『ボヘミアン・ラプソディ』の製作者、ビー・ジーズの伝記映画を製作!

2019/11/02 (Sat) 02:37 アマデウス News
印刷

Guardian紙の記事より

a=

大ヒットしたクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』のプロデューサーがビー・ジーズの伝記映画製作に乗り出します!

情報サイトDeadlineガーディアン紙等が10月31日付けで一斉に報じたところによれば、製作会社のシスターとパラマウント映画、さらには映画『ボヘミアン・ラプソディ』のヒットも記憶に新しいプロデューサーのグレアム・キングが、次に映画に取り上げる大物ミュージシャンはビー・ジーズ! 脚本やキャストは未定だそうです。

パラマウントはキングのためにビー・ジーズの曲の使用権を取得済みで、映画にはビー・ジーズの曲が使われることになります。これから公開されるデヴィッド・ボウイの映画『Stardust』やジミ・ヘンドリックスの伝記映画『Jimi: All Is By My Side』などは曲の使用権がないために、主人公にあたるアーティストの曲を映画中で流せないのだそうです。

 

けれども仲直りしたギブ兄弟は1977年の『サタデー・ナイト・フィーバー』の大ヒットでいっそう大きな成功を手にします。わずか2年ほどの間にアメリカでナンバーワン・ヒットを6本も連続して飛ばし…そしてさらなる不和や離婚、ドラッグ問題、末っ子アンディのわずか30歳での死…。

一方で来年早々の完成を目標に長篇ドキュメンタリー映画(リンクはこちら)も進行中だということです。ということは、なんと! 映画は2本あるんですね。これはすごい!

(Thanks: Dick Ashby)