Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home News バレンタインデーに”帰郷”するバリー・ギブ

バレンタインデーに”帰郷”するバリー・ギブ

Eメール 印刷

スタッフがインフルエンザなどに罹ってしまった(えーん)関係で、バリーのツアーが近づく大切な時期に発信が滞ってしまって申しわけありません。シドニーの初日まであと1週間を切り、オーストラリアからのニュースも盛り上がるなか、14日にビージーズの地元レッドクリフで行われる「少年ビージーズの像」の除幕式についてブリスベーンのラジオ局4BCからこんな最新ニュースが届きました。

 

2月14日(木)(バレンタインデー)にバリー・ギブがクイーンズランド州モートン・ベイ地区に帰ってきて、ビージーズの栄光のキャリアに捧げられた像とウォークウェイの除幕式に参加します。

バリー、家族、友人、ファン、さらにモートン・ベイ地区の区長アラン・サザーランドも出席する式典はレッドクリフパレードで午後2時に開会されます。バリーは像と同時に「ビージーズ・ウォークウェイ(ビージーズ遊歩道)」も除幕します。この遊歩道の内容はバリーが個人的に協力してできたものだということです。
”すべてが始まった場所”へかえるのを楽しみにしているバリー。同時にバリー・ギブ・ミソロジー・ツアーの幕が切って落とされ、オーストラリアとニュージーランドでコンサートが行われます。ブリスベーンでのコンサートは2月16日(土)と2月19日(火)の2回(ブリスベーン・エンターテイメント・センタ)。

また、4BCのプログラムディレクター、アンソニー・フランジの発表によれば、ラジオ4BCと4BHはビージーズ遊歩道除幕式の模様を生中継するほか、ネット上でのライブストリーミングも行われ、世界中のファンが生でこの様子を聞けるということです。 

「ブリスベーンのラジオ局として80年を超える業績を誇る4BC はリスナーのみなさん、世界中のみなさんにライブストリーミングでこの模様をお届けできるのを誇りに思っています。ライブストリーミングは4bc.com.auのサイトから中継されます」

4BCのモイド&ロレッタ、4BHのマイケル・プライスは正午にオンエア。バリー、ビル・ゲイツなどビージーズの歴史を築いた人々とのトークをお届けします。

(Thanks: 4BC, Brisbane)

コメントはどびん本舗へお願いします。

 

 

Words

ビージーズに関するよくある誤解のひとつが、あれはバリーのグループだ、という見方だ。断じて違うね。たしかにロビンとモーリスは長兄としてバリーを尊敬してはいるけれど、三人が曲を作っているところを見れば、三人とも貢献しているのがわかる。それぞれが自分の意見をしっかり持って主張しているよ。

アリフ・マーディン