Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home News バリー・ギブ、チャリティ募金の呼びかけ「ぼくはエイミーの手を握っています」

バリー・ギブ、チャリティ募金の呼びかけ「ぼくはエイミーの手を握っています」

Eメール 印刷

バリー・ギブ(2013年2月、ブリスベーン公演)

<クリックすると画像が拡大されます>

バリー・ギブがツイッターでチャリティ募金への参加を呼びかけ、話題になっています。

バリーはツイートで 

「ぼくはエイミーの手を握っています。あなたは?」(I'm holding Amy's hand are you?)

と述べ、募金先のリンク「エイミーの手を握ろう」(holdamyshand.com)を掲げて「募金をお願いします」と呼びかけています。

これは英国出身のジャーナリスト、エイミー・ワッツさんの友人が大腸ガンと闘うエイミーさんを助けるために立ち上げたサイトで、『アメリカン・アイドル』等の審査員としても知られるサイモン・コーウェルが支援していることなども話題になっています。

英国生まれ、アメリカ在住のエイミーさんは37歳の若さで大腸ガンと診断され、抗ガン剤治療を受けていましたが、リーズの病院で手術を受けるために帰国を決意。手術や治療、移住の費用を集めようと家族や友人たちが応援サイトを立ち上げました。

状況を読んでいると、「大腸ガン、抗ガン剤治療、肝臓への転移」などロビンの闘病に際して目にした言葉が並んでいて胸が詰まります。ロビンの場合は治療を受けるために募金の必要などなかったのに、本人の治療忌避があって最悪の結果になってしまったわけで、本人が強い闘病の意思を示しているエイミーさんにはぜひ幸あれと願います。バリーがこのチャリティに参加しているのも助けることのできなかった弟のためかもしれませんね。

募金リンクに飛ぶと手の形が示されていますが、手のひとつひとつが500ポンドにあたり、募金額は「指一本」でもいくらでも構わないということです。がんばれ、エイミーさん。

コメントはBG Songsへお願いします

 

Words

ぼくにとって愛とは生きることそのもの
だからぼくは君を生きている

「そして太陽は輝く」(ビージーズ)より