Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home News BBCラジオ2がビージーズ満載ウィークエンド企画を実施

BBCラジオ2がビージーズ満載ウィークエンド企画を実施

Eメール 印刷

当初の予定が延期されていた「Mythology」の発売が、イギリスではいよいよ11月15日に決まったようです。ロビンのサイトのショップでも予約が開始されました。(ただし一部では10月4日と報じられたこともあり、まだまだ最終的な発売までは何か変更がありそうではあります)

そのための前哨戦か、はたまたバリーの誕生日祝いか(?)、イギリスでは連休となった8月最後の週末、BBC Radio2が「Bee Gees Bank Holiday Weekend」と銘打った大々的なキャンペーンを展開。バリーとロビンの最新インタビューや過去のチャート実績、コンサート番組の再放送など盛りだくさんな内容による「ビージーズ・ラジオ・マラソン」が電波をにぎわせました。

これらの番組は放送後1週間まではBBCのiPlayerサイトで聞くことができますので、以下にリンクと一緒に簡単な番組の内容をご紹介します。どれもかなり「濃い」内容。中でもロビンとバリーのインタビューとパート1と2に分けて放送された「Record Producers Special」は必聴ものです。 

Record Producers Special Part 1 (8月26日放送)

2010年8月26日(20:00~21:00)に1時間にわたって放送されました。ロビンに加え、1970年代後半のビージーズ・サウンドを語る上で欠かせない功労者であるブルー・ウィーバー、カール・リチャードソンなどのインタビューも交えた貴重な証言集。ドラムマシーンを初めて導入した曲といわれる『セイブド・バイ・ザ・ベル』についてプロデューサーとしてのロビンのコメントも聞くことができます。

Bank Holiday Bee Gees Weekend Special: Johnny Walker Speaks to Barry and Robin (8月30日放送)

2010年8月30日(17:00~19:00)に放送された2時間のインタビュー番組。バリーとロビンがビージーズのここまでの歩みを振り返ります。(しかし最近のインタビューを聞くと、昔はあんなに違っていたバリーとロビンの話す声がかなり似てきていることに気づきますね。年とると親に似てきたりしますが、やはり血は水より濃い?)

The Record Producers Part 2 (8月30日放送)

2010年8月30日(22:00~23:00)に放送されたパート2にはロビンやジョン・マーチャントが登場。『This Is Where I Came In』などの曲について語っています。

◎この他に以下のコンサートの再放送も2本。

In Concert (8月26日放送)

2001年、『This Is Where I Came In』の発売時にBBC Radio Theaterで録音されたビージーズのコンサートの再放送です。モーリスを交えた三人にバックステージで取材したインタビューは三兄弟そろっての最後のもののひとつとも言われています。

Electric Proms 2008

2008年にロビン中心に企画・放送されたElectric Promsコンサートの再放送。

◎チャート関係(次のようなチャート番組などにもビージーズ関係のデータが数々登場)

UK’s Million Sellers with Ken Bruce (8月30日放送)

BBCの名パーソナリティ、ケン・ブルースがイギリスのミリオンセラーの歴史をたどります。当然ながらBee Geesのデータも多々登場。

Paul_Gambaccini (8月28日放送)

パーソナリティのポール・ガンバッチーニが紹介するアメリカンチャート新着情報の中に、ビージーズのアメリカのチャートにおけるデータが散りばめられています。バリーへの誕生日メッセージもあるファンには嬉しいカウントダウン番組。

というわけで、全部聞くだけで寝不足という、ファンにとってはまさにまさに嬉しい悲鳴の素晴らしい企画でした。

コメントはどびん本舗へお願いします。 

 

Words

映画『サージェント・ペッパー』のオープニングのときには車を降りてラジオ・シティまでたどり着けなかったんだよ。ファンが集まりすぎててさ。

モーリス・ギブ (1978年)