Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home News バリー&ロビン・ギブが2014年のベスト入り

バリー&ロビン・ギブが2014年のベスト入り

Eメール 印刷

今年もやっぱりビージーズ!
ロビン、バリー&モーリス・ギブ(1978年)
<クリックすると画像が拡大されます>

明けましておめでとうございます

2014年はふたつの嬉しいニュースで締めくくられました。バリーのMythologyコンサートとロビンのソロアルバムがそれぞれに「2014年のベスト」入りを果たしたのです。

まずアメリカのエンターテイメント・サイトA.V.Clubが選んだ著名人(映画評論家、ライター、コメディアン等そうそうたる顔ぶれです)による「2014年最高だったもの(Best of 2014)」(オンライン版2014年12月22日付け)で、俳優でコメディアンのグレッグ・ターキントンが「バリー・ギブのMythologyツアー」を「最高」に選出しました。ビージーズの大ファンだというターキントンのコメントは次の通り。

バリーにとって最初のソロ・ツアー。ぼくのようにずっとビージーズのファンだった人間にとっては驚愕のイベントだった。高音も低音も、とにかく声は最高、しかもまさかライブで――それも2014年に――聴けるとは夢にも思っていなかった(オーストラリア時代の曲を含む)ディープなものを含む選曲ときていた。2時間半のコンサート中でぼくが天にも昇る心地でなかったのはわずか2秒間にすぎない。この2秒間というのはバリーがジャスティン・ティンバーレイクは「才能がある」と言ったときざます。 

またロビンの方はYahoo Musicのスタッフが選ぶ「2014年のベストアルバム(オンライン版2014年12月25日付け年)」にランクインしました。編集長のデイヴ・ディマルティーノがロビンのアルバム『フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ』を4位に挙げたのです。さすが編集長、いい趣味してるぜっ!!

素晴らしい一年でありますように。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントはBG Songsへ お願いします

 

 

Words

(ロビンとどちらが先に生まれたか聞かれて)

ぼくがロビンを偵察用に先に送り出したんです。

モーリス・ギブ