Bee Gees Days

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home Next Generation ビー・ジーズ第二世代によるトリビュート・アルバムのタイトルは―

ビー・ジーズ第二世代によるトリビュート・アルバムのタイトルは―

Eメール 印刷

往時のアンディ&ベリ・ギブ(Gibb Collective instagramより)

a=

ネクスト・ジェネレーションによるトリビュート・アルバムの続報です。

オーストラリアの音楽サイトNoise11.com(2017年3月14日付)が報じたところによれば、4月発売予定というこのアルバムのタイトルは『Please Don't Turn Out The Lights』になるということです。

原曲は1972年のアルバム『To Whom It May Concern(ラン・トゥ・ミー/ザ・ビー・ジーズの新しい世界)』に収められており、初期によくあったバリーとロビンの交互のツインリードと厚みのあるハーモニーが聴ける曲です。歌うのは「4兄弟の子どもたちのうちで最年長」ということなので、ロビンの長男スペンサー・ギブがタイトルトラックを担うのでしょうか。 ギブ・ファミリーの音楽の灯を絶やすまいという決意のようにもとれる選曲ですね。

同記事によると、アルバムは全10曲のようです。ティーザーなどですでに出ている音から今のところ判明している曲は、「オンタイム」(スティーヴン)、「ニュー・ヨーク炭鉱の悲劇」(サマンサ)、「ステイン・アライヴ」(サマンサ)、「ドント・フォール・イン・ラヴ・ウィズ・ミー」(スペンサー)、「灯(光)を消さないで」(スペンサー?)、「ジョーク」(ロビン・ジョン)でしょうか。

発売まで約1ヶ月、楽しみですね。トップの画像はスキー姿のアンディ&ベリ・ギブ。Gibb CollectiveのInstagramで公開されたものです。

{Bee Gees Days}

 

Words

今の音楽界の一部は巨大カラオケ状態。

ロビン・ギブ