Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home News 聖地を救おうキャンペーン【続報】

聖地を救おうキャンペーン【続報】

Eメール 印刷

BBCの記事より

a=

BBC.comが昨日お伝えした「ビー・ジーズ発祥の地を救おう」を報じました(オンライン版2019年11月6日付け「ビー・ジーズが初めて歌ったマンチェスターの建物を救うための戦い」)。

この記事が大いなる追い風になったのか、昨日(日本時間11月6日)の記事の段階で目標の25万ポンド(約3500万円)の半分にも達していなかったクラウドファンディングが一晩でどーんと伸びて、あと目標達成まで数十万円のところまで来ています。

…と書いているうちにもどんどん伸びて、無事に第一目標の金額25万ポンドが達成されました。ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。

キャンペーン元からはかげで世界規模のキャンペーンが可能になりました。日本からの応援、とっても嬉しかったです」というメッセージが届いております。ビー・ジーズのレガシーのために何かできる機会が与えられたというのは嬉しいことでもありますね!

当初の目標額をクリアできないと、地主にあたる生協サイドとの交渉が決裂し、キャンペーン期間の延長も考えられない……という状態だったのですが、その第一関門をクリアし、現在では「企画の実現をより確実にするために」第二段階のファンディングに入り、期限も延長することができました。現在は11月18日までに500万ポンドを集める段階に入っています。

また、何人かの方から、「応援したいけれど英語でどうしていいのかわからない」というご連絡をいただきましたが、当サイトのContact欄からご住所、お名前、メールアドレス、それにいくら寄付なさりたいかをご連絡くだされば、代理としてこちらでキャンペーン・サイトにそれを書き込むこともできます。前述した通り、この段階では「寄付する」といった金額がそのまま引き落とされたり、カード情報を訊かれたりすることはありませんが、キャンペーンが成立した後で、「いくらいくらをどうやって支払うか(PayPalとかクレジットカードとかが一般的です)」という質問がメールで届くことと思います。そのほか、何かしたいけれど、どうして良いのかわからない、という方はどうぞ当サイトにご連絡・ご質問ください。

StayinAliveCampaign(ステイン・アライヴ・キャンペーン)のリンクはこちらです。キャンペーンに賛同して寄付したいという方はサイトのトップページにあるPledge Nowをクリックしてください。

BBCの記事については、後日もう少し詳しくご紹介いたします。

{Bee Gees Days}