Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home News ビージーズ復活インタビューその3.5

ビージーズ復活インタビューその3.5

Eメール 印刷

「その3.5」とは、これまた半端…なのですが、先日ご紹介したオーストラリアのテレビ局のわきあいあいインタビュー(「復活インタビューその3」)のロングバージョンがYouTubeに登場しました。こちらをクリックしてご覧ください。

このロングバージョンでは、「これまでで“すごい!”と思った体験は何ですか?」という質問にバリーが「 映画『サージェント・ペッパー』のパーティに『セルピコ』風のひげスタイルでアル・パチーノが来てくれたこと」と答えています。ロビンも「ああ、うんうん」と思い出す様子。 

「アル・パチーノがわざわざ話しかけてくれたので感激した」というバリーがなんだかほほえましいですね。それにしてもアル・パチーノとは渋い! 

インタビュアー: では舞台の上で起こった珍事といったら?

ロ: モーリスが舞台の上で寝ちゃったことがあったなあ(笑)。

イ: えっ。それはまたどうして?

ロ: なんでもありですよ。

バ: 疲れてたんでしょうね(笑)。

ロ: 長いツアーだったし、休みたかったんでしょ(笑)。

また、このロングバージョンではバリーの長男スティーブン君(もう立派な大人ですから、“君”なんていっては悪いでしょうか)の姿も見られます。

バリーがスタジオライフに触れて、「ここにピンボールマシンがあって、その下にベビーベッドを置いて、まだ赤ちゃんだったスティーブンを寝かしていたんです」と回顧すると、すっかり成長した彼が登場。89年のOne For Allツアー日本公演のステージではまだあどけなさが残るティーンエージャーでしたが、今やビージーズとは一味違う分野で活躍する大人のミュージシャンです。彼の思い出は「階段をのぼったりおりたりしていたら、みんなに『やめなさい!』と言われたこと」だとか。

コメントはどびん本舗こちらへお願いします。

 

Words

(いろいろな場所で曲を書くけれど)トイレで書いた曲はそんなに多くありません。

バリー・ギブ