Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home News バリー・ギブのニューアルバム『In the Now』今秋発売!

バリー・ギブのニューアルバム『In the Now』今秋発売!

Eメール 印刷

ニューアルバム『In The Now』は11月発売

a=

バリー・ギブのニューアルバムについて公式発表が行われました!

グラストンベリーの感激も冷めやらぬなか、満を持したタイミングで、コロンビア・レコード(ニューヨーク)が待望のバリーのニューアルバム発売についての公式発表を行いました。

PRNewswire.comに掲載されたプレス発表の内容を以下に簡単にまとめてご紹介いたします。

 

グラミー賞に輝く伝説のシンガー・ソングライター、プロデューサーであるバリー・ギブは、コロンビア・レコードと契約を結び、『In The Now』と題するソロアルバムを2016年秋に発表することになった。弟のロビン、モーリスと結成したビージーズは、史上もっとも成功し、敬愛されるバンドだが、現在、生きているのはバリーひとりになってしまった。今回もやはりファミリーとしての仕事で、曲はすべて息子のスティーヴン、アシュリーとの共作である。
制作はバリー、共同制作はジョン・マーチャント、バリーのキャリア中で2番目のソロアルバムにあたり、ビージーズ最後のスタジオ・アルバム(2001年の『This Is Where I Came In』)以来の新曲によるアルバムとなる。情熱に満ちた『In The Now』で、ロック、ポップ、R&Bの史上に輝くあの声がまた戻ってきてくれる。アルバムは全12曲、バリーの2014年のツアーに同行したミュージシャンを集めてマイアミでレコーディングされた。

レコード・プロデューサーとして、ソングライターとして、バリーは、バーブラ・ストライサンドの『Guilty』アルバム、ドリー・パートン&ケニー・ロジャースのカントリーヒット「アイランド・イン・ザ・ストリーム」、ダイアナ・ロスの『イートゥン・アライヴ』(「チェイン・リアクション」)、ディオンヌ・ワーウィックの『ハートブレイカー』など、歴史に名を刻む数々の名作を生み出してきた。
「ずっと夢に見てきたことが実現しました。これはぼくの人生の新しい章になります。ビージーズでコロンビア、ソニーと仕事したいなあ、とずっと思っていたので、こんな素晴らしい仲間と一緒にこうして新しいスタートを切れるのを本当にうれしく思います」

ロビン、モーリス、アンディのギブ兄弟は、ビルボードでのナンバーワン・ヒットは19曲を数え、6曲連続1位は彼ら以外ではビートルズしか達成していない記録でもある。

決して弟たちを忘れません。ぼくが何をしても、弟たちもその一部です。ぼくたちの夢は実現したのです」

バリーは2013年から2014年にかけて実施したミソロジー・ツアーでライブのステージに復帰。3人の弟たちに捧げるトリビュートとして同タイトルのアンソロジー・レコード(『Mythology』)を発表した。ツアーはオーストラリアを起点にニュージーランド、イングランド、アイルランド、さらには米国へと展開され、世界中からファンを集めて批評家をうならせた。

グラストンベリー直後に、長い間ほとんど更新されていなかったバリーのサイトが模様替えされ、トップに掲げた写真が登場しました。どうやらこれがニューアルバムのジャケットを飾るのでしょうか。古典絵画のような雰囲気で、光と闇のはざまで過去を振り返っているようなバリーのやや悲しげで穏やかな表情が印象的です。「夢が実現した」という言葉には、ロビンの最後のソロアルバム『フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ』の最後を締めくくった未完の曲「シドニー」でロビンが歌った若き三兄弟の夢と誓い(「必ずやりとげよう」「死ぬ気でがんばろう」)への答礼が感じられます。バリーが以前に語ったところでは、このアルバムにはロビンに捧げる曲も入っているということです。「すべてを失った」と語ってから4年、新しい人生の章を生きるバリーが今ここにいてくれます。