Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home News 大好評の「ビー・ジーズ・トリビュート・ライヴ~グラミー・スペシャル」の全米放送

大好評の「ビー・ジーズ・トリビュート・ライヴ~グラミー・スペシャル」の全米放送

Eメール 印刷

She just gotta get a message to Barry Gibb…

a=

業界紙バラエティ(Variety)(オンライン版2017年4月17日付)が報じたところでは、全米で4月16日夜(日本時間4月17日午前)にCBSネットで放送された「ビー・ジーズ・トリビュート・ライヴ~グラミー・スペシャル」が最高視聴率を獲得しました。

イースターの休日の日曜日夜8~10時というゴールデン帯に登場した同番組は、ニールセンのデータによれば1千300万人が視聴して、同時間帯のトップだったということです。

長年のファンも満足させるクオリティの高いトリビュートは、また、反響もすさまじく、米アマゾンのサイトで毎時発表される「CDとアナログ・レコードのベストセラー」リストで、現時点で1位が「アルティメイト(ビー・ジーズ)」、3位が「サタデー・ナイト・フィーバー」(サントラ)、4位が新発売の「タイムレス」(ビー・ジーズ)となっています。

トップ5中3つを占める、というとなつかしい「フィーバー」時代の再現のような気がしますね。こうしてビー・ジーズの楽曲の持つ圧倒的な魅力が証明される結果となったのは、本当に嬉しいです。

{Bee Gees Days}

 

 

Words

ぼくたちがどんなものを作りたいかじゃなくて、シングルを書くときには人が何を求めているかが大切だ。

バリー・ギブ(1967年)