Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home News ロビン・ギブ、順調に回復

ロビン・ギブ、順調に回復

Eメール 印刷

4月23日付けのITVのインタビューにロビンの家族が病院の前で応えました。その映像をITVのサイトで見ることができます。 

RJ君と一緒に病院にロビンを見舞ったドゥイーナ夫人は嬉しそうな笑顔で取材に応じ、ロビンが昏睡状態にあったときに「ジョーク」を聴かせたところ、歌おうと口を動かした、と明かしました。また、4月10日のワールドプレミアに出席できなかったロビンのために当日の模様を収録したDVDを見せる計画を立てているそうです。

笑ったり冗談をとばしたり、とにかく嬉しそうで、早く退院したいそうです。

ということですが、やはりここはしっかりと直してほしいですね。あせりは禁物!

昏睡から覚めたロビンがRJ君に言った最初の言葉は「やあ、RJ、背中が痛いって(病院の人に)言ってくれ」というものだそうで、早速、病院の人が飛んできてロビンに寝返りを打たせたとか。また一段と痩せたということですので、寝ているとさぞ骨があたって痛いことでしょう。(なんて冗談が言えるようになってほんとによかった!)

家族のもとにはジョン・トラボルタをはじめスターや各界の著名人からお見舞いが殺到しているそうです。そしておそらく何よりもロビンにとっての「特効薬」だったのは、夫人によれば、

バリーから電話があって、ふたりはお互いに「I love you」と言い合ったんです。ロビンの目には涙が浮かんでいました。

一時帰国中だったバリーはまた木曜日にロビンの元に戻るそうです。ふたりでゆっくりと楽しい計画を立てたりできるといいですね。

またメール・オンライン(2012年4月24付)によれば、夫人は

ロビンったらほんとにやんちゃで、栄養チューブを自分で抜いてしまったんです。看護師さんにまたつけてもらわないと。アイスクリームが食べたいんですって。あれが欲しい、これが欲しいって言うんですけど、とにかく嬉しいことです。

つい数日前には医師に「できるかぎりの手は尽くしたけれど、あとは神の手にゆだねるしかない。覚悟してください」と言われていたそうですから、ほんとに夢のようですね。

こちらのリンクの一番下では「Don't Cry Alone」のビデオを見ることができます。これはロビンのオフィシャルサイトでも公開されていた映像ですが、現在、サイトは依然としてダウン中です。

コメントはどびん本舗へお願いします。