Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home News バリーからのメッセージが到着しました

バリーからのメッセージが到着しました

Eメール 印刷
バリーからのメッセージ
バリーからのメッセージ

いよいよ“TRIBUTE TO THE BEE GEES 2011 Relief Concert in Tokyo ‐ ROJITAS with SPICKS & SPECKS ~ロヒータス with スピックス & スペックス~”が明日17 日に迫り、出演アーティストたちも最後の準備に余念がないようです。

思わぬテクニカルトラブルがなければ、リハーサルの様子などをもっともっとお伝えしたいところでした。本当に残念です。

Bee Gees Daysには日本を応援するためにバリーとロビンからチャリティセール用の品物が続々と到着している今日この頃でもあります。

水曜日にはアシュリー・ギブ撮影による日本震災に寄せたバリーの心のこもったメッセージも到着。突貫工事気味だった字幕つけ作業もようやく無事に終了して、明日来てくださるみなさんに見ていただくばかりになりました。バリーの暖かい心遣いが胸にしみとおるような内容です。ぜひ見に来てくださいね。 

そのほかにもバリーからはサイン入りCD、ロビンからはサイン入りCDとサイン入り写真が届いています。一枚一枚違いますから、当日(というか明日)には手にとって選んでいただければいいなと思っています。売り上げはすべて震災支援のために寄付されます。

残念なのはロビンからのメッセージで、実はBBC撮影隊の協力を得て、早々と6月に到着していたのですが、思わぬテクニカルトラブルがあり、上映できないことに(うわーん)。

それを聞いたロビンは「日本のためなら」と実は忙しい日程のなか、さらにもう一度収録に挑戦してくれたのですが、それがまた思わぬテクニカルトラブルに…。今回の上映には間に合いそうにありません。また近く今回のようなイベントの席を借りての上映としたいと思います。

それでも忙しいなか、一生懸命、二度もメッセージを収録した上に、CDや写真にサインして送ってくれたロビンの気持ちは本当にありがたいですね。上映についても最後の最後まで「なんとか実現させたい…」という希望を持ってBee Gees Daysのスタッフ一同、まだまだ調整に挑戦中ですので、ひょっとして明日はサプライズがあるかもしれません…。(な、な、ないかもしれませんが…)

それでは明日も合言葉はビージーズ! (会場にいらっしゃれない方のためにサイン入りグッズの写真をできるだけ明日までにアップする予定ですので、そちらもご覧ください)

コメントはどびん本舗へお願いします。

 

Words

学校の先生が「芸能活動が勉強の妨げになってはいないか」と聞いたので、「その逆に勉強が芸能活動の妨げになっている」と答えました。

 

ロビン・ギブ(1969年)