Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home News ハリケーン・イルマとギブ・ファミリー

ハリケーン・イルマとギブ・ファミリー

Eメール 印刷

日本のニュースでも報じられているように、超大型のハリケーン・イルマが現地時間10日午後3時(日本時間11日午前4時)過ぎにフロリダ州南部に上陸。一時は5段階の1番上にあたる「5」とも報じられていましたが、現在では上から4番目の「2」に勢力が弱ったとはいえ、いまだに遠大な被害を生みながら移動中です。マイアミ市が特にウォーター・フロントの住人に避難勧告を出したこともあって、当サイトにも、バリー一家をはじめ、マイアミ近辺に住むギブ・ファミリーの安否を気遣う大勢のファンの方たちからお問い合わせをいただきました。

幸い、サマンサさんからご連絡をいただいたところでは、「ご心配ありがとう。家族もみんな無事にしています。フロリダ州に被害が広がる前にハリケーンの勢力が弱まりますように」とのことです。バリー一家は9日(金)朝にナッシュヴィルに無事に移動し、様子を見ているそうです。

地震、ハリケーン、さらには核の脅威と、いろいろなことが多い9月となりました。ちょうど同時多発テロの記念日が近く、本当は1973年のビー・ジーズの大阪公演(&サイン会)などについて記事を書きたいのですが、まずはファミリーの無事をお伝えいたします。ビー・ジーズが「ワールド」を歌って50年、世界に降る雨はまだまだ降り止むことを知りません。

(Thanks: Gibb Family)

{Bee Gees Days}