Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home News “バリー・グッド”な時間を過ごしました――ロビンの最新ブログより

“バリー・グッド”な時間を過ごしました――ロビンの最新ブログより

Eメール 印刷

メンバーズセクションに公開されたバリーのお見舞い写真に続いて、ロビンのオフィシャルサイトの2011年11月15日付けの最新ブログにバリーとロビンのツーショット写真が掲載されました。

 

バリーとリンダが突然訪ねてくれて、とても嬉しかったです。ふたりでいろいろと話してこれからの素敵な計画も立てました。

とのことです。ロビンはちょっと元気そう?…ですよね。やっぱりバリーは最高の薬なんですね! バリーの表情にも慈しみがあふれています。(いい写真だなあ、これ…)

少し前にお見舞いに来ていた長男のスペンサー君はいったんアメリカに帰ったけれど、クリスマスにはまたロビン家に滞在予定。イギリスを拠点に活動している長女のメリッサさんは現在もロビン家に滞在中とのことです。バリーはディック(=家族写真の方に写っているバリーのパーソナルマネージャーのディック・アシュビー)とデイヴィッド・イングリッシュを連れての訪問で、

ふたりといろいろ話せたのも楽しかったです。みんなで過ごした時間は素晴らしかったけれど、とにかくまたバリーと会ってこれからの計画を立てたのが一番の元気の素でした!

ロビンのブログはそう締めくくられています。

これからクリスマスシーズンにも入りますし、いつも忙しいロビンも家族がそろうことでもあり、この機会にじっくりゆっくりと健康一番で休養できますように!

ちなみにブログのタイトルの「Barry good times!」というのは「ベリー・グッド・タイムズ」のしゃれですね。(おいっ、その座布団取っちゃいな…なーんて) これは昔から彼らがときどき使っているおなじみの洒落で、名前を使ったおなじみの洒落にはもうひとつ「ギブ・イット・トゥ・ザ・ギブ(Give it to the Gibb)(それをギブ(俺)に寄こしな)」というのがあります。彼らがときどきインタビューなどで使っていますね。ははは(ああ、どうしようかな、この座布団…)。

コメントはどびん本舗へお願いします。 

 

Words

(モーリスとどちらが先に生まれたか聞かれて)

ぼくが偵察用に先に外に出ました。

ロビン・ギブ