Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home News ビージーズのアルバム「紙ジャケ」10タイトルが再発売

ビージーズのアルバム「紙ジャケ」10タイトルが再発売

Eメール 印刷

 ワーナーミュージック・ジャパンから、8月にはアンディのアルバムが再発売されますが、続いて9月にはビージーズの”オリジナル・アルバム・紙ジャケ・コレクション”が発売されることになりました。9月25日の発売です。 

今回、登場するのはバリーが日本市場のために選んでくれた次の10枚です。 

WPCR-15261 『ファースト』(Bee Gees 1st)
WPCR-15262   『ホリゾンタル』(Horizontal)
WPCR-15263 『アイディア』(Idea)
WPCR-15264 『オデッサ』(Odessa)
WPCR-15265 『キューカンバー・キャッスル』(Cucumber Castle)
WPCR-15270 『ミスター・ナチュラル』(Mr. Natural)

WPCR-15271 『メイン・コース』(Main Course)
WPCR-15272 『チルドレン・オブ・ザ・ワールド』(Children Of The World)
WPCR-15273/4 『ビー・ジーズ・グレイテスト・ライブ』(Here At Last …. Live)
WPCR-15275 『失われた愛の世界』(Spirits Having Flown)

残念ながらリマスターやボーナストラックはなく、英国盤を元にしたシンプルな復刻版ということになります。が、とにかく「オリジナルの曲順で聞けるオリジナル盤を市場で入手できるようにしておきたい」というワーナーミュージック・ジャパンの熱意が実っての、今回の再発売となりました。「これで一歩前進ととらえて、さらに前向きに進みたい」と担当の方が言ってくださっていますので、さらなる動きを期待したいですね。

『オデッサ』などは、ロビンが「工場で作業員の下着に毛が入って不評だった」と格調高く(?)語っていた例のベルベット・ジャケットも再現されるということです。

各盤については、近く詳しくご紹介いたしますが、ながらく日本の市場で入手不可だった盤も多いので、とても嬉しいニュースですね。

コメントはどびん本舗へお願いします。

 

Words

(ビートルズとサウンド面で似ているのはなぜ、と聞かれて)

寒いところで育つと、こういう声になるんだよね。(ぼくたち、ビートルズが育ったリバプールに近いマンチェスターの出身だから)

モーリス・ギブ