほんとにタイムレスな魅力。いやあ、ほんまにかっこええ~! 

ビージーズの曲の時代を超越したすごさを改めて感じます。登場するモデルさんの中には、おなつかしやツイッギーの顔なども見えますが、この人もなんかタイムレスですね。 

歌うこと、踊ること、美しいものに触れて高揚することは、人間の本能かもしれませんが、そんな本能を直撃するビージーズのすごさをまざまざと感じさせるCMです。これが30年以上昔の音楽だなんて誰が思うでしょう。良いものは時代を超える!んですね。

クリスマス商戦といえば店側にとっては一番のかきいれどき。その商戦用に使われたということは、ビージーズの不滅の魅力の新たな証明でもあります。

{Bee Gees Days}